Global Ethics


毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/5/11) 谷口真由美 森友学園の問題をうやむやにしてはいけない、世論が見ていれば検察は動く! by limitlesslife

永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大の谷口真由美さんでした。

しゃべりたいんやぁトピックス、今週の谷口さんのお話、1か月ぶりの、今週の森友学園の問題、国会の動きもあり、ここにきて、また動きがくすぶり、籠池氏がインタビュー、国会を傍聴して、今日大阪市の吉村市長が記者会見、森友学園での保育園の保育士不足で、昨日が期限、不足が解消されず、園は非常勤→常勤と説明しても、不十分であり、認可が無理になり閉園になるものであり、現在42人の園児がいて、3人雇い、常勤に切り替えても、採用が内定しても雇用契約書が出されず、問題が起こり辞めた先生もいるが、谷口さん気になるのが、小学校建設で園児、先生の問題だけでなく、前から問題ありと言われていた幼稚園を大阪府がどうして認可したのか、行政がノーチェック、2~3月にメディアに出た問題は、行政が知り立ち入り調査すべきで、森友学園の問題に大阪市、大阪府の責任があり、近畿財務局、国会の問題もあり、籠池氏が国会を傍聴して、ASSは歯切れが悪いと言うが、問題は、財務省は何の資料も出さず、別の話題にみんな忘れてくれと思っている節があるが、国有地が籠池氏にどうして安く払いさげられたのか、籠池氏は近畿財務局に、昭恵氏との3ショット写真を見せて、コピー取って局長に見せた、これは作り話とは思われず、写真もコピーを取る役所が証拠を残さないわけはなく、籠池氏が昭恵氏との写真をなぜコピーしたか、有名人と写真撮るだけの話ではなく、写真を局長に見せたのは問題、近畿財務局は資料を出すべきで、地検特捜部は籠池氏の事情聴取を始めたが、地検特捜部はどこまでグイグイ行くか?注目されたら地検特捜部は頑張るので、市民は忘れてはならず、上泉さん、総理がかかわっていたら辞めると啖呵を切り、そのためかと言われて、谷口さん、究極の忖度をさせた、一国の総理の首がかかっており、政権中枢が関与して、資料がどうやってできるのか、記憶ではなく記録が必要、籠池氏は記録を出しており、裁判では自筆メモが有効になることもあり(ストーカー行為について)、記憶だけでなく、メモは法的に有効で、記録と向き合うのは、何かあったらこうだと突っ込まれるので、役所は記録を残しており、役所は究極の逃げ道を作り、パソコンのデータはあるはずで、消えたならパソコン会社が怒るべき、特捜部は世間が忘れたらとかまいたちさん言われて、谷口さん、世間の関心が高いほど、特捜部は意地もあり、監督のいない試合は手を抜く、裁判もあり、特捜部も注目されていたら何かしないとならず、籠池氏と政治家の関係を語るものであり、上泉さん、世論調査では7割が納得していないと指摘されて、谷口さん、一方的な情報を出すものが私人なら、国会がちゃんとすべき、政治家がかかわり不正、汚職を許してはならないと締めくくられました。以上、今週の谷口さんのお話でした。

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: