Global Ethics


朝日放送ラジオ 堀江政生のほりナビ クロス(2017/2/28) 西谷文和 内戦と飢えのソマリア報告&谷口真由美 森友学園で国民の資産に損失を忘れるな! by limitlesslife
February 28, 2017, 11:11 pm
Filed under: アベノミス

 

永岡です、朝日放送ラジオの、堀江政生のほりナビ クロス、火曜日のレギュラーは大阪国際大の谷口真由美さんでした。後半の報告をジャーナリストの西谷文和さんがされました。

 

谷口真由美のドタバタ!?会議、怒りの真由美、全日本おばちゃん党代表代行の谷口さん、国会の話をしたいが、今日予算があっという間に通過、議論すべきことは無数にあるのに、戦後2番目の早さで通り、これは森友学園の問題が背景にあると見られて、他で何をやっているのか見えず、確かに森友学園のことは政権が吹き飛ぶ問題であり、今まで安倍総理にスキャンダルは浮上せず、大変に大きな事件になる可能性があり、時系列がどうなっているのか、分けて考えるべきものが3つ、(1)国有地の払下げ=国、(2)大阪府の私学の認可、(3)塚本幼稚園の極右問題とヘイトスピーチ問題、政治の焦点は(1)と(2)であり、(1)は、これまでの経緯で、安倍晋三記念小学校として作ることで森友学園は寄付を募る&昭恵氏が名誉校長、安倍総理が関係ないわけはなく、全く知らないところに名誉校長にはならず、昭恵氏の講演はファーストレディとして=公人であり、私人の昭恵氏が名誉校長でも森友学園にメリットなし→昭恵氏がファーストレディを利用したのは確実、なぜ削除したのか、なぜ名誉校長になったか、一般人ではないので、説明の必要あり、昭恵氏を入れたことで便宜が生まれたものであり、9億→1億の経緯不明であり、総理は関係あったら辞任すると言うが、なぜかかわったか説明の必要は、公人では必要、堀江政生小学校ではない、現職総理だから寄付した人も多く、ところがでんでん総理は最初知らない→徐々に変わり、森友学園の教育内容で、安倍総理は17日の答弁で、籠池氏の熱意は素晴らしいと夫人から聞いたとあり、籠池氏に稲田大臣が感謝状を送り、幼稚園の先生3人が文科省の賞、全国4人のうち3人も賞を取っているのは不可解&安倍氏は妻から森友学園の熱意を評価→何かある、ところが、22日に安倍氏は森友学園のことはあまり知らないと言い出して、園児が安倍首相がんばれと言うのにもちゃんと答えず、籠池氏との間は知らないと安倍氏が言っても、籠池氏は会ったと言い、気を付けるべきはファクトチェック、最初に言ったことと、徐々に変節したら分かりにくいが、追及したい人は記録してチェックすべき、ネットのバスフィード、現職の若手記者が辞めてやったところのファクトチェックを見たら、この問題を扱うメディアとしないメディアがあり、政権にやさしいメディアとそうでないメディアがあり、しかしおかしいものをおかしいとチェックできなくなったら終わり、メディアは国家権力を監視すべきで、それができないで言論の自由はなく、報じていないメディアは問題(これは日刊ゲンダイの指摘あり、https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/200471 )。

国有地の問題、半分は豊中市が買って公園にして、豊中市はゴミを撤去、盛り土して14億、森友学園のものは1億、建物が木造にしたら補助金が出て、国民の税金で、計算したら森友学園は200万しか払っておらず、国有地は国の財産、国は借金だらけなのに、国有地が安く売られたら国民の損失で、怒るポイントはここ、「国民の財産が不当に安く売られたこと」であり、思想信条などもあるが、国有財産が実質タダで売られて、誰の損か?国民が損をしている=日本国民全員に情報公開請求の権利があり、この前に買いたいとしていた学校が7億でと言っても国は拒否、この事実は公表されず、朝日放送も取材して、国が森友学園に口止めされていた、それなら競売の落札にいくらで売ったか公表の義務はなくなりムチャクチャ、口止めを条件にして売らないといけないものか、安倍総理と昭恵氏の名前がなくてこんなことはあるのか?安倍総理が直接やらずとも、誰かが忖度して、大人の事情を勝手に斟酌してのこと、大阪の私学の設置基準も緩和されたのは同時期、その後適用は森友学園のみで、大阪府もかかわっているのか、知っている人はちゃんというべき、今しゃべっているのは籠池氏のみ、安倍氏は中身のある話をちゃんとしておらず、説明の責任はあり、何もないと言うなら、自分や妻が関係していたら総理も国会議員も辞めると言うなら、籠池氏との関係をちゃんと言うべきで、近畿財務局とのやり取りも破棄されていると、国会の答弁で言い、しかし確定申告には6年間の保管が義務付けられて、領収書も1年は保管しないとならず、公文書は保管の必要があり、家を買って契約書を捨てることはあり得ず、茶色くなるまで置いているものなのに、国のことは、南スーダンの日報も隠しており、これも追及ポイント、確定申告の時期で、白紙領収書のこともあり、ともみ組など、彼らには許されて、なぜ一般市民には許されないのか、白紙領収書のことも忘れてはいけない、これも怒りのポイントで、想田監督は、日本人は思想信条はこだわらないものの、お金にはこだわると言われて、これは大阪府の問題でもあり、府で基準がなぜ緩められたのか?維新と安倍氏の関係があるのか、国民が政治に信用を無くすことになり、資料がないならその裏付けが必要、国家のお金、公とからみ、しつこく追及すべき、なのに、予算が成立したと、谷口さん締めくくられました。

 

早耳通信、ジャーナリストの西谷文和さんが出られて、ソマリア、ケニアに2/9~20日行かれて、いつもこれほど取材、ソマリアと、うまく行けたら南スーダンとしても、ビザが厳しく入れず、ソマリアに入れてこれは満足で、国連の総長が2000万に飢餓のことを警告、西谷さん、140万の子供が年内に餓死の危険があり「栄養失調の子供ばかり」と言われて、谷口さん、ソマリアは自然、油断、水産資源のある国と言われて、日本もJICAで支援して、しかし西谷さん、26年内戦で平和な産業が無くなり、軍人しか就職の口はなく、平和なら観光できるのに、軍人の給料は政府が払い、イスラム国やタリバンはお金を持ってそれ目当てに入る、食うために入るのもあり、ソマリアも同じ。

戦争で農地破壊、ここ数年雨が降らず、地球温暖化で、エチオピア高原にナイル川があっても干上がり、大阪で淀川が枯れたようなもの、農業ができず、難民は生き延びるためにヨーロッパを目指し、ダブルパンチ、戦争+地球温暖化で生活が破綻、ヨーロッパを目指すボートに、ソマリア、エチオピアの気候難民がたくさん乗っていたものであり、支援が必要と国連は言うものの、南スーダン→ウガンダ、ケニアに逃げた人は国連が支援できるが、逃げられなかった人は助からず、国連職員や政府の役人も支援を私物化して、莫大な難民が出たのと、政府関係者がお金を汚職で私物化している問題がある。

その他、レイプの事件もあり、治安がないに等しく、この2,3年で少し回復、26年間まともな選挙がなかったのが、やっと選挙で大統領が選ばれて、犯罪を取り締まる、戦争以外の産業を作るのも、0→1、まだ99が残っている。

農民に灌漑、農地に水を引くことを教えないとならず、今は原始的な農業で、農機具も必要、それにはお金が必要で、日本は支援しても、日本は主要援助国、2010年のデータでは上位、しかしアメリカはトランプ氏になり支援しなくなる&トランプ氏のパリ協定破棄→アメリカは環境保全に逆行で、しかしソマリアの新しい大統領は、アメリカに亡命して、先進国の民主主義を知り、ソマリアの人たちは大半が難民の帰ってきたものの悲しい現実があり、国民は新しい大統領に期待。

西谷さんはソマリアで危険とは思わなかったが、どこにも護衛が必要、アルシャバーブという武装集団もいるが、一皮むけば貧しく、武器だけあるので身代金を取ろうとする人は、イラクにもシリアにもあり、警戒すべきは自爆テロ、2週間に1回はテロがあり、まだまだ、貧困が新たな争いを産み、一部戦争成金があり、アメリカ、イギリス帰りの人が狙われて、自爆テロは高級デパートでやられる、富を持つものとないものの、途上国の悲しさ。

南スーダンもソマリアも石油が出て、その利権があり、今当面の危機は食糧危機、子供たちは栄養失調、学校がない、学校と言う概念がなく、8,9歳で算数を取らず、読み書き計算を学校で教えるべき、サッカーボールもなく遊べず、水もきれいでなく、下痢になり、途上国の子供の死因のトップは下痢で、谷口さん、安全な水と下水道の必要を説かれて、今は国連でも安全な水にアクセスできるか、これも利権になると言われて、西谷さん、上流のエチオピアが水を止めて、それでソマリアに水が来なくなり、同じことは取ることシリアで争い、20世紀は石油をめぐる戦争、21世紀はきれいな水を巡る戦争で、今も日本はお風呂にお湯をためられる国であり、さらにトイレも水を流せて、人間はきれいな水を飲まないと生きられず、ソマリアの人は一部水道があっても、しょっぱく、外務省の情報で、ソマリアでは日本人も攻撃対象になるとあり、西谷さん、外務省すいませんと言い、しかし南スーダン、ナイジェリア、トランプ氏がテロとの戦いと声高に叫ぶほどひどくなる。

個人で何かできないか、西谷さん、100円の募金もできるが、食糧になるしかなく「戦争を止めるのが最善」、イラクも忘れられて、しかし世界のリーダーで戦争を止める人を選ぶ、選挙で戦争に反対する人を選ぶ、谷口さん、現地に産業を育てることが必要と言われて、堀江さんも、治安が悪いと日本人が入れないと言われて、西谷さん、停戦合意が必要だが、日本のNGOは現地の人たちに自動車を修理する技術を教えて、自衛隊は道を作るのみの自己完結、日本人が帰っても、現地の人たちの役立つようにやるべきで、「軍を派兵する国は狙われる」、しかし昔はジャパニーズと言ったら助かったが、今は逆。

西谷さんの現地取材の写真もツイッターで報告されて、ソマリアで27万人、1年で栄養失調で死ぬ=吹田市、寝屋川市の人口が消えるもので、遠い国のことではないのです。以上、西谷さんのお話でした。

 

 



朝日放送キャスト(2017/2/28) 森友学園問題 木原善隆、古賀茂明さんの解説 by limitlesslife
February 28, 2017, 10:54 pm
Filed under: アベノミス

 

永岡です、森友学園問題、朝日放送のキャストでも取り上げられました。大阪府の認可に問題があるというものです。

民進党辻元氏、今井氏が現地を視察、8億のゴミ撤去、森友学園は評価額より8億安くGETした理由がゴミ、しかし業者は汚染土を埋め戻せと森友学園から支持されたと証言して、森友学園のHPでの主張と矛盾しており、森友学園は汚染土を仮置きと強弁しても、埋戻しと仮置きは全く意味が異なり、民進党山井氏は、国会で追及されたからアリバイでやっていると指摘、国会でも民進党が攻めて、安倍総理はもう聞き飽きた1+1=サルマタで日本語にならず。

森友学園が小学校建設を計画したのは20年前、籠池氏は不動産会社から物件を紹介されて、お国の土地であったといい、借金して買おうとしても、当時の大阪府のルールでは、借金しての小学校設立は認められず、これで松井氏は2011年に規制緩和して、借金があっても小学校の開校ができるようにとしてくれと、翌年規制緩和、松井知事は納得できる回答を答えずであり、松井氏は森友学園のために便宜を図ったのではないと言うものの、このルールを使ったのは森友学園のみであり、小学校の開校まであと1ヶ月です。

木原善隆さんが解説されて、木原さん、2012年まで大阪府の学校は借金して建てるのはだめ、しかしすでに別の学校を運営しているなら認めると言うものの、これには幼稚園は入らず、2011年に橋下知事の段階で森友学園が要望して、翌年の松井知事で規制緩和、森友学園が設置申請、しかしこんな申請は森友学園のみで「森友学園のためだけに規制緩和した可能性がある」と指摘されて、安倍総理と森友学園の関係、2015/8に森友学園の申請→翌日に近畿財務局、大阪航空局が動き、安倍総理の来阪時に理財局長を呼び出して、安倍総理は日帰りで、ミヤネ屋とそこまで言って委員会の収録、日帰りも、それも戦争準備法案審議の際で、木原さんこれは当時の鴻池議長にも批判されたと言われて、共産党宮本氏の質問、近畿財務局、大阪航空局、小学校の開校関係があったと指摘、しかし資料は廃棄されて、そして国交省→森友学園に補助金、さらに昭恵氏が名誉校長になり、これについて古賀茂明さん、あまりに揃い過ぎて、2015/9の動き、さらに大阪府と近畿財務局の動きがあり、事務方が無理やり進めていたものもあり、両方の審議会で、こんな小学校の認可に、新聞沙汰になると反対されているのに、押し切ってやったのはおかしいと言われて、財務局長や籠池氏の証人喚問を自民党は拒否して、木原さん、安倍総理は潔白を証明するためにやるべきと言われて、古賀さん、東京都は豊洲で百条委を開き、松井氏もこのようにして、潔白を証明すべきと言われて、安倍総理と松井知事は関与しているのか、はっきりしない状態と、司会の浦川泰幸さん締めくくられました。以上、キャストの内容でした。

 



毎日放送ちちんぷいぷい&関西テレビワンダー(2017/2/28) 森友学園土地格安取得、塚本幼稚園教育基本法違反問題 by limitlesslife
February 28, 2017, 10:47 pm
Filed under: アベノミス

 

永岡です、森友学園の問題はテレビでもさかんに取り上げられており、毎日放送ちちんぷいぷいでも小特集がありました。

豊中市の国有地を1/7でGET、子供たちに安倍総理がんばれ、中国・韓国へのヘイトスピーチ=2015年9月の塚本幼稚園の選手宣誓で、ご存知のように、塚本幼稚園作成のDVD(ジャーナリストの菅野完さんのツイートによると、保護者は3万円で交わされる)で、領土問題、ヘイトスピーチ、でんでん総理がんばれ、戦争準備法案通過良かったと言わせるものであり、スタジオでも皆さん絶句、民進党は教育基本法違反と追及して、保護者からも、こういうことをすると、年長になると中国・韓国を嫌いになるとの証言もあり、司会のヤマヒロさんも、意味を分からずに園児たちが言わされていると指摘されて、選手宣誓の文言が文字越しされて、領土問題やヘイトスピーチなどがあり、スタジオでもここまで極端な、運動会と関係ないものをやるのかと指摘があり、石田英司さん、極右教育を知らずに入れた保護者もあると指摘されて、ヤマヒロさん、親がアカンと思ったらやめさせる言われて、塚本幼稚園は1953年創設、先代の延長は95年に亡くなり、先代の娘(副園長)の夫が籠池氏、関西大の山縣さんは、塚本幼稚園のエキセントリックな話はここ数年で聞くようになったと言い、昔はこんなことはなく、保護者も、厳しいけどいいということや、教育勅語の暗唱、さらに、天皇が関西に来たら旗を振り提灯行列、これに熱が出て休ませてくれと言っても、副園長はそれを許さず、これについて歴史家の磯田道史さん、これは陛下が一番嫌うことだと言われて、熱の出た園児に陛下は来てほしくないはずと言われて、安倍総理がんばれにも問題、磯田さん、法律も問題で、法治国家はルールの範囲で教育はできて、安倍総理がんばれ、戦争準備法案通過良かったを園児に言わせるのは、私塾ではなく、税制も優遇されている幼稚園で問題、福山で国旗国歌の指導を受けた例もあり、尖閣の件などはグレーで(名指しで他の国を悪く言うのは学習指導要領に抵触)、個別の政治のことを園児に言わせたのは教育基本法違反と言われて、ヤマヒロさん北朝鮮のことを指摘されて、スタジオでもほとんど北朝鮮との声があり、石田英司さん、大阪府が是正勧告しない、保守系には委縮するのは問題と言われて、保守系に土地の売却で忖度したなら大問題と言われて、国会でも教育基本法違反と指摘が野党からあり、国有地格安払下げ問題と、極右教育が問題であり、安倍夫人、塚本幼稚園から幼稚園に行くのはいいと言っており、安倍総理が否定してややこしくなり、政治家のスキャンダルはお金の話だけでなく、政治信条、忖度の問題と言われて、磯田さん、教育勅語は明治憲法とセット、教育基本法と日本国憲法はセット、教育勅語は1948年に失効しており、教育勅語の精神に基づいて教育するのは文科省もアカンと言っていると指摘されて、教育方針に教育勅語を使うのは問題と言われて、山縣さん、半分能力のない子供にこの教育をするのはアウト、ただし幼稚園で原発反対をした例もあるというのですが、松野文科相は大阪府に是正させると言うものの、ヤマヒロさん、国会でまた新しい話も出て、8億値引きの問題も終わっていないと、締めくくられました。

この件で、昨夜、マスコミのトップたちが安倍総理と会食した件、報道するラジオのコメンテイターであった平野幸夫さんが、御用記者と首相の狂宴としてブログを書かれています。

http://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12251972307.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-hirano-yukio_12251972307

この件は、菅野完さんの発信が最初で、脱原発のブログにも記載があります。

http://ameblo.jp/amebloacchan/entry-12252023757.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-amebloacchan_12252023757

 

さらに、関西テレビの、みんなのニュースワンダーでも小学校からのゴミ搬出に関して報じられて、民進党辻元氏も視察、国会で問題になったから証拠隠しと指摘しており、作業した男性は盛り土200立米の汚染土、それを搬出しないと、森友学園の言い分と矛盾し、豊中市は汚染物の表示なしと指導しており、安倍総理は民進党に追及されて、籠池氏とは面識なしと言うのですが、関西テレビは2015/9に森友学園で講演する昭恵氏の映像を手に入れて、安倍晋三記念小学校を承諾しており、森友学園の方針に賛同したためであり、籠池氏はそれを踏まえて名誉校長になってもらったとして、昭恵氏は籠池氏に心底賛同しており、安倍総理の言い分と矛盾して、認可する松井知事はこれに言及して、認可できないともいうのです。

敷地にどんなゴミが埋まっているのか、国有地格安払下げ問題、関西テレビの竹下記者さんが報告されて根拠のゴミ搬出、5時になっても終わらず、ヘドロ臭がして、ダンプ4000台分のゴミがあるか、そこまでなく、津田塾大学の茅野さん、開校1か月前にゴミ撤去は方針に疑問、こんなゴミを放置しているのは問題で、国有地の安く払い下げ、ゴミの処理で8億がどうして出たのか、根拠は何か国民に説明すべきで、ただ民進党は政治問題化して争点がボケているとも指摘されて、政権を追い込みたい民進党に、国民の意識とずれがあり、財務省も資料を公開して、説明責任を果たすべきと言われました。以上、ちちんぷいぷいとワンダーの内容でした。

 

 



ビビりまくりの安倍晋三内閣総理大臣! by limitlesslife
February 28, 2017, 3:11 pm
Filed under: アベノミス
知人友人の皆さんへ
      杉浦公昭
Ogisu IsaoさんのFB

 

http://79516147.at.webry.info/201702/article_321.html

より転載させて頂きました。
————————————————————–

ビビりまくりの安倍晋三内閣総理大臣!

<<   作成日時 : 2017/02/28 10:17  

clip_image001ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ビビりまくりの安倍晋三内閣総理大臣!
 安倍晋三首相は相次ぐ、閣僚のスキャンダルにはビクともしなかったが、さすがに今回だけはビビりまくっている。慌てふためいている。なぜ、そんなに恐れるのか?
 それは安倍晋三夫妻と森友学園との並々ならぬ濃密な関係を物語る「証」が存在しているからだ。4月開校予定の「瑞穂の國記念小學院」である。
 この学校は当初、「安倍晋三記念小学校」と命名してスタートする手はずだった、というから尋常ではない。
 安倍首相は国会で「安倍晋三小学校にしたいという話があったが、私はお断りをしているんですね」と、答弁したがそんなものではない。
 テレビ東京の特ダネ報道が暴露した。2015年9月に安倍の妻、昭恵が行った誉校長就任の記念講演がそれである。肝心の部分を紹介する。
 「こちらの教育方針は大変主人もすばらしいという風に思っていて、(学園理事長の籠池泰典)先生からは、安倍晋三記念小学校という名前にしたいという風に当初は言っていただいていたんですけれども、(中略)もし名前をつけていただけるのであれば、総理大臣を辞めてからにしていただきたいということで」・・・。
 そして、「瑞穂の國記念小學院」の公式サイト内の「ごあいさつ」のページでは、安倍昭恵を「名誉校長 安倍昭恵先生」「安倍晋三 内閣総理大臣夫人」と明記し、彼女の顔写真といっしょに紹介していた。
 ところが、国有地の激安払い下げの疑惑が広がるや否、突如としてホームページから消えた。何者かによって削除されていたのである。誰がやったかは、聞く方が野暮だ。懸命な読者は先刻ご承知だ。
 削除された安倍昭恵名誉校長の挨拶文がこれだ。
 籠池先生の教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました。
瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます。
 そこで備わった「やる気」や「達成感」、「プライド」や「勇気」が、子ども達の未来で大きく花開き、其々が日本のリーダーとして国際社会で活躍してくれることを期待しております。

————————————————————————

森友学園のデタラメぶりが発覚!

<<   作成日時 : 2017/02/28 09:37   >>

clip_image001[1]ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

森友学園のデタラメぶりが発覚!
 国有地の激安払い下げ疑惑への批判は日増しに高まっているが、大阪・豊中市の調査で森友学園のデタラメぶりが明らかになった。
 元請け業者は「土は仮置きしただけ」と弁解したが、別業者は「仮置きなどと言う話は聞いてない」と言い、ゴミを埋め戻したと説明した。
***************
 豊中市は27日、用地造成を担当した業者に聞き取りと調査をした。元請け業者は「ゴミの保管場所に困り、仮に置いただけ」と説明。
 これに対し、同市の脇山環境部長は「廃棄物が出てくればすぐに業者に委託して処理するのが一般的で、1年も仮置きをするという話は聞いたことがない」と述べた。
 別の業者は、森友学園側からも、どこからも「現場で仮置き」などという説明はなかったと証言。10カ所以上穴を掘って、ゴミを埋め戻した、と話した。

 コメント:安倍信三小学院・安倍昭恵名誉校長の実質200万円で買って、(八億以上のゴミ処理不明のまま)10億円で売れる、国有地売買疑惑を追及・解明すべきである。



[1000人の会ML:23] 1000人の会からみなさまへ by limitlesslife
February 28, 2017, 3:03 pm
Filed under: Uncategorized
吉野信次さんのメールを転送します。

太田光征

——– Forwarded Message ——–

1000人の会からみなさまへ

お元気でお過ごしでしょうか。

いよいよ千葉県知事選が始まります(3月9日告示、26日投票)。総会でも
知事選に取り組む方針を決めましたが、具体的に動き出す時です。

昨夜、急遽3月5日に知事選に向けた集会の企画をすること、告示以降の取
り組みを具体化する相談会が開催されました。13名が参加していただき、当面
3つの行動を決めました。
知事選は、千葉県段階の市民と野党が連携した「新しい知事を選ぶ会・ちば」
にならって、「新しい知事を選ぶ会.まつど」として動く。
1.告示前の行動として、候補予定者のすみや信一さんを知っていただくためのリー
フレットを松戸市内に9万枚配布する。1000人の会としては、新松戸地域に2
万枚を配布することになりました。3月8日までです。新松戸地域でのリーフ
レットの配布活動に参加できる方は連絡ください。携帯:090-4606-9634まで
2.3月5日に「ちばに新しい春風を!すみや信一さんを知事へ!3・5のつどい」
を企画しました。チラシを添付します。拡散してください。呼びかけてくださ
い。常盤平市民センターホールに200名を上回る市民を集めましょう。市外
の方でもOKです。
3.3.5のつどいの後に、午後2時から、市内の主要駅頭で駅頭宣伝をすること
になりました。1000人の会は、松戸駅担当です。この駅頭宣伝にもご参加くだ
さい。

2017.2.27  吉野信次


このメールは Google グループのグループ「1000人の会ML(情報発信用)」の登録者に送られています。
このグループから退会し、グループからのメールの配信を停止するには Infomationfor1000+unsubscribe@googlegroups.com にメールを送信してください。
その他のオプションについては、https://groups.google.com/d/optout にアクセスしてください。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



毎日放送VOICE(2017/2/27) 風疹の問題&動物のゴタゴタ… by limitlesslife
February 28, 2017, 2:09 pm
Filed under: Uncategorized

 

永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」にて、特集ではありませんが、風疹の問題が取り上げられました。女性が妊娠中に感染したら、問題なのです。

ある女性は4年前に女児を出産、視力が弱く特別な眼鏡が必要で、女性は妊娠7週目に風疹に罹り、医師からは中絶を進められて、確実に障害のある子供が生まれると言われても、娘さんを出産、恐れていた心臓などの疾患があり、それでも、娘さんを育てるというのです。

風疹は2012~13年に大発生で、何と17000人も発症して、うち胎児感染で45名に障害、5人は5か月以内に死亡しており、これは、風疹だと、1979年以前に生まれた人は、ワクチンを接種しておらず、その後接種1回→2回となっても、このような感染症は爆発的に広がることがあり、夫婦で、夫が感染して、妊娠中の妻に移ることもあり、取材された三澤肇さん、このような感染をワクチンなどで防げる場合もあり、妊娠中の感染の危険性を示されて、他方、先の女性は子供を必死に育てており、私も風疹ではなく、肺炎では私も母もえらい目に会い、叔母はそれで亡くなり、感染症は他人事ではなく、こんな大変なことになっているとは驚きました。

この他、VOICEでは、憤懣本舗で、箕面で、庭、農場が荒らされて、犯人はサルではなく鹿であり、サルは絵付で人間の居場所から話されて、その分鹿がのさばり、地元の猟友会の皆さんが駆除されるものの、鹿は動きが複雑で、平均年齢62歳の皆さんが健闘されており、また、京都で、自転車のベビーカバーの紐が切られる事件が相次いで、人間の犯行かと思いきや、防犯カメラで見たら、何とイタチ!がかみついて切っていることが判明、このカバーに覆いをして被害は少なくなり、警察も捜査結果を発表…で、箕面と言うとサル、じゃりン子チエで、箕面のサルがチエちゃんの家を襲撃して、スーパーキャット、小鉄とジュニアが退治して、箕面の滝つぼでボス猿が寒中水泳…というものがあり、私は、国会に小鉄を派遣して森友学園の問題の容疑者を寒中水泳させたい…何て書いたら「共謀罪」で逮捕かな?(笑)、以上、VOICEの内容でした。



イラク・モスル奪還作戦負傷者の現状   by limitlesslife
February 28, 2017, 2:08 pm
Filed under: イラク
イラク・モスル奪還作戦負傷者の現状
鈴木隆雄 シニア・メディカル・アドバイザー
「日本医事新報」オピニオン 2017、2、18

イラク軍によるイスラム国(IS)の拠点モスルの奪還作戦が最終段階に入った。
普通、本格的な戦闘が始まる前に、地域住民は避難することが多いのだが、
今回のモスルでは、住民にとっての避難経路がなく、
住民も直接戦闘に巻き込まれる状態となっている。
それどころか、モスルから逃れてきた住民によると、
逃げようとする住民をISのスナイパーが撃つという。

筆者は定期的に医療指導で北イラクを訪問しており、
今回のモスル奪還作戦における負傷者の実態に接し、
日本の医療人にも役立つ点があると感じ、本稿を記す。

・クルディスタン地域政府

2003年のイラク戦争後、イラクは北部のクルド人地域、
中部のスンニ派アラブ人地域、南部のシーア派アラブ人地域
の3地域の連邦国家構想ができあがったが、クルド人地域だけが
クルディスタン地方政府(KRG)として成立、スンニ派および
シーア派アラブ人地域はまだ存在していない。

・モスルでの戦闘の経過

2016年の夏頃から、モスルに通じるISの補給路には、
東はぺシュメルガと呼ばれるKRG兵士、北はシリア北部の
クルド人民兵YPG、西はイランの支援を受けたシーア派民兵、
南からイラク正規軍が進軍していった。
最も激しい戦いは東で戦うぺシュメルガの地域であったため、
当初、負傷者の多くはぺシュメルガであった。

そのモスルに通じる東部街道をぺシュメルガが制圧したあと、
モスル市内突入は米国主導でイラク正規軍のみの行動となり、
現在の負傷兵はほとんどがイラク正規軍である。

・負傷者の受け入れ態勢

モスルからKRG首府のアルビールまで車で約1時間弱の距離である。
アルビールには軍病院はなく、周辺での武器負傷者はすべて
EMC Emergency Hospital(EMC病院)に運び込まれる。
5年前に100床のアルビール西部救急病院が開設されてからは、
武器負傷者も、脳外傷、火傷に関しては最初から
そちらに搬送されるようになった。

EMC病院は2000年代初期にイタリアの Emergency という
NGOが設立し、その後、 Emergency が撤退するにあたり、
現地NGOが引き継いだ病院である。

救急外来に搬送されて来る負傷者のうち、手術室での治療が必要に
なるのは3分の1から10分の1。
それでいて、1日20例を超す手術数(手術室4室)となることが多い。
元来35床であったEMC病院もそれに伴い、使えるスペースは
すべて病床とし、現在50床になっている。
それでも病床が足りないため、初期治療が済み搬送可能な患者は
市内の公立病院へ毎日搬送している。

イラク軍兵士については、デブリードマン(DBR)後、バイタルが
落ち着いている者や外来治療の軽症者は、毎日2便の軍用機で
バグダッドに搬送される。
問題はアルビールに留まる一般負傷者。
アルビールはイラクで5番目に人口の多い都市であるが、
患者が発生するモスルは2番目に多く、
これがアルビールの患者受け入れを困難にしている。

公立病院の病床が満床になった時どうするのか。
厚生省の指示で、私立病院が利用される。
これまでの例では、医療消耗資材は厚生省から配給されることが
多いが、不足する資材は私立病院の負担となる。
2年前、ドホーク近くのシンジャル地方にISが侵略し、
一晩で多数の負傷者がドホークに搬入されたことがある。
ドホークでは、循環器病センター、産婦人科病院、眼科病院など
全公立病院の手術室をオープン、それでも手術室が足りないため、
私立病院の手術室も利用された。
その際の治療費、患者滞在費用はすべて私立病院の負担となった。

戦傷外科では、緊急で行われる開腹やDBRがメインの手術で、
その後順調であれば4、5日後に創閉鎖が行われる。
この創閉鎖が戦傷外科での予定手術である。
したがってメインの緊急手術もできるだけ予定手術のように計画し、
患者が搬入される度ではなく、ある程度症例が集まってからまとめて行う。
たとでは、深夜から翌朝までは、止血術、緊急開腹術は行うが、
循環が安定していれば、見た目には大きな銃創による大腿骨粉砕骨折
なども翌朝に回す。
翌朝以降の入院患者も夕刻くらいまでためておき、まとめて手術を行う。
米国の大きな外傷センターのように24時間ひっきりなしに患者が搬入され、
医療スタッフも三交代制で十分確保されている施設は別として、
スタッフが十分確保されていない地域にとって、当地の対応は示唆に富む。

・風化が始まった遷延一次縫合

戦傷外科の特徴は、DBR後、創を閉じないこと、それに尽きる。
4、5日後に創を閉じるので、遷延一時縫合(DPC)と呼ばれる。
4、5日間、創を開放にするかどうかは些細な違いのため、
外傷専門医ですら注意を払わないことが多い。
しかし、それが患者の生死を分ける。
汚い傷は、たとえゴールデンアワー内であってもDBR後、
傷を縫合すべきではない。
しかし、イラク・アフガニスタン戦争での米軍も、
当初は開放創にせず一次縫合している例が見られた。

我々の体は、基本的に自然治癒力を有している。
治療とはその自然治癒力をサポートし、感染を抑えるようにするだけ。
至って単純である。
壊死性筋膜炎というように、挫滅した筋肉は感染に弱いので、
筋肉を含む汚染創は絶対に閉じない。
腹膜は感染に強いが腹膜外にある直腸に損傷があると、
便が筋肉と接触し壊死性筋膜炎を引き起こす。
それを避けるために人工肛門を造設するのだが、これは一刻も
待てない緊急手術である。
腹膜は感染に強いといっても、ときには腹腔内で感染が収まらない
ことがある。
そのときは、腹部も開放にすればよい。
それで体は自然に治癒する。

DPCは第一次世界大戦時にすでに確立された治療法である。
しかし、戦争終了とともにその治療法は忘れ去られ、第二次世界大戦でも、
初期には一次縫合で失敗して学び、同じことを朝鮮戦争、ベトナム戦争
と繰り返してきた 1)。
それほどに平時では、DPCというのは根付かない。
壊死性筋膜炎を起こした創はDBR後、たとえその創が大きくても
閉じてはならない。
しかし日本でもそれを縫合し、再度DBRを繰り返す光景をよく見かける。

イラクではイラン・イラク戦争が始まったあと、軍から戦争負傷には
DPCを行うよう通達が出た。
したがって当時すでに外科医として働いていた医師は現在もそれを
するのだが、その経験が若い層に伝わらなくなっている。
特に北イラク以外の地域では、1991年の湾岸戦争以降、
戦争負傷者がなくなり、DPCを知らない外科医が増えている。
北イラクでも、必ずDPCを行っているのはEMC病院のみ。
他の病院では、DPCを知っている先輩外科医が一緒に仕事をすれば
習うのだが、そのチャンスのない若い外科医は平気で一次縫合を行っている。

一般人はDPCがとんなものかは知らない。
しかし傷の感染が治らないとEMC病院にイラク中から患者が集まってくる。
これらの傷の感染は、ほとんどが一次縫合が原因である。
すべての外傷学の本に一次縫合とDPCについて記載があり、
汚い傷は閉じないと記載されている。
それを知らない外科医も皆無のはず。
ならばなぜ、多くの外科医は一次縫合をしてしまうのか。
EMC病院の外科医が言う。
「無理して縫合しようとすると、組織は緊張し、
術後疼痛のもと。
それでも皆閉じたがる。
科学的根拠はないにもかかわらず」

・イラク・アフガニスタン戦争における米国の対応

イラク・アフガニスタン戦争が始まると、米国は直ちに負傷兵士の
医療体制を構築。
4、5日で治癒しない患者は、イラク・アフガニスタンから
ドイツの米軍病院に空輸、
当地でも治療が長引くと判断された症例は米国本土に空輸、
重傷者は負傷現場から3、4日で米国本土に空輸するシステムを構築した。
負傷者専用の軍用機が毎日定期便としてイラク・アフガニスタンから
ドイツ、そして米国本土を結んだのである 2)。

同時に、医学研究も開始。
収集したデータを分析していかに死亡率を下げるかに尽力し、
戦傷学を飛躍させた。
さらに、米国には戦死した兵士家族への伝統がある。
これはリンカーン大統領の演説から始まったもので、国家のために
戦死した兵士の妻(未亡人)と子どもには国家がその生活を保障し、
一生涯年金が支給される。
米国の戦争に対する体制の凄さを感じる。

しかしこれは先進国だけのことで、開発途上国では資源の有無に関係なく、
政治経済の不備から医療体制も麻痺、医療人、負傷者ともに
みじめな生活を強いられる。

・モスルの今後

IS問題の後、モスルはどうなるのだろうか。
第一次世界大戦以来、トルコはモスルの領有権を主張している。
しかし、今回大活躍したシリア北部のクルド人民兵YPGとKRGのぺシュメルガは、
領土問題でトルコと真っ向から衝突する姿勢だ。
そこに、トルコ東部で独立運動を行うクルド人組織PKKが存在する。

モスルはサダム・フセイン大統領時代、スンニ派アラブ人の拠点であった。
それに対し、今回のシーア派民兵はイランのサポートであり、
バグダットのイラク政府もシーア派が多数派。
要は、モスルを中心にイラクはトルコ、クルド、スンニ派、シーア派+イラン
の四つ巴の争いが起きる可能性がある。

・戦争の悲劇を経験した日本だからこそできること

民間人だけでは、武器を放棄した兵士にも対等に医療を行うのが
世界の原則である。
EMC病院にはIS兵士も入院しており、普通に治療を受けている。
紛争が原因で発生した難民への対応や負傷者の治療が現地だけでは
不可能な場合、世界は一丸となって問題解決に協力すべきであろう。

よく、「戦争は悪である」と言われる。
その通りであろう。
しかし、これからも戦争はなくならない。
それどころか、「アラブの春」以降紛争が増えているのではないか。

戦争とは政治の最終的決着手段と言われるように、
政治と切り離すことはできない。
それだけに、政府も、民間団体も、いかに政治と切り離して
現地の医療に参加するか。
これは難しい問題である。
恐らく答えは永遠にない。
むしろ、このジレンマは解消されないと認識した上で
医療参加を模索すべきであろう。

日本は政府主導で日本の高度医療を外国に普及させることを目指している。
しかし、イラクだけでなくシリアでも民間人負傷者が連日発生している
状況において、戦争の悲劇を知る国として、高度医療だけでなく、
戦争負傷者への医療支援にも積極的に乗り出すべきだと考える。

【文献】
1) Watt J.: J Roy. Nav. Med. Serv. 1976; 62: 140-7.
2) Sheridan RL: N Engl J Med. 2014; 370: 1930-40.

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace