Global Ethics


災害にまけずに戻れ!サケの群れ by limitlesslife
April 21, 2017, 12:50 pm
Filed under: Uncategorized
知人友人の皆さんへ
      杉浦公昭
 東北の大地震災害に立ち向かい、サケのふ化事業を復活する人々の努力に感動して、
一文を認めてみました。(2017年3月30日福島県の木戸川にサケが放されました)。
平和こそ我が命

 

2017年04月20日

 災害にまけずに戻れ!サケの群れ
             日本科学者会議埼玉支部代表幹事 
             入間川にサケを放す会顧問 杉浦公昭

サケばかりでなく、人間も災害に負けずにふる里に戻って欲しいとの願いを表したつもりです。


2017年3月30日、福島県の木戸川にサケの稚魚を放す

       こどもたち=楢葉町前原で(毎日新聞より)                              
 しかし、サケは地震や津波と言った自然の急変に対して強いばかりか、放射能汚染といった人工的な自然破壊に対しても比較的に強いことが分かります。

それは、放射性物質で汚染した池や川に住む淡水魚と違い、川から海に出て北の海に行き、放射性物質による汚染が比較的少ない食べ物を食べて長い時間を過ごし、大きくなって帰ってくるからです。


誇らしげに戻ったサケを示す木戸川漁協の鈴木ふ化場長( 福島中央テレビより)

人間は地震や津波に弱いばかりか、放射能汚染にも弱く、例え一時は家や庭などを除染できても、周囲の環境から再汚染し、決して人体への被曝を無くすことはできていません。

そこで、汚染の高い地域から低い地域へ逃げ、ふる里への帰還は、自然の長期の雨などの洗浄効果を待つしか方法がない状態です。

人間の放射能の被曝基準を緩めて汚染地への帰還を薦める安倍政権の政策は、人間の長期の体内被曝による疾病、死亡に至る有意な確率を無視した棄民政策と言わざるを得ません。

人間をふる里へ戻すには、原発の安全神話や新しい安全神話と絶縁し、再稼働をやめ、自然エネルギーに切り替える方法、即ち人間と自然との共生の道しかないようです。

ふる里の川にサケを呼び戻す人々の営みは、持続的な発展が望める人間と自然との共生の道でもあります。


            メス一匹から約3000個の卵を取り出す木戸川漁協の鈴木ふ化場長                                                               ( 毎日新聞より)

皆さん!    今後、自然災害も核による人工災害も克服して、豊かな自然と調和した持続的に発展する社会を築いて行こうではありませんか?

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: