Global Ethics


朝日放送おはようコール(2017/5/4) 二木啓考が安倍総理の憲法改悪他を語る by limitlesslife

 

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナリストの二木啓考さんでした。

 

今朝の新聞紹介、憲法関係で、昨日は憲法記念日、朝日はASSが2020年までに憲法改悪・施行、毎日は自衛隊を明記、日経も2020年に施行、しかし憲法改悪は国民的議論、読売は元号の手続き、産経は空自の戦闘機が米軍と訓練、トランプ大統領の発言の一方で圧力をかけていることです。

 

その、(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)が憲法記念日に憲法改悪、ビデオメッセージを憲法改悪派の集会に寄せており、満を持しての決意に、東京オリンピックの2020年に施行と言ったこと、ASSの悲願の憲法改悪、9条1,2項を残して自衛隊を明文で入れること、憲法の平和主義の1,2項に(戦争放棄、戦力不保持)自衛隊の新たな条文を入れて、自分の世代で自衛隊が違憲と言われないように、新しい生まれ変わった日本が2020年に施行というものであり、高等教育の無償化も入れて、憲法改悪に維新は賛成、公明は慎重、民進党の中は割れており、他方護憲集会も行われて、2020年に憲法改悪なら、この秋に解散総選挙?2018年の総裁選で再選、2019年の参院選とともに国民投票、自公維で2/3により発議、これについて二木さん、ASSが昨日のビデオメッセージで初めて明言しても、任期から逆算して、二木さんはオヤッと思い、9条の1,2項の戦争放棄と戦力を保持しない→ASSは2項を変えたかったのが、1,2項に自衛隊の条文を入れて、戦争のための戦力ではなく自衛隊は国を守るためのものとして、加憲(公明党の言っていたこと)、高等教育の無償化(維新の言っていたこと)、高校まで、4兆円/年要り、2020年に新憲法というものの、維新は教育無償化に賛成、公明党は加憲、民進党はバラバラ、共産党は反対、最速で今年秋に解散総選挙、2019年にひょっとしたらダブル選挙と国民投票であり、民進党がもっとダメで自公維で3/4取る可能性があり、司会の横山さんも任期に合わせての改憲はおかしいと言われて、二木さん、憲法を変えるのは、今やってほしい政治で7,8番目であると指摘されて(つまり、暮らしを楽にするなどが国民の優先事項)、スタジオでも今までの選挙で憲法改悪が争点にならず自民党が勝ったとの指摘がありました。

 

愛媛県今治市で高齢の女性が殺害された事件、介護施設から自宅に戻ってきたところであり、刺した女は今も逃走中、被害者と面識はなく、遺体に刺し傷があり、先月も事件であり、これについて二木さん、容疑者像がはっきりせず、凶器を現場に残す、高齢者が犠牲で同一犯と思われて、先月と400mしか離れておらず、二木さんの推測で、近隣にお年寄りの住んでいることを知っている、土地勘のある犯人だとしたら、ここに住む高齢者は心配であると言われました。

 

本日の気になる新聞記事、読売6面、カプセルホテル事業、外国人観光客を大阪に呼ぶもので、高級カプセルホテルに関西の鉄道が参入、二木さんカプセルホテルは二段ベッドくらい、しかしカプセルホテルは外国人に受けていると言われました。以上、二木さんのお話でした。


コメント:憲法九条改悪を諦めて自衛隊をそれに加える公明の加憲・維新の高等教育無償化に迎合する憲法改悪宣言で、自分が誰が考えても関係してい(たら辞職すると啖呵を切って)辞職しなければならなくなった森友学園・加計学園問題から国民の眼をそらせるのが第一の目的だろう。自衛隊の戦力は世界上位の戦力で戦力不保持の九条に矛盾しそれを加えるのは客観的に無理(米露中印英仏韓独に次ぐ九位:https://www.msn.com/ja-jp/news/world/日本もランクイン「世界の最強軍事力ランキング2016年版」top40か国/ar-BBqgDzV)、従来の兵器兵員輸送に加え駆けつけ警護・戦艦防護など明らかに戦争放棄に違反する。憲法九条は憲法前文を直接に受けて「戦争の惨禍が国民・全世界の国民に及ばないように戦争・戦力を放棄して(専制・隷従・圧迫・偏狭を除去しようとする)国際社会において名誉ある地位を占めたい」と決意したことの決意・証明を示したものだから、戦力・戦争を可能にする現在の自衛隊戦力・戦争力を九条に加えることはできず、世界の承認は得られない。まして名誉ある地位をしめたいという決意は台無しになり、日本の理想と現実の乖離は世界中の笑いものになる。そもそも九条の改悪は憲法の根幹・世界への宣言を否定・放擲するものであって「和をもって貴しとなす」という大和の国の思想(縁起・共生・平和の東洋・仏教理想)を否定するものであり、到底日本主義・美しい日本と言えるものではない。

憲法前文:

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: