Global Ethics


【書評】「秘密保護法」生まれた背景も by limitlesslife

【書評】「秘密保護法」生まれた背景も

山岡淳一郎 (ノンフィクション作家) 本紙書評委員

2013年6月、米中央情報局(CIA)の元職員
エドワード・スノーデン氏は、英字紙上で米国家安全保障局
(NSA)が通信会社を介して世界的に盗聴をしている事実を告発した。
米政府はスノーデン氏のパスポートを無効にし、
彼は航空機の乗り継ぎ先のモスクワ空港にとどまった。

16年、著者の小笠原氏は留学先のカナダの大学で
ビデオ回線を使ってスノーデン氏にインタビューを行う。
本書は、その記録集だ。
前半の著者個人史は冗長だが、スノーデン氏の話は驚きの連続。
日本政府の米国への隷属ぶりには愕然(がくぜん)とする。

例えば、スノーデン氏は09年頃、東京市福生市の米空軍横田基地で
中国のハッキング対策に携わっていた。
そこに「日本側のパートナー(自衛隊の諜報(ちょうほう)機関員?)
が来ては米側のスパイ活動で得た情報をほしい、とねだる。
スノーデン氏らは日本の法律が望ましい形ではないので渡せない、
とじらす。
そして「もう少し小粒で別の情報で役に立ちそうなものを差し上げましょう」
「もしあなた方が法律を変えたなら、もっと機密性の高い情報も共有できます」
と誘う。
こうして生まれた法律が「特定秘密保護法」だと言う。

自国の法律が他国の軍事組織に仕切られて喜ぶ政府とは一体何者なのか。
この法律で政府が指定した「特定秘密」を公務員が漏らすと
最長で懲役10年の縛りがかかった。
つまり盗んだ情報を囲う柵ができた。
さらに昨年、通信傍受法が改正され、警察の盗聴捜査の枠が広がる。
今国会では、政府・与党が「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ
大幅な法改正を行おうとしている。

この間に、機密情報公開サイトのウィキリークスが
「ターゲット・トーキョー」と題して、NSAが経済産業省や
財務省、商社などの電話盗聴をしていたと暴く。
が、安倍首相は怒るふうでもなかった。
米国に監視されつつ国民を監視して情報を献上する。

かつて黒人詩人、リロイ・ジョーンズは
「現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱の紐(ひも)
を巻き付ける」と書いた。
愛国の二文字がむなしい。

「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」 小笠原 みどり著
(毎日新聞出版、1521円)

著者は1970年、横浜市生まれ。ジャーナリスト。
朝日新聞記者を経てフリーに。カナダ・クイーンズ大博士課程在籍。

信濃毎日新聞 2017年4月30日

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

———————————————————————-

Advertisements


テロ等準備罪は「憲法違反」・ 私たちは『監視と密告社会』を拒否します by limitlesslife
April 30, 2017, 9:19 am
Filed under: アベノミス, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)

(情報記載・一部再掲 石垣)

テロ等準備罪は「憲法違反」

私たちは『監視と密告社会』を拒否します

 

 メーデー5月1日(月)全労連系・全労協系各地 

 

(万国労働者は団結せよ・次年度は連合・全労連・全労協系の統一メーデーを)

 

◆5月3日 憲法集会

場所:有明防災公園 りんかい線・国際展示場下車・

ゆりかもめ有明下車
主催:5.3憲法集会実行委員会
集会内容: ※変更・追加がありますので、ご確認をお願いします。
11時30分~ ブース・イベント広場:
親子憲法ひろば/出店ブース/ミニSL
12時~ プレコンサート:
ユキヒロ/佐々木祐滋
【みんなでつくるステージ企画】「HEIWAの鐘」をユキヒロと一緒に歌おう
13時~ 集会: ※司会:橋本美香(制服向上委員会)
政党あいさつ:民進党、共産党、社民党、自由党、沖縄の風(予定) スピーチ:(五十音順)
池内了(名古屋大学名誉教授、世界平和アピール7人委員会)
/伊藤真(弁護士、伊藤塾塾長)
/植野妙実子(中央大学教授・憲法学)
/落合恵子(作家)
/坂手洋二(劇作家、演出家、燐光群主宰、日本劇作家協会前会長)
/ピーコ(ファッション評論家、シャンソン歌手)
/山田火砂子(映画監督)
特別ゲスト:李泰鎬(朴槿恵退陣緊急国民行動、参与連帯政策委員長)
14時45分~ クロージングコンサート:
制服向上委員会/中川五郎/PANTA
パレード: ※調整中

————————————————————
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
http://web-saiyuki.net/kenpoh/
憲法審査会傍聴備忘録
http://web-saiyuki.net/kenpou/

 

 



ネットワーク1・17(2017/4/30) 子供と一緒においしい防災 西谷真弓さんのお話 by limitlesslife
April 30, 2017, 6:28 am
Filed under: Uncategorized

 

永岡です、第1064回ネットワーク1・17、今週もMBSアナウンサーの千葉猛さんと、フリーアナウンサーの野村朋未さんの司会で放送されました。

東日本大震災の復興大臣今村氏の失言での辞任で、東北で良かった、首都圏に近かったら被害も大きいという暴言であり、復興の責任者としてあり得ず、千葉さんは東北出身で差別を感じて、総理が復興が最優先というなら、こんな人物を選ぶべきではなく、福島の自主避難者を自己責任と言い、野村さん大臣の辞任だけで済まない、千葉さん、政府は復興に取り組む気があるのかと怒られて、野村さん、政府は被災地を訪問しても、現地に住んで状況を知るべき、千葉さんは省庁を被災地に置くべき、総理が復興大臣を兼務するなどすべき、「行動で被災地を配慮すべき」と言われました。

5月5日はこどもの日、先月発足したばかりの一般社団法人「おいしい防災塾」(FBはhttps://www.facebook.com/oishi.bosai/ )、代表の西谷真弓さん、阪神・淡路大震災の時は避難所の子供たちの止めに移動式の駄菓子屋を開かれて、親子防災リュックを開発、その西谷さんのお話です。

子供と一緒においしい防災、西谷さんスタジオでのお話で、お菓子を持参されて、子どもが大好きなお菓子を使って、知らず知らずのうちに防災を学ぶもの、お菓子ポシェット、子どもと保護者が作り、子どもの好きなお菓子がポシェット、リュックになり、どうやって作るか?野村さんは4/22の神戸市内でのお菓子ポシェットの講習会に行かれて、子供たちがお菓子を選び、お菓子、ビニール袋の置いてあるテーブルで、お菓子が外から見えるのがミソで、小袋のスナック菓子を並べて本体、肩掛けは飴を使い、ゴボウの入っている袋に飴、金平糖を入れて、大人も対応できる長さにして、お菓子が本体の紐になり、色画用紙でポシェットの蓋にして、飴を使ってやるもので、ポシェットとしてものも入れられて、写真を入れたい、避難所ではぐれても子供が保護者を探せるものであり、自分の好きなお菓子を選んで、番組で3分クッキングのBGMが流れて、小袋のスナックなどを入れており、A4くらいのビニール袋に飴を詰めて、みんなで作れるものであり、外から見えて、西谷さん、お菓子による防災の意味は、子どもの好きなもの、さらに、阪神・淡路大震災時に子供がしょんぼりして、騒ぐと怒られる子供たちに、周りが守ってくれないなら、何かいると、お菓子、軽トラを借りて移動駄菓子屋を、子どもの集まる路地などに入れて、おばちゃん来たよと、子供たちが100円玉で喜んで、西谷さんも元気をもらい、50歳を目前に、お菓子によるリュック、阪神・淡路大震災の際には、皆さんリュックを持ち、両手の使えるリュック、ショルダーバッグ、セカンドバッグはダメ、3日間使えるお菓子を、として、しかし避難所では食事も足りず、阪神・淡路大震災の時は寒く、おにぎりも冷たくて、子どもも食べても満足できず、食べないを子供を選択して、西谷さんも母親で、お菓子は心の栄養、エネルギーであり、疲れたら甘いものを食べるなどになり、東日本大震災、熊本大地震でも千葉さんお菓子を持って行って大人にも喜ばれて、子供たちが興味を引くように、子供たちがこれを食べたいと言うもので、野村さんも娘さんが注目するものであり、今食べたらダメ、災害時に食べるものと説明して、子どもが関心を持つ→食料の来ないときに使う→避難所の説明になり、西谷さんも避難所のことを知らず、しかしこうして子供が避難所のことを調べるようになり、家族全員が避難所のことを知り、尋ねられる→教える、夫には自分で調べてが、子どもには教えて、防災ポシェット作りに参加した親子に野村さんインタビューされて、2歳と6歳のお子さんと参加された方、真剣な取り組みがあり、4歳のお子さんを連れたお母さん、楽しんで防災を学べた、お子さんも地震、火事の際に大事なものを入れる、お母さんも助かるのとの声があり、5歳の女の子は、作って自分の部屋に置くものであり、自分で作る→愛着であり、有意義なイベンドで、お菓子には賞味期限があり、家で食べて、災害のない時はそうして使えて、災害のない時は幸せだと再確認する日であり、子どもにはうれしい日であり、笑ってお菓子を食べるのは有意義な日ではある。

日付を、ポシェットのところに書いて、お菓子で防災はすごいと千葉さん言われて、西谷さん、子どもと防災、しなければならないより、楽しいこと、子どもの好きなことであり、最初の一歩として防災について考えるものであり、西谷さん3人のお子さんがいて、子供たちの反応もわかり、今後、万一の場合は避難所で子供の笑顔を守り、日時のことが大事と伝えたく、野村さん、おばあちゃん世代も参加して、孫と話ながら作業して、助け合いが出来て、コミニュケーションにも役立つと言われて、西谷さん、それで会話になり、発展すると言われて、そしてリスナーでこれに参加したい方は、西谷さんに連絡されたら、イベントは市役所、子育て団体のことでやり、西谷さんの連絡先はネットワーク1・17のHP(http://www.mbs1179.com/117/ )にも載ります、以上、西谷さんのお話でした。

リスナーより、先週のバリアフリー仮設の話の有意義さ、実生活の不自由さなどへの言及もありました。以上、今週のネットワーク1・17でした。

 



NHK「憲法」世論調査 by limitlesslife
重複ご容赦下さい。
****************************
近藤ゆり子 k-yuriko@octn.jp
****************************
午後7時のNHKニュース。
憲法問題世論調査結果。
3月、全国の18歳以上の4800人を対象に
個人面接方式。55.1%にあたる2643人から回答。
・前回、調査より大幅に「憲法改正必要ない」増えた。
アメリカの同時多発テロ事件の翌年の前回2002年は58%に上りましたが、今回の調査では前回を15ポイント下回りました。「改正する必要はないと思う」と答えた人は、前回より11ポイント増えました。
・9条改正「必要」25% 「必要ない」57%
・憲法9条が日本の安全と平和にどの程度役に立っていると思うか?
「非常に役に立っている」が29%、
「ある程度役に立っている」が53%で、
これまでの調査の中で「役に立っている」と答えた人が初めて8割(82%)を超えました。
以下、2人の学者の意見など、ぜひ、全文をご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NHK
日本国憲法 70年 みんなの憲法
憲法についての最新ニュースや国会議論、基礎知識を分かりやすく解説。
最新2017年の世論調査の概要も掲載。


疑惑まみれなのに笑顔で連休外遊に同行 昭恵夫人を見る目 by limitlesslife
首相にくっついて笑顔で外遊(C)共同通信社
首相にくっついて笑顔で外遊(C)共同通信社
拡大する

 北朝鮮の脅威を煽り立てて国民の目をそらし、幕引きにするシナリオは通用しそうにない。安倍政権が必死で沈静化をはかってきた森友学園問題が再燃している。

28日は、森友学園の籠池泰典前理事長が久々にメディアの前に登場した。民進党のヒアリングに出席するため、上京してきたのだ。

ヒアリングでは、安倍首相や昭恵夫人との関わりについて、新たに詳細な証言が飛び出した。小学校建設計画を真っ先に相談した相手は「尊敬する安倍晋三首相のご夫人、昭恵先生だった」こと。昭恵夫人と都内のホテルで初めて会った時に「何かすることはありますか」と言ってもらい、うれしかったこと。その際には、安倍晋三事務所の秘書を帯同していたこと。最初に塚本幼稚園で昭恵夫人が講演した日に豊中の小学校建設用地に案内したこと。その後も財務省との土地交渉の内容を「適時報告」していたこと……。籠池氏サイドと昭恵夫人との電話のやりとりは「数えきれないほど」だったという。

 昨年3月、籠池氏が財務省の国有財産審理室・田村嘉啓室長と面会した際の音声データも出てきた。籠池氏が録音していたものだ。

「昭恵夫人の方からも、たしか聞いてもらったこともあると思いますけど」

「棟上げ式に首相夫人が来られて餅をまくことになっている」

「今回はやっぱりね、これは、あの方自身が愚弄されてると思ったから、僕、来たんです。これはアカンと。こんなことしてたら大変なことになるなあと思いまして」

籠池氏が愚弄されたと言う「あの方」が、安倍本人なのか昭恵夫人なのかは分からないが、とにかく籠池氏は首相夫人の名前を連発して対応を迫り、財務省側は一連の土地取引は「特例」と表現している。

■税金を使って「逃避外遊」の厚顔

財務省の田村室長は、問題になった“口利きファクス”で、昭恵夫人付職員の谷査恵子氏が照会し、丁寧な回答を得た人物だ。このファクスが籠池氏に届いたのが2015年11月。翌年3月に田村室長と面会し、その9日後に森友学園は土地の購入を申し入れた。それから3カ月で、鑑定価格の9割引きという破格の売買契約が結ばれたのだ。籠池氏が言うところの「神風が吹いた」。

昭恵夫人の存在が、財務省の判断に影響したのは間違いないだろう。問題は、昭恵夫人がどこまで直接的に働きかけたのか、あるいは安倍本人の関与はなかったのかということだ。国民の多くが納得していない不可解な土地取引の疑惑解明には、ここをハッキリさせる必要がある。

ところが、「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」とタンカを切った当の安倍と昭恵夫人は、笑顔で外遊に出かけてしまった。

「昭恵夫人に対する疑念に、まだ本人の口から何も説明されていません。しばらく雲隠れしていたと思ったら、イケシャーシャーと公務に復帰という厚顔には怒りを覚えます。その訪ロ、訪英だって、いま行く必要があるのかどうか。北朝鮮の脅威を政府がさんざん煽っておいて、もし何かあった場合、英国から帰国するのに十数時間かかるのです。国のトップとして、あまりに無責任な態度だし、森友問題から逃げるためとしか思えません。それも、国民の税金を使っての逃避外遊ですよ。これでもまだ『昭恵夫人は私人』などというフザケた言い訳で逃げるつもりなのでしょうか」(政治評論家・本澤二郎氏)

「任命責任」も「説明責任」も口だけの軽さ

もっとも、この政権の無責任体質は、今に始まったことではない。

東日本大震災が「東北でよかった」と発言した今村前復興相が26日、更迭された。安倍は「任命責任は私にある」と言ったが、「言うだけ」なのだ。これまでも、閣僚が不祥事で辞任するたび「任命責任は私にある」。それでオシマイ。国民に謝罪と言いながら、頭も下げない。

「潔い姿勢を見せるために『任命責任』に言及しているだけだからでしょう。自分に非があるとは思っていないのです。説明責任にしてもそうで、安倍首相はよく『説明責任を果たす』と言うけれど、いつも口先だけ。国民の疑念や不安に対して、説明を尽くしたことはない。政治家の『責任』がすっかり軽くなってしまいました。大臣の問題発言も、撤回・謝罪で“なかったこと”にされてしまう。これほど自分たちの言葉に責任を取らない政権は見たことがありませんが、国民の側も、自分たちの不祥事にフタをして不問に付す政権のやり方に慣れっこになり、マヒしているように感じます」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

今村前復興相の暴言辞任で、「そんな(批判する)人は、はじめから排除して(会場に)入れないようにしないといけない」と、メディアに怒りの矛先を向けた二階幹事長の感覚も度し難いが、それに本気で怒らない国民にも問題がある。喉元過ぎれば……で、森友学園問題も忘れられつつあった。

■無責任体質は戦時中から変わらない

「首相の周辺に便宜が図られていた森友学園や加計学園の問題は、内閣が2つ3つ吹っ飛んでもおかしくない疑獄事件なのに、大マスコミは本気で安倍政権と対峙する気概がない。二階幹事長のメディア批判は看過しがたい暴言であり、メディアへの脅しですが、こんなヒドイことを平気で言わせる番記者にも問題があります。疑惑隠しのために官邸が煽る北朝鮮危機に大マスコミが悪ノリの体たらくですから、このままでは、あっという間に6月の会期末を迎え、森友疑獄もウヤムヤ決着にされてしまうでしょう。早くも、森友疑惑で下がった支持率は回復しつつある。国民もあまりに忘れっぽいと言わざるを得ません。ロシアの文豪プーシキンは『来世をわきまえざる教養の低い為政者にリードされる国民は不幸である』という言葉を残しました。まさしく日本の現状を言い得ています。今さえよければいいと、権力を利用して好き放題やっているのが安倍政権です。それをなぜ、国民が黙って許しているのか不思議です」(本澤二郎氏=前出)

国民は自ら考えることを放棄して、お上任せ。政府は自分たちの利権と保身しか頭にない。自民党政権の無責任体質は、戦時中から変わっていないのかもしれない。

東日本大震災の原発事故で誰も責任を取らず、あれだけの被害が出たことをまるで“なかったこと”のように、政府は原発推進にかじを切った。そういう姿勢が、被災地を切り捨てるような今村前復興相の暴言に表れている。

豊洲移転問題にしてもそうだ。有権者が知りたい事実は明らかにされず、誰も責任を取らないまま、一時的には過熱した問題意識も風化されていく。

旧日本軍の戦闘でも、事実を知らされない多くの一般国民が前線に送り込まれ、命を失った。特権階級の人ほど無事に帰還し、あるいは戦地に赴くことさえなかった。そして、上層部は誰も失敗の責任を取らない。A級戦犯容疑者だった岸信介が戦後は首相に上り詰め、その祖父を敬愛する安倍が、秘密保護法や安保法を強行、さらには森友疑惑にフタをして、共謀罪を成立させようともくろんでいる。

責任の所在を曖昧にしたまま、政府の悪行を見逃していれば、そのツケは必ず国民に降りかかってくることを忘れてはならない。

 

■関連記事



共謀罪緊急学習集会のご報告   by limitlesslife
April 29, 2017, 9:56 pm
Filed under: 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)
各位
4・28文団連主催共謀罪緊急学習集会が無事終わりました。
緊急の集会につき人数は40人と少なかったですが中身のある学習集会となりました。
共産党の田村智子副委員長の国会報告とDVD視聴の後、岸松江弁護士のお話が1時間ありました。
その後文団連参加の以下9団体から発言がありました。
安保体制打破新劇人会議
詩人会議
新日本歌人協会
新俳句人連盟
日本のうたごえ全国協議会
日本民主主義文学会
日本映画復興会議
日本美術会
美術家平和会議
当日決議した声明を添付します。
各政党と各マスコミに送りました。
当日の内容につきましては途中からですがtwicas映像があります。
http://twitcasting.tv/kimihikoootsuru
以上です。


核兵器禁止条約関連 声明など by limitlesslife
April 29, 2017, 1:47 pm
Filed under: 核兵器禁止条約, 核兵器不拡散防止協定)

核兵器廃絶日本NGO連絡会のブログに、この間の日本のNGO等から核兵器禁
止条約に関して出された提言や発言、声明等をリストにするページを作りました。
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2017/04/29/nwbt_statements/

どうぞご活用下さい。

—-
川崎哲
Akira Kawasaki
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート
Tel: 03-3363-7561
Fax: 03-3363-7562
kawasaki@peaceboat.gr.jp
http://www.peaceboat.org

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan