Global Ethics


報道するラジオ(2017/3/6) 関西の気になる動き、森友学園の問題・アッキード事件と関西地銀のこと、町田徹さんのお話 by limitlesslife
March 7, 2017, 3:02 am
Filed under: アベノミス

永岡です、報道するラジオ第234回、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会で放送されました。

特集の一つは予想通りアッキード事件((c)山本太郎氏)こと森友学園の問題でしたが、気になるのは関西の地方銀行の統合、関西アーバン銀行 ゲストはお馴染みの経済ジャーナリストの町田徹さん、様々な分野を取材されて、金融に強く、関西の金融について語られて、関西最大の地銀が生まれることになり、銀行の利用者にはメリットなし、数が多い→競争、うちが安く貸す、銀行は数があったら過当競争で、数が減ったら競争が無くなり、今までと違う競争になるのです。地銀は中小企業との結びつきが強く、中小企業の現場の声も番組では求めています。声は町田さんも聞きたいと言われるのです。

ニュースは上田崇順さんの担当でした。

アッキード事件、小学校の建設費、森友学園は21億、大阪府に8億と言っており、3倍の開きであり、国と大阪府に二枚舌、理由は、国の金額は、木造建築の補助金は建築費が多いとたくさんもらえて、他方大阪府には経営がいいと、認可を取るために、建築費が安い→負担小として、学校なので、つぶれたら大変であり、影響を受けるのは子供たち、それで二枚舌の疑惑であり、水野さん、二つの違う数字が出て、どちらを信用すべきと言われて、上田さん、松井氏は事実の確認に時間がかかり、認可を出すのは難しいと言い、水野さん、認可できなくなったら土地はどうなるかと言われて、上田さん、財務省は買い戻すと言うものの、校舎は完成して、中華料理屋みたいと言われても、建物は返すなら現状復旧が必要で、いくらで買い戻すのか、民進党福山氏が質問しても、財務省は近畿財務局の判断と言うものの、2億の補助金が森友学園に交付されており、原状回復を誰のお金でやるのか、補助金もどうするのか、国民はちゃんとしてほしく、水野さん、新しい疑惑だけでこれだけと言われて、さらに、格安払下げに政治家の関与があったのか、参院で共産党小池氏が、鴻池氏の記録を開示して、8年間借地→購入の打診をされて、町田さん、本来は競争入札にすべき、国有財産は国が高く売る責務があり、一般の役に立つなら入札ではないが、学校で国有財産の払下げはおいしい話で、財務省はへたれ、国有財産を大企業に安く買いたたかれていて、それで入札も避けて、貸して、安く買わせてはおかしいと言われて、財務局より賃貸→購入と、森友学園の要望100%、町田さん、国民の財産に瑕疵と言われて、しかし買うためには小学校の認可が必要で、籠池氏が鶏と卵、認可と借りるの、どちらが先か→近畿財務局から即回答で、町田さん、サービス満点と言われて、他にも籠池氏が値引きを求めて、しかし、国に何が行ったのかわからず、森友学園の要望が次々と通り、共産党小池氏の質問があり、生々しい話を出して、国民の財産、笑っている場合ではないと追及して、麻生氏は1+1=サルマタ、説明になっておらず、小池氏はASS(Abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)に追及、賃貸の契約から全貌を明らかにしろと迫り、ASSは2+2=モモヒキとこれまた日本語になっておらず、逆切れ、与党から究明の姿勢はなく、与党議員には薄ら笑いの嘲笑もあり、ASSは自分の事務所だと逆切れ、しかし自民の鴻池氏の会見、2014年に籠池氏と面会であり、金で工作されたことを暴露して、現金をこんにゃく、かまぼこなどと言うもので、籠池夫妻の出したものを、100万円の札束をこんにゃくという古いしきたりがあり、しかし籠池氏は翌年も鴻池氏の事務所を訪れて、森友学園は鴻池氏が献金を要望していたと言い、また維新の中川府議にも働きかけて、中川氏は金銭を受け取っておらず、黒川兵庫県議、籠池氏がパーティー券を買っており、そして今日の国会でASSが質問されて、なぜこうなったか、府に落ちる説明はないと自分で認めて、政治家の関与がなぜ疑われるか、財務省が説明していないためとASSは言い、それで政治家の関与はないと言うものの、森友学園の言い分を財務省、近畿財務局がどうやってかなえたのかはまだ不透明で、町田さん、財務省が説明しないというASSの説明について、資料が破棄されている件は、廃棄されても、替わる資料はないとだめであり、これだけの金額は会計検査院に諮らないとだめ、そこに資料が要り、そして国民の財産について、つまびらかにできないとだめで、資料が出てこないのはおかしいと言われて、水野さん資料が出てきたら困る人がいると言われて、町田さん、財務省OB(NTT株売り出しをやった)に取材して、資料が出てこないのはおかしく、政治家からの指示、圧力はあり、政治家は次の選挙のためであり、これに政治家が介入したくなり、それを認めたら官僚は困り、抵抗するのが本来の中央官庁のエリートであるべきで、しかし安倍政権は強く、消費税でも安倍政権にやられっぱなし、財務省は安倍疑惑の高まるのを待っているが、国民に説明すべきと言われて、財務省はちゃんとやるべきで、町田さん、これに介入されると人事でも介入されるので、役人は認めたくなく、財務省は政治家の介入を最も嫌い、政治家に寄ってほしくなく(財務大臣を除く)、国税庁で、気に入らない政治家を税務で叩いてきたのが、今日のASSの答弁の意味、私は悪くない、説明していない→他の誰かが関与で、手に汗握る展開が国会にあり、しかし8億の説明が出て逃げられる可能性はあるが、8億の行方が最大のもの、そもそもは国交省が騒音対策で買い上げたもので、財務省が物納されたものではなく、国有財産のものは国交省がやっており、国交省と財務省は仲は良くない、財務省と仲のいい役所はなく、羽田の航空会社の発着枠に政治家も関わり、国交省と政治家の関係は、この事件で闇であるのです。

日々、新たな情報、疑惑が出てくるのです。

 

続いて、関西アーバン銀行(大阪市)、みなと銀行(兵庫県、ダントツ1位を取ったこともある)、近畿大阪銀行(大阪)の統合について、これから関西がどうなるのか、町田徹さんのお話がありました。水野さんも、今ある銀行が昔何かわからず、どころか町田さんも分からず、関西最大の地銀が出来て、水野さんは滋賀の出身で、びわこ銀行→関西アーバン銀行になったと言われて、近畿大阪銀行はりそなHDの傘下、バラバラの銀行の集まりがりそなであり、ATMは共通、みなと銀行は三井住友銀行とダブっていたものを利用して、今でも神戸では圧倒的に強く、この3つの経営統合、なぜこんなことか、町田さん、日本経済の衰退と、人口の減少で、地銀の再編は日本全体にあり、関西アーバンの親会社の三井住友が、ここは要らないとして、世界で活躍するメガバンクは世界で30あり、国際資本規制、自己資本比率を国際的にやるなら高めないとならず、リーマンショックで、税金による銀行救済は許されず、自己資本を高めて、何かあったら対処するために、三井住友銀行は、地方で薄利だとしんどく、国内でオーバーバンキング、拓銀の倒産まで護送船団方式、国内は金融機関の数が多くてしんどく、自己資本比率は三井住友銀行全体が7%なのに、関西アーバンとみなとは3,4%で、これを切り離して海外も国内もやりたく、三井住友も余裕がなくなり、三菱東京銀行の買収したものに差をつけられて、キャッチアップしたく、りそなに、これらのお荷物を任せたく、中間持ち株会社を作り、株の1/3をりそな、住友は2割しか持たない。

りそなは、グローバルな展開はせず、地域で中小企業の付き合い、大和銀行時代からやっており、関西の、大阪、兵庫で地域密着をやったら、三井住友もりそなも渡りに船、町田さんの知り合いの金融コンサルタントは、三井住友は関西アーバンを手放したく、みなともつけての処理、銀行はドライ。

リスナーより、昔は地銀の窓口はアットホームとあり、町田さん、そんなに大事にされる客は少なく、地銀は地域で態度が大きく、地域の仕事を引き受けているためであり、しかしそんな時代ではなく、リスナーより、配達しながら聞いており、大阪に他の地域の地銀が来ている、あましん、京都銀行とあり、町田さん、京都銀行の大阪進出は東京でも有名で、南都銀行も大阪に攻め込んで、かつての大阪を知ると、沈んでいるが、京都、奈良に比べたらましで、それで大阪の方が市場が大きく、攻め込んでいる。

大阪が戦国時代で、リスナーより、合併で小さな支店は閉められないかとあり、町田さん、重なっているものが統合ともあり、また、リスナーより、統合で、金利が上がるとの質問に、町田さん、数を減らした方が銀行には有利で、3行が共同会見で、来年4月に間に合わなくても、ともかく合併で過当競争を止めたいのが銀行の本音、公取は合併を認めるのかとの論議もあり、金融レポートがあり、預金の量や、サービスの収益で、4割の地銀がすでに赤字→この後10年で6割が赤字、もう今のままでは成り立たず、水野さん、競争が必要なのに、つぶれたら困ると言われて、町田さん、かつて全国に13のメガバンク→4に統合、地銀は第2地銀もあり、総合銀行はかつて71→41まで減り、地銀も減っておかしくなく、関東は一昨年大変な勢いで合併、三重でも合併であり、これはここから増えるもので、兵庫県民より、みなと銀行が兵庫にサービスされない危惧を問われて、町田さん、統合して、コストも減り、規模が大きい方が便利と言われて、水野さん、競争がなかったら関西の経済の衰退を問う声もあり、町田さん、大きな銀行の方が資金調達に低コスト、いつ潰れるかわからない小さい銀行の不安よりこちらで、役人は余地があるので、銀行を救済したく、しかし金融庁は銀行に強くなってほしく、しかし電機などに比べたら遅れており、東芝やシャープは消失、松下は大変なリストラを繰り返して、今があるのに、銀行はまだまだだと言われました。

 

その他のニュースも上田さんの担当でした。

北朝鮮のロケット4発発射、1000km飛んで男鹿半島に落下、船舶、航空機の被害はなく、狙いは、北朝鮮のロケット発射はトランプ政権になってから2回目、米韓軍事演習への当てつけ、昨年もやっており、日本政府の対応は、北京を通して北朝鮮に抗議、国連安保理に違反と言うものの、北朝鮮への制裁策はなく、岸田外相は電話会談で、ティラーソン氏と意見が一致です。

アメリカは、ティラーソン国務長官が日本他に来て、トランプ政権は対北朝鮮の対策を画策して、先制攻撃~北朝鮮との融和までやっています。

金正日氏暗殺で、カン大使がマレーシアから国外追放、カン氏は捜査を批判して国外追放、マレーシアは北朝鮮との友好国で、北朝鮮に打撃です。

長野県で、鉢伏山付近に消防のヘリが墜落して、6人を救出しても全員死亡です。

JNNの世論調査では、籠池氏の証人喚問を76%が求めて、しかし内閣支持率は少し下がっても61%です。

 

今週の特集、関西地銀の統合で、リスナーより、ネット銀行の台頭が地銀を脅かしていないかとあり、町田さん、銀行は競争を嫌い、利用者がネット銀行などでどう対抗するか、他地域から来た銀行とどう競争させるかというものであり、そういう目線も要り、今までの世界から、アンテナを高く張るべきと言われて、リスナーより、手数料が銀行により異なるとあり、町田さん、投資信託サービスする銀行もあると言われて、水野さん、数字は難しいと言われても、町田さん、消費者がアンテナを張り、調べないといけない時代になり、ネットで比べにくい状態にもなり、それでも、どちらが得か、調べるべきと締めくくられました、以上、今週の報道するラジオでした。

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: