Global Ethics


TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/3/27) 青木理 韓国、北朝鮮情勢&大阪府警の監視カメラ問題を語る&プチ鹿島 民進党のふがいなさを語る by limitlesslife
March 28, 2017, 2:40 am
Filed under: アベノミス, 民進党

この件について、報道するラジオの案内をされていた平野幸夫さんが、ブログで指摘されています。 永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木理さんでした。青木さん、デイ・キャッチ!のリスナーは野党のだらしなさがASS政権を暴走させているのを良く知っていると言われました。

ニュースランキング1位はアッキード事件、国会で野党が昭恵氏の証人喚問を求めている件、予算は通っても、野党は抗議、与党は幕引きをしたく、予算は与党などの賛成多数で成立のものの、青木さん、リスナーのネット投票も町の声でもランキング1位、国有地(国民の財産)が格安で払い下げられた件、薄々見えつつあるものの、忖度なのか、さらにASSは関係していたら議員も辞めると言って、しかし籠池氏の証人喚問でかかわりが見えて、一強体制と言うものの、関係ないならちゃんと説明すべきと言われて、強啓さんも、ASSは遠近の別はあっても関わっていると言われて、青木さん、籠池氏が神風が吹いたと言い、国民に損失を与えて、そして記録が残っていないのも問題で、青木さんは醒めてみると、木ではなく森を見たら、森友学園の極右教育を、ASSも妻も防衛大臣etcもほめていた→ばれたら批判で、しかし森友学園の教育方針に彼らが賛同しての結果で、青木さんはこういう極右教育、ヘイトスピーチを、ASSや防衛大臣らが、愛国教育を今も評価しているのか、国会で議論してほしいと言われて、国会は6/18まで開かれるものの、共謀罪、天皇退位もあるが、一強政権は国民、野党の批判をちゃんと受けるべきと言われました。

http://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12260104644.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-hirano-yukio_12260104644

大阪府警が、防犯カメラ(監視カメラ)映像、自治体の設置しているものを、自治体の許可なく利用できる方向を考えており、協定が出来たら、大阪府警が自動的にダウンロードできて、これでスピード解決の例もあるものの、青木さん、気になるチェック、GPS捜査には令状or法律の制限が必要との最高裁判決があり、監視カメラは警察が紹介を依頼して、任意の手続きで、監視カメラを持つものは拒否できる=強制使用には令状が必要で、しかしオンラインでダウンロードなら、警察には便利でも、こういう形で制限を取り払って、警察が監視カメラを使えたら、警察が神の目を持つことになり、市民社会はどこまで許容するか、警察が無尽蔵に監視カメラを使うのは問題で、さらに要らなくなって消去するのも定めが必要で、しかし警察の直接運用する監視カメラもあり、何の制限もなく、今警察はコンビニ、駅の監視カメラをネットワークでつなごうとしており、自動顔認証とともに、リアルタイムで移動の記録が把握されて、5~10年で出来て、犯罪の検挙が出来ても、どこで歯止めをつけるのか、顔認証には令状がいる、記録の開示をさせないと、監視社会になり、GPS捜査同様に、手続きを取るようにすべきと言われました。

プチ鹿島さんが、民進党1年について語られました。リスナーより、1年良く持ったとの声があり、民進党結党は、7月の参院選があり、逆算して今の結成が必要で、民進党の名前は、民主党を残したい民主党と、旧維新は府のイメージと言うものの、結党からグダグダ、岡田氏が新進党と言う、山尾氏の紹介を忘れるなど、共同通信の調査で民進党に期待しないは60%、参院選で、改選45を下回り惨敗し、岡田氏が退任、都知事選も鳥越氏が小池氏に惨敗、代表に蓮舫氏がなっても、二重国籍問題、新潟知事選では反原発で勝っても、原発ゼロは連合の反対で頓挫、新聞も民進党に対立軸を出せと、読売、東京、日経が書き、読売は国会で成果なし、森友学園の追及も共産党が主役、しかし野田幹事長の政策は自民と一緒で、青木さん、野田氏を担いだのは蓮舫氏で、それなら3役を全部女性にすべきと言われて、鹿島さん、日刊ゲンダイ記事で、ASS政権の悪政のすべては野田総理がやり(原発再稼働、TPPetc)、新潟知事選は民進党は自主投票、連合のしがらみで脱原発にかじを切れず、小泉純一郎氏が何と、連合の50万票目当てにやったらあかん、国民の脱原発に答えよと言うもので、青木さん、勝負師の小泉氏のいうことは正解と言われて、鹿島さんいつまでも自民との違いが出ないと言われて、強啓さん、連合のこと、国民の総意としての今の政権の受け皿か、あるいは連合の代弁者か決まらずフラフラとして、野党としての問題を説かれて、青木さん、ASS政権支持の最大の理由は受け皿なしで、ASS一強の責任は民進党にもあり、連合より、もっと勝負が必要で、鹿島さん、都議選後は蓮舫氏おろしが始まると指摘されました。

 

デイキャッチャーズボイス、青木さんが、朝鮮半島の情勢、韓国と北朝鮮について語られました。今後の朝鮮半島情勢から目を離せない、朴槿恵氏に逮捕状請求で、身柄拘束であり、その先5月に大統領選挙なものの、朝鮮半島情勢に問題、韓国の大統領選挙は、朴氏が保守で、次期政権は間違いなく進歩派、リベラル派になると、日韓関係はどうなるか、ムン氏は慰安婦合意見直し、金は要らないと言うもので、しかし韓国ではこれはさすがにまずいとなっても、しかし日本も韓国も、過激なことを言った方に票が集まり、日韓関係の悪化があり、また中韓関係、サードミサイルで、中国でロッテの不買運動があり、新大統領の中国政策、そして北朝鮮とのこと、文氏は南北対話に積極的でも今の情勢で南北対話は困難であり、これはミクロな情勢、そしてマクロに見たらアメリカ、アメリカの対北朝鮮政策は戦略的に放置、相手にしないと言うもので、その間に金正恩政権は増長して、トランプ氏はこれを見直すと言うものの、軍事オプションも入り、しかし軍事オプションは韓国、日本にも破滅的な結果になりやらなかったものをやる可能性があり、トランプ政権は、情報機関から信頼されておらず、オプションも作れず、トランプ政権は根拠に乏しい危うい軍事政策の可能性があり、北朝鮮は金正日氏の時はある程度計算して、核などは引き出すためのカードであったのに、正恩氏は核保有を認めろとして、周辺国も引くにつけず、正恩氏は中国との会談も出来ておらず、中韓関係など、韓国の大統領選挙までに、アメリカの姿勢も、朝鮮半島を巡る情勢がきな臭くなると危惧されて、青木さんは来月韓国に行かれて、韓国の政権は今脳死状態であり、取材して報告したいが、これから朝鮮半島情勢はきな臭くなる、日本にもできることはたくさんあると締めくくられました。以上、青木さんのお話でした。

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: