Global Ethics


【訃報】矢山有作先生が、約1か月前の3月27日に胃ガンのため逝去されていました。   by limitlesslife
April 27, 2017, 3:48 am
Filed under: 選挙(制度、無効、票格差、・・・)
全国のみなさま
【重複失礼いたします】
岡山の片山です。

元衆議院議員の矢山有作先生が、約1か月前の3月27日に胃ガンのため逝去されていました。
心よりお悔やみを申し上げます。

———————————-
片山貴夫さん

お久しぶりです。

矢山有作さんといえば平和共同候補をめぐって東京で開催された会議で同席させていただいたことを記憶しています。なつかしいといえるほどの時間があれから経ちました。

2007年参院選へ向けて――七夕シンポジウム(上原公子さん、川田悦子さん、斎藤貴男さん、佐高信さん、湯川れい子さん、他)
http://kaze.fm/7_7symposium_call.html

イラク派兵に反対し憲法を生かす候補を共同で当選させる懇談会
http://kyoudoukouho.fc2web.com/320.html

安全保障関連法の成立という追い込まれた状況になってからしか選挙共同に踏み切れなかった政党には反省してもらいたいものですし、運動を成功させることができなかった市民も同様です。

私が「つながろう!ちば6区市民連合」の立ち上げ相談会で、市民はイラク戦争のころから選挙共同を追求してきたとの指摘を呼び掛け文の中に盛り込みたいと指摘したところ、否定的な反応をする方がいました。理由は容易に想像できますが。

皆さん、こちらのビデオはご覧になりましたか。

「つながろう!ちば6区市民連合」発足集会2/5(2017年4月15日、松戸市民会館)

https://youtu.be/rGqJeSFytSM?t=39m2s
https://youtu.be/rGqJeSFytSM?t=53m15s

金野奉晴さんの報告も貴重なのですが、民進党の生方幸生前衆議院議員に噛みついた参加市民の「不規則発言」と生方氏本人の発言、これらに対する周囲の反応を見聞きすると、「野党統一候補」の取り組みは本当に慎重を要するものだと感じずにはいられません。正直、民進党だけではない政党党員の対応に大きな懸念を感じています。市民の要求を強く反映させていくことを基盤にしなければなりません。

少なくとも当時はある意味、この運動が成功していないだけに、「平和共同候補」にはしっかりとした縛りがあったように思いますが、今日の「野党統一候補」は参入の敷居が低い。野党候補なら誰でも、になりかねない危うさがあり、野党間で「忖度」もありそう。私はこの間の選挙でも4野党の一部は大っぴらに批判をしてきました。

矢山有作さん逝去の報を聞いて、昨今の状況に思いが及びました。私からもお悔やみ申し上げます。

太田光征

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: