Global Ethics


毎日放送ちちんぷいぷい(2017/3/13) 森友学園スキャンダル続報&菅野完さんによる籠池理事長インタビューの内容 by limitlesslife

 

永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、森友学園の問題が取り上げられました。

籠池理事長が退任でも、疑惑は晴れずであり、国、関空エアポート、府に3つの金額の違う契約書を出したことも、全て正しいと、例により1+1=サルマタという意味で答えており、そして鴻池氏にこんにゃくを持って行った件も、金銭のことを否定し、長男が割り込んで、2+2=モモヒキと話題をそらす始末で、マスコミのせいで工事が進まなかったというのです。

さらに、国会で民進党小川氏が、稲田大臣が森友学園の代理人をした準備書面を示して(これは菅野完さんが発掘したもの、リテラに記事あり、http://lite-ra.com/2017/03/post-2989.html )、これを稲田氏は否定しています。

これ、奥田信幸さんが解説され、籠池氏は退任すると言っただけで動いておらずと言われて、司会のヤマヒロ(山本浩之)さんも何も解明されていないと指摘されて、土地を格安でGET、3つの値段の異なる契約書のこと、奥田さん、契約書は複数あったらおかしいと言われて、見積りと契約は違うと石田英司さんも指摘されても、しかし22億について補助金で、見積もりで補助金は出るわけはないのです。

会見では、長男の佳樹茂氏も出て、申請を取り下げて、土地は、奥田さん、麻生氏が原状回復=1.34億で国が買うことになり、学校を作るからの随意契約だからできないなら買い戻し、違約金もかかり、しかし補助金も返還すると言うものの、建物は建ててしまい、これもどうするのか、壊して更地にするのに、大阪の業者さんは9700万かかると証言して、安くしたのは財務省であり、安くした根拠のゴミ、民進党の資料を巡って紛糾しています。

そして、稲田氏は森友学園の顧問弁護士ではないと言っていたのに、2005年の裁判の準備書面を小川氏が出して、奥田さん、2005年は稲田氏が議員になる前、議員になっても裁判は続いており、弁護士として名前を出しただけという言い分もあるものの、稲田氏は、籠池氏が2年前に会っていると言い、この裁判は森友学園と金融機関のトラブルによるもので、訴訟代理人として名前を連ねている。

木村豊中市議が、財務局を大阪地検に刑事告発であり、世論も政府の説明に75%は納得せず、府議会では自民党が籠池氏の参考人招致を求めて、石田さんは、府が1か月で認可したのもおかしい、財務に問題でなぜやったかと言われて、奥田さん、府議会は籠池氏は出ていいというもので、百条委ではなく、府、教育長の言葉が必要で、武田一顕さんは、国有財産で、府議会ではなく国会でやるべきと指摘されて、稲田氏の関与も見つかったので、国会で揉めるのはもっと続くとコメントを寄せられました、

 

そして、菅野完さんが、籠池氏に昨日インタビューに成功して、

https://hbol.jp/133177 に動画があり、内容をまとめます。

渦中の籠池氏の自宅に菅野さん行かれてインタビュー、物書きとして聞きたいことは多数あるものの、籠池氏が今何を考えているのか、の取材で、籠池氏は10日の会見で菅野さんに怒鳴ったものの、色々な縁がありインタビューに成功、菅野さんの疑問点をぶつける前に、事態が動いており、今の籠池氏の思い、籠池氏がしゃべって一方的と菅野さん指摘されて、それで一問一答形式でやりたく、3/12にインタビュー、3/10に会見で、3/9に府により小学校の実地調査があり、認可取り下げ、この間、朝日の報道の2/9以降、多くの人たちが籠池氏と昵懇なのに、後ろ足で砂をかけて、3/9にyoutubeに上げた動画で、最も昵懇だった政治家は誰かと聞いて、籠池氏、自分だけがなぜ悪者になるのか、不条理として、マスコミ報道もあり、虚偽、誇張で籠池像はマイナスになり、ポイントは、国会で籠池氏を知らないかと訊かれて、知っているのに知らないという政治家がいて、社交辞令ではなく、とんでもないものに触るようなものは、政治家として、何を信じてやるのか、国民を引っ張る政治の姿勢として問題で、稲田大臣とは旧知の中で、なのに10年会っていないと言われて、籠池氏の実像を悪くしている。

稲田朋美氏は、議員になる前に、森友学園の顧問弁護士、夫だけでなく、朋美氏も顧問弁護士であり、これを2007年まで、ポートタウン福祉会の事柄に関わっており、これで籠池氏の弁護士を稲田夫妻がやっており、それ以前から昵懇で、椿原氏とも昵懇、娘より昵懇で、訴訟を通して、稲田事務所と昵懇。

答弁書には稲田朋美と書いたものはあり、稲田氏のハンコのあるもので、これは稲田氏の国会答弁と食い違い、知らない、会ってないというのは、籠池氏と稲田氏は2年前に自民党会館で会っており、政調会長、防衛大臣になる前に会っている。たくさんの人たちの前で話をしている。知っていると言ってほしかった。

今回の事件で、鴻池氏との関係、兵庫選出、国士で、森友学園にも講演に来てくれて、鴻池氏の母親も知っており、親近感も覚えており、パーティー券も購入、政治資金にも、特措法のパーティー券も、活躍してほしく、1,2回政治資金を入れている。鴻池氏は怒っていたが、怒られるようなことはしていない、入院時もお見舞いに行っている。

閣僚経験者、今の閣僚の稲田氏が虚偽答弁をしたのは大きいと菅野さん言われて、籠池氏との付き合い以前に嘘を言ったのはおかしく、籠池氏、面識があるならいうべき、マイナスになるものではなく、明言してほしかった。

籠池氏の事件を担当した弁護士であっても、法的な問題はないと菅野さん言われて、ポートタウンの事件は、よくある金銭トラブル、グレーなものではなく、大人の世界ではよくあり、これに関わって稲田氏にマイナスではなく、解決してもらい、籠池氏は稲田氏に感謝している。

稲田氏は靖国訴訟、百人斬り訴訟をして、籠池氏は稲田氏を弁護士として評価している、堂々としている。事件は受任して、森友学園の弁護士であった。

他の政治家は、鴻池氏のパーティーで、麻生財務相にも2回会って写真も撮り、麻生氏は今の安倍内閣の前、当時の肩書は、まだ総理になる前、稲田氏が衆院議員になり、帝国ホテルのパーティーに来賓として来て、その際に付き添いで籠池氏は対応しており、稲田氏の初当選、郵政選挙の刺客候補として稲田氏は出て、それ以降で、麻生氏はゲストとして出ていた。

麻生派の総会にも籠池氏は行き、鴻池氏の付き合いで行き、そこでも麻生氏と会い、今回の学校の件はそこでしておらず、麻生氏を籠池氏は評価している。

菅野さん、おそらく、問題はまだいっぱいあると言われて、私学審議会の当事者の件も不可解と指摘されて、菅野さんの第3者の思う不可解さ、籠池氏の持つ不可解さもあり、これらも、連続して、どこかのタイミングで話を聞けたらと菅野さん言われて、籠池氏、審議会は条件が揃い、認可しないといけないのに、籠池氏の身辺のことや、3種類の契約書の問題と言われて、3/9の実地検査で、府は校舎も見ずに、副園長がカメラを向けて、それで拒否されて、とんでもないことをやっているものがいると印象操作されて、役人としてそんなことをしていいのか、残土、ゴミ、産廃も逐次出しており、値段も高騰して受け入れ先が見つからず、それでも出しており、その行為は評価してほしく、資金繰りは何とかしているもので、前向きのことを考えている時に、籠池氏の身辺云々をされたもので、菅野さん、デュープロセスはちゃんとすべきで、大阪府が主張を曲げていたら問題と言われて、籠池氏、府庁に出した資料ガ。名簿等流出して、寄付金の名簿も流出、これは情報公開で出たものではなく、名簿は府にしか出しておらず、しかし東京のテレビに出ており、情報が流出している疑念があり、野党が寄付金について国会で質問して、その重要な書類が流出したのは、こちらを潰す意図があったと籠池氏は言い、菅野さん、重い口を開いてくれたことに感謝して、今後も時間がセッティング出来たら、こういう情報を国民と共有したく、籠池氏もこれからも協力すると語り、締めくくられました、以上、ちちんぷいぷいの内容と菅野さんのインタビューでした。

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: