毎日放送VOICE(2017/3/6) アッキード事件 土地改良工事の闇、他

(なお、今夜の荻上チキSESSION-22はアッキード事件がテーマ、安田浩一さんがゲストです) 永岡です、森友学園の問題、アッキード事件について、毎日放送のニュース「VOICE」で、ゴミの撤去について、近畿財務局がこれを敷地に置くように指示したと報じられて、これは今日の国会でも取り上げられて、資料は廃棄されたと言うものの、会合の記録から説明して、森友学園はこれで土地の購入を決めており、大阪府は、4月までの小学校の認可は困難と松井知事も言い出して、確認だけで日数がいるというのです。

校舎の建築費にも二通りのもので、補助金が出て、16億以上、しかし大阪府への収支報告書だと8億以下で、小学校の認可は23日の審議会で決められて、これについて三澤肇さん、打ち合わせ記録、2015/9に決められたもので、業者と国の話し合い、国ではなく業者の持っていた資料で、ゴミの撤去にお金がかかると言うと、財務省はそのまま残せと言われたというものであり、近畿財務局との関係で、ゴミの撤去費用がかかると開校が困難になり、ゴミ撤去の8億も国が言い出して、これが根拠になったというものであり、須田慎一郎さんは、このシナリオを描いたのは、(1)許認可の仕組みを熟知して、(2)行政手続き、補助金を熟知して、(3)役人の行動パターンを熟知している、この3つを同時並行でやれる人間が要り、近畿財務局と大阪府が連絡を取ったらアウトで、役人の行動形態を熟知していないとだめで、籠池氏では無理で、政治家、役人を使いこなせる闇の存在がいると言うのです。

 

また、堺市長選、現職の竹山氏が3回目の立候補を示唆して、維新は元読売テレビの清水氏の擁立を画策して、4年前は徒構想反対で勝ち、維新は読売テレビのアナウンサーを打診して断られて、清水氏は読売テレビを退社して、今は講演活動であり、MBSが清水氏を直撃しても無回答、維新の馬場氏も清水氏に期待したいと言うものの、次善の候補は維新の丸山衆院議員、2万%ないと本人は言うものの、大穴として、馬場氏の出馬もあるというもので、竹山氏の対抗馬は、何か、在阪某球団の暗黒時代の監督選びみたいで…なんて書いたら、阪神が、俺はヘイトスピーチしないと怒るだろう(笑)、以上、VOICEの内容でした。

 

Categories アベノミス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close