Global Ethics


原発・護憲・文化メールマガジン第175号 by limitlesslife
March 7, 2017, 3:12 am
Filed under: アベノミス
情報記載(石垣)
安倍首相、昭恵夫人は被害者ではありません
共犯者です。
特に「教育勅語」は戦争へ向けての日本の教育問題として、
重視すべきです。
           石垣敏夫

以下転載

横井です。転送歓迎
≪虚悪と凡庸な悪≫ 森友学園は、安倍首相自身が、強力に進めてきた事である。                          2015年9月に安倍首相は、3日間大阪出張。大阪維新の幹部と会談。安倍首相在阪中に大阪財務局幹部と森友学園理事長土地価格打ち合わせ。→土地価格の異常なダウン、貸し・買う条件過去にない好条件となる。                       9月の安倍首相大阪3日間出張が、事件解明の鍵。                                 その後安倍首相、理財局長と1体1で3回会い・打ち合わせ(大臣・次官同席での打ち合わせが通例。単独かつ短期間に3回とは異常〓                  大阪維新代表は、小学校許可条件を森友学園許可になるよう異常な程ハードルさげさせ許可する。
世論に押され再検討  *建設間に合うのか?→突貫工事やる。(ゴミ全て撤去はダンプ最低3000台、大渋滞発生、未だ発生せす。)
*資金借入金だらけ(一定基金ないと学校設立不可を大阪維新は、基金0とした。全国唯一)大丈夫か?→寄付金で賄える。大丈夫です。安倍記念学校設立にて多額の寄付金を半ば強制的に集め、集め中です。
                   ※昭恵婦人を隠れ箕面とし、安倍首相・関連国会議員・大阪維新・官僚が、一体となって進めている。                          
インターネットでは、森友学園同様な学校が別に企画進行中との情報駆け巡っています。安倍首相の「美しい国」づくりの具現化。
                   山口二郎氏は「安倍首相を先頭に似非愛国心政治家。
国会答弁理財局長をみていると、ヒットラーの命令に従順し従うアイヒマンのようだ。
 この事件は、巨悪と凡庸な悪の協奏曲だ。」
                   安倍首相解散どころでない。市民の力で市民の都政へ
安倍首相を市民の力で追い込み、勝利の為市民と野党連合を整然と着実に進めて行きましょう                                 
安倍政権に代わる受け皿ない?、積極的無党派の方々の受け皿としても市民と野党連合をより全国的に展開しましょう
※連合成功の鍵は、リスペクトです。個人・団体・政党が、大きな目的に向かって尊敬し合いながら進めることです。(上智大中野教授談)
    ≪川柳≫
*森友が豊洲に習う汚染処理
*国有地安く売ってる愛国者
*共謀法強行採決共謀中
Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: