Global Ethics


「帰還兵はなぜ自殺するのか」 by limitlesslife

(書評より)アメリカの戦争の狂気を暴き出すノンフィクション

アフガニスタンとイラクに派遣された兵士は約200万人。そのうち50万人がPTSD (心的
外傷後ストレス障害)に苦しみ、毎年240人以上の帰還兵が自殺を遂げていて、その数
は増加傾向にある。自殺者の10倍の人数が自殺未遂をおかしている。精神障害に苦しむ
帰還兵とその家族に、ピューリツァー賞受賞記者がより添い、見聞きした一部始終を記
録したのが本書である。登場するのは、カンザス州のジャンクソン・シティとその近郊
に住む5人の元兵士とその家族である。いずれも精神を病んでいるが、イラクに派遣さ
れた時の兵士の平均年齢は20歳。ほとんどが貧しい階層の出身者である。

アダムは負傷して帰国した。しばしば自分の乗った装甲車が道路に仕掛けられた爆弾に
接触した時のことを思い出す。爆発で同僚の身体は粉々に吹き飛んだ。その情景が頭か
ら離れない。彼の命を救えなかったことがアダムを苦しめている。アダムは発作が起こ
ると妻のサスキアに乱暴を振るう。家具を蹴り、壁を破る。何度も自殺未遂におよぶ。
サスキアはもはや正常さを保てなくなっている。他の4人の家庭もアダム家と同じよう
に崩れている。一人の元兵士は耐えられずに自殺を選んだ。こうしてイラクでの体験は
元兵士と彼の家族をむしばみ、追いつめていく。

ワシントンの陸軍総省では、自殺防止会議が軍の首脳によって毎月開催されている。す
べての自殺者の仔細な報告が上げられて検討されている。しかし、どれほど検討を重ね
ても自殺者は増え続けている。巨費を投じた大規模な医療設備は収容者であふれている
が、治療を要する者を収容しきれないし、自殺を止められない。有効な治療法を見いだ
せない軍首脳と医療関係者の焦燥感は募るばかりである。元兵士の苦悩は自ら体験した
戦場での残虐さがもたらしたことは明らかである。しかし、海外での戦争を止められな
いアメリカにとって精神を病む兵士も帰還兵の自殺数も減ることはない。そして、いま
や自殺者数が戦死者数を追い越しているのだ。アメリカが戦争を止めるまで自殺者の数
は伸び続けるであろう。

綿密な調査と取材で著者は、「戦後」に苦しむ元兵士と家族、医療関係者、軍首脳の姿
を浮かび上がらせる。著者の意見や予断、感情をいささかも交えず、事実を積み重ねて
いく描写はリアリティにあふれ、トル―マン・カポーティの「冷血」を思わせるほどだ
。著者はアメリカの起こした戦争に対して1行も批判がましいことを記していない。し
かし、元兵士と家族の苦悩を知った読者の視線はそれをもたらした戦争へと向かわざる
を得ない。「戦争こそが人を狂わせるのではないか?」「代償はあまりに大きすぎない
か?」「そもそも正しい戦争だったのか?」この問いかけこそ著者が本書で意図したこ
とではなかったか、と私は思い至ったのだ。本書は2013年度全米批評家協会賞の最終候
補作であり、アメリカの有力各紙における「2013年度ベストブック」に選ばれているノ
ンフィクションの傑作である。

======

多くの人に読んで欲しい。

アメリカの対イラク戦争に派遣された兵士たち。

イラク、アフガンで体験した惨状。
「敵」の攻撃(爆破)によりむごたらいい戦友の死…。「自分の身を守るために」幼児
を抱えたイラク兵を撃つ…。

帰国後、PTSDになり、自殺に至った者も多い。
本書で取り上げるのは、自責の念にとらわれ、苦悩する元兵士本人やその家族の苦悩を
、淡々とした客観的視点で描く。

「戦争に行く前は『いい人』だったのに、帰還後は別人になっていた」。

「戦争」が、兵士やその家族を「破壊」していく様子が、痛いほど伝わった。

もちろん、アメリカ兵たちも、他国の兵士や民間人を殺害していて、他国側の人々にも
肉体的・精神的苦痛を負わせているのも事実。

「国家のために」従軍して、肉体的にも精神的にも「破壊され」戻ってくる…。

格差社会が生み出した「志願兵」。「生きる」ために兵士になった(ならざるを得なか
った)アメリカの「ごく普通の」若者たち。
20代の兵士でこのような精神的ダメージを味わっているのだから、中東の子どもたち
は、どのような苦痛を負っているのかと考えると、深いため息が出てくる。

ありきたりな表現になってしまうが、「戦争というものは、何も生み出さない、人間に
とって必要のないもの」ということをつくづく感じた。

「訳者あとがき」にも触れられているが、後方支援にあたった日本の自衛隊の方々の中
にも、自殺、あるいはPTSDになった方々がいる。

「戦争」というものが、いかに愚かしいことかを痛感する。

多くの人に読んでもらいたい。

====

本書を読んだ後で、同胞を国外の戦場に送りだすことに賛成できますか?

ほかの方が本書の内容についてはかなり詳細に書かれていますので、感じたことをいく
つか。

本書で扱われる帰還兵士たちのPTSDなどは、21世紀におけるアフガニスタンやイラ
ク戦争に端を発したものだが、彼らを救う側に立つフレッド・ガスマンの過去に触れた
部分で、彼の父が第二次世界大戦に従軍した後、本書の帰還兵士たちと同じように衝動
的な暴力をふるったことが書かれている。テール・マハリッジの『日本兵を殺した父:
ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦と元兵士たち』にも、太平洋戦争への従軍経験が兵士
たちにもたらした心の傷があったこと、それが長い間、兵士だけでなく家族までも苦し
めたことが書かれている。アメリカ国内でも、圧倒的に正義の戦争と見なされる第二次
世界大戦(太平洋戦争)であってもそうなのだから、ヴェトナム戦争、湾岸戦争、アフ
ガニスタン・イラク戦争など、その「大義」に疑問がある場合は、兵士たちの苦しみが
深くなることなど、簡単に想像できる。要するに、戦争そのものが問題だということが
よく分かる。また、この苦しみは、現場、特に前線に立つ兵士たちに襲いかかり、本書
でも触れられているように、家族にも深い傷をもたらす。
そして、「訳者あとがき」で、イラク戦争に派遣された自衛隊員のケースにも触れられ
ているが、日本の問題にもなってきている。対岸の火事ではないということだ。そして
、家族や友人も巻き込まれざるを得ない。

私はこのような可能性があることが分かっている以上、国外に同胞を送り出すことに賛
成はできない。

====

戦争は終わっても、戦後は終わらない

最近公開されたクリント・イーストウッド監督の映画「アメリカン・スナイパー」で、
帰還兵の問題が話題になっていたので、興味をもって手に取った。
著者はイラク戦争を題材にしたルポで2006年にピューリッツァー賞を受賞した元ワシン
トンポストの記者。
イラク戦争に従軍した5人の兵士(うち一人は現地で戦死)とその家族の「いま」を追
った小説仕立てのルポタージュである。

アメリカの自殺者は年間10万人あたり5.5人。アフガニスタンおよびイラク戦争従軍者2
00万人の自殺者は年間250人。率で言えば、帰還兵の自殺率は2倍だ。戦闘時のPTSDや外
傷性脳挫傷で社会復帰がままならない帰還兵は50万人に上るという。アメリカでは大き
な問題になっているらしい。
本書の主人公たちは自殺には至らないものの、日々のくらしは思うようにならず、重苦
しい。別人のようになって帰ってきた夫、父親を迎える家族も悲惨だ。4人に3人は帰還
後も人格に変容をきたすことなく通常の生活に戻れるが、4人にひとりは目の前で友人
が爆死したり、自ら頭蓋内に障害を受けたりして、戦争が終わっても、ずっとその「後
遺症」から抜け出せない。

本書のテーマからは外れるかもしれないが、いちばん気になったのは志願兵の大半は貧
困層出身の若者だということ。冷戦後のアメリカの戦争は、タテマエでは正義をいいつ
つ、ホンネは大量消費のための戦争のようにみえる。本書には軍産共同体の記述は一切
ない。が、そう考えるにつけ、本書の主人公たちは資本主義というシステムの犠牲者な
のだと思う。

日本にはまだ、兵器の在庫整理のために戦争をプロデュースするような会社はないが、
昨今の武器輸出解禁、海外派兵解禁という流れをみるにつけ、アメリカの「いま」はそ
う遠くはない日本の未来なんだろう。昨日、総理官邸にドローンを飛ばした40男が逮捕
された。こんなことひとつでも、戦争資本主義へ踏み出す口実を作るには十分かもしれ
ない。

安倍政権は、鳩山、菅、野田に比べればずいぶんましだ。ではあるが、無邪気に戦争資
本主義に足を踏み入れるのだけはどうしてもやめてほしい。犠牲になるのは日本でも激
増している貧困層の若者である。本書を読んだ感想としてはずいぶんチープだが、 他
山の石として、それを強く思った。

「帰還兵はなぜ自殺するのか 」亜紀書房

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: