Global Ethics


TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/5/16) 小西克哉 トランプ大統領の終わりの始まりが見えてきた! by limitlesslife
May 17, 2017, 2:02 am
Filed under: トランプ(ドナルド、大統領)

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/5/16) 小西克哉 トランプ大統領の終わりの始まりが見えてきた!

 

永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 火曜日のレギュラーは国際ジャーナリストの小西克哉さんでした。

 

デイキャッチャーズボイス、小西さんも、トランプ政権の終わりの始まりが見えてきた、ホワイトハウスの中身、小西さんトランプ政権が4年持つとは思わず、揮発性の高い灯油をまいており、摩擦で爆発する始末、トランプ氏は爆発しやすく、来年の中間選挙までは何とか持つがその後は分からない、共和党は下院の議席を減らすことになり、トランプ政権の批判、焦燥感がある。

そして、コミー氏解任、ロシアゲート、コミー氏解任は問題になり、全てはタイミングの問題、解雇そのものは違法ではないが、ロシア疑惑追及のための予算をコミー氏が要求して解任、李下に冠を正さずのそのまま、トランプ政権は半年でも、ヒラリー・クリントン氏のメール問題で、コミー氏はトランプ氏勝利の大功労者、クリントン氏敗北のきっかけはコミー氏の行動で、これがなかったらクリントン氏が勝っており、しかしコミー氏は情報を公開してトランプ氏を勝たせて、ところがロシア疑惑の後で即解雇、トランプ氏は2つの過ち、(1)野党の民主党は文句を言わない、民主党はコミー氏を敵視していたから→ところがこれで民主党はトランプ氏を批判、トランプ氏はアメリカが合衆国とわかっているか、ニクソン氏の二の舞、(2)もう一つのミスは、NYTが報じて、トランプ氏はコミー氏と3回会って、トランプ氏は自分が捜査対象か、コミー氏はトランプ氏に忠誠を誓わないなら首、こんなことは習近平氏でも言わない、金正恩氏のレベル、はアメリカ大統領は憲法に従うべきで、しかしトランプ氏は中世の暗黒の発想、忠誠を誓う人間を優遇する、ウォール街、不動産業の発想で、法の支配からはアウト。

この2つのミスだけでなく、機密漏洩事件、ラブロフ氏に会った際に、シリアからの情報を具体的な町の名前も漏らしてしまい、飛行機の中のラップトップコンピューターの禁止、シリアでは、ロシアとアメリカには温度差があり、これを流したら情報源が消される危惧があり、安全保障上大統領の責務が問われて、アメリカは大統領に関して性善説でも、メディアと司法を敵に回したらウォーターゲートの再来、さらに、コミー氏にテープの存在を糺しており、これがあって嘘をついて、もみ消そうとしたら弾劾に値して、これら3つの爆弾があり、ウォーターゲート直前と同じ、当時小西さんアメリカにおられて、政治の話はなく、スキャンダルのみが報じられていたと小西さん締めくくられました。以上、小西さんのお話でした。

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: