Global Ethics


「市民社会が息をする場所を奪われるなら、欧州は黙っていてはいけない」   by limitlesslife
ソロス氏共同創設大学「閉鎖」 ハンガリーで法改正 強権批判

写真 4日、ブダペストの「中央ヨーロッパ大学」前で、
同大閉鎖に向けた法改正に抗議する人たち(AP=共同)

【ウィーン共同】 ハンガリー議会は6日までに、
同国出身でリベラルな発言を続ける米著名投資家の大富豪
ジョージ・ソロス氏が共同創設した「中央ヨーロッパ大学」の閉鎖
に向け、オルバン首相が進める教育関連の改正法案を可決した。
AP通信などが伝えた。
米政府やノーベル賞受賞者らが可決回避を求めていた。
政権の強硬な手法に国際的な批判が集まりそうだ。

同大学は冷戦終結後の1991年に設立され、
93年から首都ブダペストにキャンパスを置き、
計約1400人が在学。
運営組織は米ニューヨーク州にあり、外国の大学とみなされている。

共産政権下の反体制派だったオルバン氏はソロス氏の団体の奨学金
を得て米国に留学したが、政界進出後に保守化した。

オルバン政権は、対立する左派の野党が
外国資本家の支援を受けていると非難。
ソロス氏を「非愛国者」と呼んで対立し、同氏の関連団体について
「市民を装うスパイ組織」で政府を攻撃していると訴えている。

改正法は外国の大学について、母国にもキャンパスを設置することが
必要で、ハンガリーと母国の政府が協定に署名しなければ
学位を授与できないと規定。
中央ヨーロッパ大学は、ブダペスト以外にキャンパスがなく、
このままだと閉鎖される。

同大学は4日、「学問の自由を危険にさらす」との声明を発表。
ドイツのシュタインマイヤー大統領は
「市民社会が息をする場所を奪われるなら、欧州は黙っていてはいけない」
と強調した。

(信濃毎日新聞 2017年4月7日)

===

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: