Global Ethics


毎日放送ちちんぷいぷい(2017/4/25)&デイ・キャッチ! 李相哲 高英起 北朝鮮のこと、アメリカと中国との関係を語る by limitlesslife

北朝鮮は核実験を5回やっても、米韓軍事演習時にやったことはないとヤマヒロさん言われて、李さん、核実験は3年おきにやっており、1回やって成果を確認、しかし去年は2度やり、ロケット発射も年に2度→6度で、李さん、北朝鮮はこの状態で収束して、アメリカや中国と折り合いを付けるものであり、実戦配備は、核保有国として認められたい→韓国の上に立つことが出来て、しかしアメリカはそれを認めず、トランプ氏は実戦配備をさせないために、プレッシャーをかけている。 永岡です、北朝鮮情勢について、テレビは今朝からヒステリックに報じており、その中で比較的冷静なことをやっている、毎日放送のちちんぷいぷい、北朝鮮に詳しい龍谷大学の李相哲さんが解説されました。今回は、トランプ大統領の挑発が原因であり、テレビではトランプ氏とASS総理を正義の味方、金正恩氏を悪の存在と描いてるのは問題と思います。

しかし、ご存知のように、北朝鮮軍創建85年でも何もやっておらず、テレビではXデーと言われても、核実験も何もせず、司会のヤマヒロさん、北朝鮮にこんなプレッシャーをかけた大統領はトランプ氏が初めてと言われて、李さん、合唱団などを屋内でやる、大規模な民衆の大会があると指摘されて、それで済ませるか?何もしないことはあり得ず、大規模な軍事訓練をして、大砲300を正恩氏お気に入りの場所でやり、大規模な群衆大会は、危機が最高潮になったら国威発揚のためにやられて、アメリカへのメッセージ&正恩氏への忠誠、昨日は建物の中でやって、国防長官が発言したのみ、党の幹部から軍人が出て、人民軍のトップが出て過激な発言であり、アメリカ本土を狙うとかどぎついことを言い、発言はエスカレートしても、行動はできない、石田英司さん、アメリカ、韓国が準備していないので、北朝鮮は行動を起こさないと言われて、李さん、北朝鮮の言葉は額面通り受け止められ、そしてアメリカの挑発とこのまま続くのか、李さん、毎年同じパターンがあり、今年は特別、アメリカを狙えるICBMが出来たと正恩氏が言っているためで、しかし25日は何かやると思われて、トランプ氏が習近平氏と連携して、25日に何もさせない包囲網であり、核の実戦配備が正恩氏の目的、2018年の予定を前倒しでやっている。

アメリカの対応は、国連安保理の理事をホワイトハウスに招き、李さん、これは前例のないことで、北朝鮮包囲網に正恩氏は参っており、安保理の5か国で、ロシア、中国の反対でアカンであったのに、ロシアと中国もトランプ氏に同意しており、ロシアと中国が賛成したら北朝鮮の味方がいなくなる。

しかし、ロシアは北朝鮮と万景峰号の交易をして、これはロシアがシリア攻撃でアメリカに不満、これはそれへのうっぷん晴らしであり、アメリカの報道声明(安保理決議ではない)に中国は賛成、ロシアは反対であり、北朝鮮は、安保理の決議なしと見ても、トランプ氏単独でやられたら怖い。

トランプ氏はカール・ビンソンを置いて、上智大学の前嶋さんは、情報戦の一環=本気なら隠すとのコメントで、李さん、北朝鮮も先制攻撃したら、アメリカも在韓のアメリカ人を避難させて、まだ先制攻撃はなく、米韓の動きで、どこまでヤバいか?北朝鮮の核実勢配備を止めるためであり、しかし日本も韓国から邦人を引き上げていない。アメリカは先制攻撃はまだしないが、米韓軍事演習のうちは北朝鮮も押さえている。

前嶋さん、アメリカは石炭・石油のエネルギー制裁(北朝鮮の石油価格上昇)、金融制裁、中国に制裁させる、の3点をやろうとしており、李さん、エネルギー制裁はあり得て、北朝鮮はギリギリの線で50~60万トンの石油であり、ロシアからの原油供給もあり、しかしこの規模は不明確で、中国のみの制裁では限度がある。

アメリカも、中国頼みの線があり、李さん、北朝鮮は中国とロシアを利用して、どちらかが離れるともう一方に頼り、冷戦構造のようなもの、北朝鮮・中国・ロシアと、日本、アメリカ・韓国の対立、そして中国抜きで朝鮮半島情勢は動かせず、しかし誰も戦争を望まず、トランプ氏は習近平氏がどこまでやってくれるか、見ている。

アメリカも強いゆさぶりで、北朝鮮の核実験を李さんはいずれやると言われて、それは韓国の大統領選があり、5/9が投票日で、正恩氏は韓国の大統領選に関心を持ち、大統領選の候補討論も正恩氏がチェックして、しかし今核実験をしたら対北朝鮮の厳しいものが当選し、正恩氏は文氏が当選してほしい、文氏は北朝鮮融和の政策で、2007年に国連の投票時に文氏は棄権、文氏が独走→安氏に肉薄されており、韓国の世論は、文氏と安氏は40%で並び、北朝鮮を敵視する勢力と、北朝鮮と話し合うべきの勢力があり、しかし韓国ではこうなったら文氏が圧倒的に不利になると見られても、そうではなく、文氏は国会議員を朴槿恵氏と対立する勢力で、北朝鮮の工作員と見られる勢力もある(石丸次郎さんの見解と異なりますが)、正恩氏は5/9まで核実験をやらず、それ以降の可能性は、5/25、2009年に核実験をした日、6/25の朝鮮戦争勃発の日も候補であり、米韓軍事演習の3~4月に挑発はなく、時期をずらしてであり、Xデーと言う日がいくらでもあるとスタジオで指摘があり、北朝鮮の国民は疲弊して、常に危機を煽らないと団結せず、北朝鮮の人たちは早く戦争になり決着をつけてほしい(要するに、太平洋戦争時の大日本帝国か?)。

北朝鮮に、技術を教えに来たアメリカ人が拘束されて、2009年に核実験→対話の前例があり、アメリカ人女性記者の拘束があり、3~4月に行動、クリントン元大統領が北朝鮮に行き人質を連れて帰り、北朝鮮はアメリカと対話したいと人質を取り、アメリカと交渉したい、であり、しかし民主党政権とトランプ氏は異なり、北朝鮮は2009年のクリントン氏級の来訪を要求しても、トランプ氏はそれに応じず、中国を含めて6か国協議での解決はトランプ氏は認めず、94年にカーター元大統領特使は失敗とトランプ氏は言い、しかし5/9の韓国の大統領選までは核実験はないと、李さん締めくくられました。

 

TBSラジオ、デイ・キャッチ!ではデイリーNKジャパンの高英起さんが北朝鮮の件について、冒頭で報告されて、北朝鮮の過去最大規模の火力演習、高さん、火力訓練は韓国からの情報しかなく、300~400の訪問、正恩氏も現地視察、ソウルに届く長距離砲で、ロケットではなく短距離、飛び道具ではなく通常火力、ドンパチが始まったら戦力になるもので、情報はこれしかなくわからないが、砲弾の発射で正恩氏バンザイ、北朝鮮は11~3月に軍事訓練、今回はそれの一環より、人民軍85年、トランプ氏の軍事的圧力に負けないと国内外にアピールするもので、核実験などをしておらず、ICBMや核実験だとアメリカを刺激して、今回のものを理由にアメリカは手出しでないと見ていると思われて、アメリカ軍の原潜が釜山港に入港して、北朝鮮は警戒しても、アメリカの北朝鮮攻撃は高さん、限りなくゼロ、正恩氏の斬首作戦と言っても、北朝鮮は核を持ち、全面戦争だと、韓国や日本にいるアメリカ人に危害だと、トランプ氏が批判されて史上最低の大統領になり、しかし韓国や日本からアメリカ人の脱出はなく、要するに今はプレッシャーをかけるチキンレース、カール・ビンソンはなかなか来ず、アメリカは軍事行動には出ない。

強啓さん、一触即発かと言われて、高さん、日本海に向けたロケットは日本が標的ではなく、日本だけを標的にせず、いきなり日本のみ標的はなく、日本に発射するのは、アメリカへの挑発で、日本を標的にする理由はなく、在日米軍の基地があったとしても、北朝鮮が日本のみ標的にせず、北朝鮮の対立の相手は韓国とアメリカで、日本は直接の相手ではない、北朝鮮の最も恐れている軍事挑発は起こる可能性はあるか、高さん、煽るつもりはないがゼロではなく、トランプ氏と正恩氏の思惑、戦争はどちらかの判断ミスで起こり得て、トランプ氏が圧力をかけたら正恩氏が音を上げる、その逆→戦争、何らかの小規模な衝突から戦争は危険で、これが危なく、中国の存在があり、中国に一番の冷静さが求められて、アメリカと北朝鮮を丸く収めたいのが習近平氏の意図であり、この問題は日本だけが北朝鮮と対峙しているのではなく、しかし日本も巻き込まれる可能性はあり、ネットだと北朝鮮が日本だけを狙っているとの書き込みがあるが、高さんはそれを否定されました、以上、高さんのお話でした。

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: