Global Ethics


「病院の世紀」の終焉 by limitlesslife
April 18, 2017, 12:34 pm
Filed under: Uncategorized

99 「病院の世紀」の終焉

厚生労働省は、団塊の世代が「後期高齢者」となる2025年をメドに、高齢者の「尊厳の
保持と自立生活の支援」を目的に、「地域包括ケアシステム」の構築を推進している。
厚労省のいう地域包括ケアシステムとは、人びとが可能な限り住み慣れた地域で、自分
らしい暮らしを人生の最期まで続けられるよう、医療と介護、福祉をつなぐイメージだ

地域医療の現場にいれば、高齢者医療が「治療優先」の「死を敵とする」病院中心主義
では成り立たないことは誰でも分かる。介護や生活の支援こそが「その人らしい」生活
を送ってもらううえで重要であり、医師はケアのコーディネーター役を担う。

2010年に出版された『病院の世紀の理論』(猪飼周平著、有斐閣)は、地域包括ケアが
求められる必然性を、治療とそれを支える医学への全幅の信頼に依拠した「病院の世紀
」の終焉、新たな時代の始まりと位置付けている。いろいろな意味で野心的な著作だ。

「現在、各国の医療システムは徐々にではあるが確実に、健康戦略を担う中核システム
から、予防・医療・介護・居住など生活の質=健康を決定するいくつものサービスから
なる大きなネットワークの結び目の1つとしてのサブシステムへと後退しつつある」(
同書51ページ)と著者はとらえる。

そして、歴史的な検証をしたうえで、地域包括ケアが求められる理由として、生活の質
(QOL)を重視した「新しい健康」への一般的ニーズの高まりと、医療技術の高度化自
体が濃厚な治療を優先して短期入院で患者を地域に戻すことを挙げる。解説としては当
を得ているだろう。

ただ、そこに至る医療の歴史認識で、違和感を覚える部分もあった。現代日本医療史研
究の泰斗である川上武らの「医療の社会化」や「自由開業医制度」に関する言説を「事
実誤認」とし、「歪んだ描かれ方」として退けている点だ。

1920~30年代、日本全国に「無医村」が増え、農山村の医療は街に比べて極めて手薄だ
った。医療利用組合の運動家らは、医師たちが「営利性の増大」のために農村医療を放
棄したと批判した。つまり金を求めて医者が街へ出た、ととらえた。川上武はそうした
運動家たちの主張を理論付けた。

これに対し、著者は当時の内務省などの資料を丹念に調べ、町村部でもある程度広域的
に医師が確保されていたと指摘。医師の都市志向は勤務医の増加で強まったと反論し、
無医村が増えたのは古い世代の村医者(漢方医など)が減ったことが直接的な原因とみ
なし、自由開業医制度による営利目的の農村放棄説は誤り、と結論づける。

本当にそうなのだろうか。本書の資料の読み取り方を、川上武の薫陶を受けた人たちは
どうとらえているのだろう。それと、マクロ的なデータ処理では、村のミクロな、つま
りローカルな医療現場に蓄積されてきた人びとの医師への思い、関係性の物語は解読で
きない気もする。現場の医師としては、そちらの思いが強い。そうした違和感はあるに
しても、医療を供給するシステムの側から歴史をとらえ直した点で、本書は一読に値す
ると感じた。

日経メディカル 2014年8月26日 色平哲郎

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/irohira/201408/538028.html

=========

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: