Global Ethics


朝日放送おはようコール(2017/3/30) 二木啓考が栃木なだれ事故の学校の責任と小泉進次郎氏のこども保険、千葉幼女殺害事件を語る by limitlesslife
March 31, 2017, 6:28 am
Filed under: Uncategorized

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝はジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。

 

今朝の朝刊一面トップは、朝日はウェスティンハウスの倒産、負債総額1兆!読売はイギリスのEU離脱通告、毎日も同じ、日経も同じ、スコットランド独立も言われて、産経は北方領土の要塞化の画像入手のことです。

 

栃木でのなだれ事故、注意報が出ていたのに、100%安全として、現地に責任者がおらず500mほど離れた旅館にいて、講習会の責任者猪瀬氏(顧問歴23年)が初めて会見、雪崩の危険性はテレビ等で把握して、それで訓練にしたと言い、当日の午前6時、登山は中止して、そしてラッセルの練習を強行して事故、なだれ注意報の出ている中でも雪の中で活動したのは、なだれの起きやすいところに近づいてしまい、第2ゲレンデは封鎖されており、春山安全登山講習会で事故、猪瀬氏は県の登山のトップ、100%安全と経験則でやってしまい、生徒に雪に触れさせたいとして、また位置情報を示すビーコンもつけず、なだれの危惧をしておらず、無線機から離れていて、それが事故の時間と同じ、77年にも長野で事故で、登山届も提出せず、生徒からは中止すべきとの声があり、間違っていたより、経験を超えたと言うもので、二木さん、高校生は冬山の登山は禁止されて、また会見で経験則からと言うものの、科学的な根拠から行くかやめるか、判断する根拠について考えておらず、会見の一部始終を聞いたら、予測外と、保身、学校を守るために、損害賠償請求が起こされても大丈夫なように会見しており、77年の遭難事故も春山登山で、引率した先生に過失が認められて、これは生徒や先生に伝えるべきなのに伝えられず、人災の面があり、ベテランは登る勇気より降りる勇気がいると言い、亡くなった生徒や親御さんのためにも、責任回避の姿勢は問題と言われました。気象予報士の正木さん、災害の起こりそうなところでの疑似体験は、事前の体制があったら最悪の結果は避けられたと言われました。

 

小泉進次郎氏が、少子化対策として、こども保険を提唱、幼児教育、保育所のためで、勉強会には進次郎氏と同世代の30代の議員も出て、進次郎氏は年金に0.1%上乗せして徴収、児童手当などて、最終的に幼児教育の無償化、町では批判の声もあり、国民年金、厚生年金からの徴収で対応する、保育所を作り、社会全体で負担と言うものの、子供のいない世帯や高齢者の反発もあり得て、これについて二木さん、教育無償化、子どもは誰のものか、民主党政権での子供手当、当時の野党の自民党は反対しても、子育て支援について、教育国債を出すのが自民党の方向で、これに対して進次郎氏らは、子どもは社会のものであり、現役世代が削りながら育てるというもので、政策は変わり、しかしこども保険は実現の可能性はなく、自民の主流はこども国債で、若い世代の支持が進次郎氏らにないと言われました。

 

千葉での幼女の遺体が見つかった事件、ネットに不審な書き込みがあり、警察が調べており、発見現場から離れたところで衣服、ランドセルが見つかり、警察は証拠隠滅と見て、そしてネットに、用水路に女児の遺体と、女児が行方不明になってから書き込みがあり、遺体発見の少し前にも別の掲示板に書き込みがあり、事件との関連性、千葉と茨城の境界で遺体が発見、書き込みと事件の関連性、行方不明の13時間後の書き込みで、捜索の段階で用水路とあり、その後また用水路と書き込みされて、40分後に遺体発見、行方不明の前から誘拐などの書き込みがあり、幼女も不審な人物を見ており、二木さん、ネットの書き込みと犯行の関係、土地勘のある人間、このあたりに住んでいる人間と思われて、また書き込みには放送できないエゲツナイことが書かれて、これはいたずらではなく犯人の可能性があり、犯人は捕まりたくないが誰かに知らせたい顕示欲があり、誰が書き込んだか調べられて、捜査はしっかりしてほしいと言われました。

 

本日の気になる新聞記事、読売37面の記事、受信料19億東横インに支払えとの命令、受信料は免除できずとの判決で、二木さん、満室にならず2割でいいはならず、放送法だと受信機があると払わざるを得ず、しかしNHKのネット配信は無料でおかしいと言われて、朝日12面の記事、国連の核兵器禁止条約交渉で日本が会議をボイコットしたら折り鶴がおかれて、あなたに来てほしい、二木さん、岸田外相は広島の出身、核保有国とそれ以外の橋渡しをすると言っていたのに、と指摘されて、読売37面の記事で、PL学園が選手不在で高野連から脱退、数々の名選手を出した学校で、甲子園で何度も優勝して、二木さん、暴力事件を起こしたのでこの措置は妥当だが、またPLの甲子園での活躍を見たいと言われました。以上、二木さんのお話でした。

 

 

 

Click here to Reply or Forward

14.3 GB (95%) of 15 GB used

Manage

TermsPrivacy

Last account activity: 15 minutes ago

Details

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: