Global Ethics


毎日放送VOICE(2017/5/17) 神戸・新長田、深刻な再開発ビルの惨状、アニメストリートの大失敗 by limitlesslife
May 17, 2017, 11:05 pm
Filed under: Uncategorized

 

永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」の注目というコーナーで、神戸新長田のことが取り上げられました。

新長田は、鉄人28号モニュメントを作り、当初は300万人来たのですが、この番組で、報道するラジオのスタッフだった神崎智大記者が取材して、地元の子供たちが遊ぶのみで、ここに観光客は来ていないというのです。

そして、再開発ビルで、アニメ関係で問題、アスタくにづかという再開発ビル群を2700億かけて作っても、ゴーストタウン、ここには大正筋という、震災前は神戸一の繁華街が人もなく、アニメ関係の、神戸アニメストリートを誘致しても、アニソンなどの施設をつっても、最初はアニメのコスプレの方も来ても、すぐに人は来なくなり、今や開店休業状態、置いてあるチラシは神戸のものではなく東京の秋葉原のものであり、その上に金銭トラブル、アニメグッズの会社が出品しても売上金50万円払われず、運営会社の社長は、VOICEの取材に、開始当初から火の車で、人が集まらず、6700万円投じた久元神戸市長は結果的にうまくいかなかったと言い、アニメストリートは6月で閉鎖、三国志テーマにしたところも廃止、ケミカルのメーカーの方も、主要産業が無くなり、大変と言われます。

神戸市、兵庫県の行政機関を入れると言うものの、毎日新聞の与良正男さん、鉄人28号と、アニメのファン層は異なり、契機になるものがなく、聖地にならず、ソフトパワーを求めてやったものの、全国津々浦々の箱物行政に終わったと言われました。

この、新長田は、アニメの聖地と言うものの、アニメに関しては、大阪・日本橋にコスプレ、グッズ、あるいはメイドカフェなどの施設がたくさんあり、東京の秋葉原の小規模なもので、また神戸には、アニメ関係のグッズは三宮のセンタープラザという施設にアニメイトなどのお店が集中しており、センタープラザはアニメのサブカルタウンと呼ばれるほどであり、要するにアニメ関係で新長田に行かないとないものはなく、鉄人28号とは現在のアニメファンの傾向は大きく異なり(横山光輝先生は漫画界の巨匠ですが、いわゆるオタク向けの作品は少ないのです)、他方、新長田はお好み焼き屋さんの密集度が日本一であり、有名店はいつも行列、また喫茶店も神戸で最も多いなどのソフトパワーはあるのに、結局箱物行政に終わってしまい、大正筋商店街は、震災から5年の際には、まさに敗戦後の闇市に近い状態で、こんなところにハコモノを建ててもアカンと容易にわかるのに、結局やってしまい、アニメなどのものでは取り返せなかったわけで、再開発ビルでは管理費を巡る裁判もあり、神戸は、三宮から東は大阪のベッドタウンとして人口も増えているものの、三宮から西、特に長田や、私のいる須磨の南部は人口流出、高齢化が進んで大変です、以上、VOICEの内容でした。

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: