Global Ethics


自主避難者の自己責任発言する復興大臣は、直ちに辞任せよ! by limitlesslife
April 6, 2017, 1:20 pm
Filed under: アベノミス, 原発事故・責任・補償
知人友人の皆さんへ
      杉浦公昭
› 平和こそ我が命
自主避難者の自己責任発言する復興大臣は、直ちに辞任せよ!

「自主避難者が福島に帰れないのは本人の責任である」と発言する復興相は、原発を推進してきた歴代保守政権の責任をみじんも感じていない。即刻辞めるべきだ!

                                                                                          杉浦公昭
キャンペーン「復興大臣の辞任を求めます」 に賛同をお願いします!  2,617人の賛同者が必要です!

復興大臣の辞任を求めます

発信者: 今村復興大臣の辞任を求める避難当事者・支援者有志一同

※この署名は、2017年4月5日にキックオフしました。4月6日夕方の復興庁への提出を予定していますが、その後も当面継続予定です。

国の責任を蔑ろにしたあげくの “自主避難は「自己責任」”発言
現在の被害者切り捨て政策を露呈

4月4日の記者会見で、記者から避難者が住宅提供を打ち切られ、困窮していることに対する国の対応を問われた貴職は、避難について自己責任である、裁判でもなんでもやればよい、という趣旨のご発言をなさいました。また、その前段のやりとりで、避難者の対応は福島県がやると、国の責任を放棄するかの発言をされました。

東京電力福島第一原発事故の責任は、国と東京電力にあります。

避難者は、原発事故さえ起らなければ、故郷を離れ、違う土地で苦しい思いをすることもありませんでした。

2012年に制定された、「原発事故子ども・被災者支援法」の中でも、原子力政策を推進してきた国の責任を明記し、被害者が居住・避難・帰還のいずれを選択した場合でも、国が支援を行う旨が書き込まれています。

貴職の発言は、これらを一切無視し、国の責任を放棄し、避難者の想いを踏みにじるものです。

現在まで、復興庁は、住宅提供打ち切りおよびその後の責任を福島県に押し付け、避難者の実情の把握すら行ってきませんでした。

貴職の発言は、復興庁のこうした被害者切り捨て政策の本音がでたものなのでしょうが、原発事故ゆえに故郷を離れたすべての人たちのことを考えると、私たちはこれを許すわけにはいきません。

発言の撤回と謝罪、そして復興大臣を辞任することを求めます。

今村復興大臣の辞任を求める避難当事者・支援者有志一同

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: