森友学園大阪市)への国有地売却問題で、安倍晋三首相の妻、昭恵氏に付く政府職員は2015年秋、なぜ財務省に問い合わせ、その結果を学園側にファクスしたのか。学園の籠池泰典前理事長が朝日新聞のインタビューで、職員の行為が「昭恵氏の指示だった」との見方を示した。政府のこれまでの説明とは食い違っている。

職員は15年秋、籠池氏の求めで、土地の定期借地契約や、ごみの撤去費用の支払いなどについて財務省に問い合わせ。同年11月に結果を籠池氏にファクスで知らせた。この行為が翌年6月に鑑定価格の1割あまりの値段で結ばれた売買契約に影響を与えたのかが焦点となっている。安倍首相は、国有地の取引について「私も妻も全く関与していない」と説明している。

籠池氏のこれまでの説明では、定期借地契約の期間を延ばせないかと考え、15年10月に昭恵氏の携帯電話に連絡。「ちょっと急ぎます」と留守番電話を入れた。すると、職員から電話があったという。

籠池氏の8日のインタビューでの説明では、職員はこの電話で「お急ぎのようなので連絡をしてほしいということでした」と話したといい、昭恵氏の代わりに連絡してきたと籠池氏は認識したという。

ログイン前の続き籠池氏のこれまでの説明では、この電話で職員から「大切なことなので文書にしてほしい」とも伝えられた。籠池氏は職員あてに文書を郵送したという。

職員からの問い合わせに財務省側で対応したのは国有財産審理室長。これについて職員は「(室長に職場に)わざわざ来て頂いて話を承った」と話したと籠池氏はインタビューで証言した。籠池氏はファクスについて「物事が大きく進み始める、その重要なポイントになったと思う」と述べている。

一方、政府は籠池氏が手紙を職員あてに送付していることから、「職員個人」に照会があったとの認識を示し、「公務員として丁寧に対応したものであるが、職務として行ったものではない」と説明してきた。昭恵氏についても「中身には全く関与していない」と否定している。

首相夫人付職員は「夫人による首相の公務遂行を補助する活動を支援する」のが職務とされる。籠池氏は別の職員に対しても問題発覚後の今年2月の約10日間、電話で毎日、経過報告していたとも証言した。

籠池氏の証言について、朝日新聞は9日、内閣総務官室に取材を申し込んだが、「時間がない」として同日夕までに回答は得られなかった。(岡戸佑樹、伊藤喜之)

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、学園の籠池泰典・前理事長は8日夜、朝日新聞の取材に応じた。約3時間に及んだインタビューの主なやりとりは以下の通り。

――2013年9月、近畿財務局に(国有地に新設予定だった小学校の)設立趣意書を提出する際には校名をどう表記したのか

安倍晋三記念小学校でしたね」

――インパクトがある名前だが、財務局側の反応は

「別に何とも思っていなかったんじゃないですか。そういう雰囲気だった。あえて封じたのかもわからないが、『ああそうか』という感じ」

――なぜ昭恵氏との写真を見せたのか

「(昭恵氏や首相が)それだけ熱心に対応していただいているという証拠付けになる」

「(支援してもらっていると)わかってもらわないとね。ただ空念仏だけでいっていたら、『あいつ、うそついているんじゃないか』と思われる」

安倍晋三記念小学校、(設立趣意書を出した)その時は本当にその名前で行く予定にしていた。14年3月までは。(昭恵氏が)お断りになるまでは」

――14年4月に小学校予定地を視察した際、昭恵氏とどんなやりとりがあったか

「小学校予定地に案内して『(近畿財務局は定期借地を認めようとせず)なかなかディフェンスが強くて』と申し上げた」

「初めのうちのことなので、『まあ、大丈夫ですよ』といっている。僕も。『また、また何か、あれば。そのときはよろしくお願いします』と。家内も横にいたから聞いている。そういういい雰囲気だった」

「そのとき、(昭恵氏が)『これいいですね。田んぼができそうな土地』というから『じゃあ、瑞穂(みずほ)の国ですね』となって、『瑞穂の國記念小學院』となった」

――(財務省との交渉経緯を)昭恵氏に報告していることを近畿財務局の担当者に伝えた際、どんな反応だったか

「(顔や言葉には)出さない。でも『それって何か写真とかあるんですか』と言われたことがある。だから写真を見せてあげた。『これは(近畿財務局の)局長にも見せておかないといかんことなので』と言っていた。『コピーしていいですか』って言うから、『いいよ、構へん』と」

――大阪府の私学審議会で「認可適当」を得るため、誰かに動いてもらったのか

「僕は日本会議の役員だから、そのときから知っている議員がいる。維新も『第二自民党』みたいで抵抗なかった。当時の府会議員、市会議員に大いに動いてもらった」

――学校建設にあたっての資金繰りは

「建物が建てば寄付金が集まると思っていた。(問題が発覚する2月)10日前ぐらいには、地域の人も『はやく寄付させてもらわな』と言っていた。資金的な不安は全然思っていなかった」

――小学校の土地の汚染除去工事費を2千万円水増しして国に請求した疑惑が浮上している

「そんなの全然認識ないよ。ふってわいたような話。全然ないですよ」