Global Ethics


TBSラジオ 荻上チキSESSION-22(2017/5/18) 安田浩一 加計学園問題を語る by limitlesslife
May 19, 2017, 11:44 am
Filed under: アベノミス, 加計学園


https://radiocloud.jp/archive/ss954/
 永岡です、昨夜のTBSラジオの荻上チキSESSION-22、加計学園問題について、52年ぶりの獣医学部の新設に総理の意向はあったのか、民進党は文科省の内部文書をGET、特区制度を利用してのもの、第2の森友学園問題か、ジャーナリストの安田浩一さんを招いて放送されました。

今なら、TBSクラウドで聞けます。

今回、文書と言う証拠が出て、野党は参考人招致を求めてきたが、与党が証人喚問をしないのは総理を侮辱していないからか?安田さん、森友学園問題のはじけた後に、口の堅い官邸、自民党から情報、これは(1)森友学園切りと、(2)違うスキャンダルがあるのでそれを隠すもの、安田さんは本丸が後者の、朝日の報道で判明して、官邸は否定しても、内閣府が獣医学部を求めた圧力、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)は関与していないと言うが、それが覆るものが文書になる。

文書は複数出て、信憑性もあり、2016/11/9の特区の会議に、山本議員が、法改正の要らないものはただちに実現として、内容は獣医学部設置であり、開学せよか、今回の報道で疑惑であり、安田さん、森友学園同様決定プロセスが不透明、昭恵氏の関与、行政が学校認可を速くやって、それの理由が問題なのです。

森友学園問題と似ていて、土地が安い&補助金、ASSと思想的に共感&昭恵氏の関与、他にも獣医学部設置の意向があったのに無視、森友学園も他の音大に売らなかったことも似ており、安田さん、森友学園のはじけた2月直後に語られて、アベ友問題、森友学園は8億の値引、加計学園は37億の市有地をタダで譲渡、森友学園と桁が違い、加計学園の手を上げやすい特区認定、規制緩和が問題、52年間新設の認められなかった獣医学部のことがある。

法的にグレー、アウトなものは、今のところほとんどなく、法的にセーフではあるが、プロセスが問題、縁故主義、身内主義、民主主義は国民主権の中でこれは、権力者が身内を優遇してはならず、天下りも同じ、これからも立法になる可能性があると荻上さん言われて、安田さん、獣医学部の作りやすい環境があり、違法性はないが、加計学園のみ新設がどう認められたか、なのです。

3月に民進党福島氏が追及して、構造改革、規制緩和について糺して、2013年のASS政権の特区で、獣医学部設置をなぜ認めたか、文科省、農水省に問い、役所の答弁は答えになっておらず、福島氏、呆れた、農水省が獣医の需給で反対したと突っ込み、日本全体の獣医師の問題、特区をなぜ変えたか、福島氏が追及して、役人は毎度おなじみ1+1=サルマタ、福島氏、特別な区域のみなぜ認めたか?1校のみ与えられる特典を作り、日本全体の課題をなぜ加計学園のみに適用かと追及しており、荻上さん、2007~2015、構造改革特区、文科省の言うように特定地域の活性化のための緩和、今治市もしてくれ、獣医学部設置を求めて、しかし15回申請して却下、農水省は、獣医師は足りているのでアカンであり、要らないと農水省が言っていたのに,福島氏の追及に答えず、文科省は国家全体の経済力のために特区と言うもので、なら地域や1校に絞る必要はなく、なぜ加計学園に15回トライしてアカンのが通ったのか?総理の関与が問われて、安田さん、総理の意向が働きやすい環境にあり、第2次ASS政権の戦略、東京、関西など特区、今治市は昨年1月に指定、農水省は獣医が足りているとして、獣医師会も反対して、安田さんもこれを取材されて、国家戦略特区による獣医学部設置は適当でない、一方的に獣医学部設置されたのはおかしいと、これは既得権益を守るのではなく、農水省も獣医の需給の資料を出して、京産大は申請して却下されたが、京都には獣医師は足りず、しかし愛媛は足りていて、決定プロセスに何か介在したと思われる。

獣医師養成に教員を配置ではなく、このような需給の関係があるのです。

続いて、民進党福島氏が文科省を追及して、パブコメの大半が反対、募集は2017年1月、締切はたった1週間、それで大学設置の資料はできず、今治市代表はリクルート事件の関係者、ASSのお友達と追及して、天下りがいる、天下り→加計学園、加計学園の関係学校に昭恵氏が名誉園長、下村氏も関与して、神戸の幼稚園の名誉園長が昭恵氏、森友学園の名誉園長の2週間後になっており、今治市の土地36億の無償提供を福島氏は問題にして、制度の抜け穴ではなく、1校しか認められないものを加計学園のために、というもので、総事業費のうち96億の補助金、昭恵氏+天下りがあり、そのような人脈を福島氏が追及して、1週間で手を上げられるのは加計学園のみ、6月に今治市が提案→即加計学園が応募、京産大はこんなことはできず、安田さん、強い政治力が働いた、獣医師の要請に教員も足りず、こんな横暴がなぜ通ったのか?

3月に社民党福島氏と、ASSのやり取り、追及したらASSはヒステリックにブチ切れ、逆ギレであり、印象操作と開き直り、侮辱と恫喝、場合によっては恐喝!これについて福島氏、答えになっていない、加計学園で作りたいのをASSが知っていたか?食事している長年の友人、2016/11/9に国家戦略特区で規制緩和をASSが議長でやり、直後に加計氏と食事したと追及したら、ASSは毎度おなじみブチ切れ、金〇恩氏もトラ〇プ氏も真っ青、働きかけがあったら責任を取ると啖呵を切って、周囲も失笑、ASS政権イメージを落とすためとブチ切れ、福島氏は急スピードでの展開を問題にして、文科省の大臣告示を変えて、獣医学部を作るもの、手を挙げたのは加計学園のみと追及して、ASSはブチ切れ、金正〇氏が、アホが総理の国なら拉致被害者は帰す必要なしと笑うような始末、開き直りで答えにならず、恫喝であり、書き起こし不可能。

ASSの答えは、今治市のみ手を上げて、8日でもOKとASSは言うものの、安田さん、総理の関与が文書にあり、ASSと加計学園の親密な関係をASS本人は言っておらず、しかしこれは大問題。

違法性はないと言いつつ、関係あったらASSは辞めると言い、純度の高い提案は他になかったか、特区指定は適切であったか?加計学園の千葉科学大学に、落選中のASSの友人が採用されて、ASSと加計学園の親しさを見るもので、特区の指定は正しいか?民進党桜井氏の追及、地方の獣医師不足は構造改革でやったらよかった、加計学園はなぜ15回もアウトか?山本農水大臣、答えになっておらず(ヲイ、官僚ども、大臣の答弁を日本語で書け!まあ、日本の「エリート」たちは日本語にならない詭弁を弄するのが得意ですが)、桜井氏、構造改革特区では獣医師は足りていると追及して、農水省はまたぞろ日本語になっておらず(日本語で答弁できないとヤクザも務まらないぞ!(笑))、桜井氏、構造特区になじまないと言うもので加計学園は15回応募してアカンかった理由は答えられず、今回は国を挙げてのもので、ならよりなじまないものです。

桜井氏vsASS、加計学園50年に元総理として挨拶、千葉科学大学でも出席、私立の大学に忙しい総理が行くことが異例で、それについて追及したら、総理としてではないと言い、桜井氏、一民間人と会食しても、加計学園の獣医学部申請に、あまりに近いとあらぬ疑いをかけられると追及して、ASSはそれを考慮して特区は認定しないと言うのです。要請は今治市であり、学校を誘致しようとしていると、それで多くの学校に声をかけているでんでんと言うものであり、桜井氏、獣医師会は学校新設に反対としていると指摘しています。

国家戦略特区は地域ではなく国家の振興というものの、構造特区ではねられて、安田さん、京産大は実績もあり、詳細な資料を出して、獣医師は3万人いて、毎年1000人が資格を取り、加計学園は160人の定員で、大丈夫かと言われて、山本農水大臣も環境が変わったと言うものであり、の、獣医師は足りており、なぜ加計学園か?数を増やしたらいいのではないのです。

3月の参院で、民進党の斎藤氏が山本地方創生大臣を追及して、加計学園以外にも2カ所から提案が出て、なぜ今治市か?と問うと、山本氏、答えになっておらず、斎藤氏、熟度が高いと山本氏が言うものの、特区の資料や内閣府のHPを見て、京産大の申請は21ページの詳細なものであり、京大のIPSともかかわりがあり熟度が高いと思い、今治市から出た獣医学部特区の資料はたった2ページで、空白の四国に作ると言うものの、比較して京産大の方が熟度が高いが、どう議論したかと問うと、山本氏、学校の中でどこまで実現性があるか、京産大は疑問というもので、ワーキンググループも検討しての結果と言うと、斎藤氏、京産大は新設断念と昨年11月にして、獣医学部新設を空白地域にというものであり、しかし11月に諮問会議にて、なぜ空白地域に限るとしたのかと追及して、山本氏、なぜ空白地域にしたか、答えず、どころか日本語になっておらず(ヲイ、大臣!書き起こしするものの身になって答弁しろ!)、斎藤氏、1カ所に限る、獣医学部を出てもなかなか獣医師になれず、新設は認められず、なぜ空白地域に限るのかと追及しています。

荻上さん、獣医学部を新設するのに、学会は反対、空白地域に限る、設置されていないところであり、京都は既存でダメ、合うのは加計学園のみ、しかし民進党の追及でこんなことは1件だけと言われて、安田さん、ASSと加計氏は40年来の友人、ASSが神戸製鋼にいて、加計氏は父の団体に就任して、千葉科学大学の10年でASSが腹心の友と講演して、森友問題とも似て、加計氏はASSの活動の支援者、昭恵氏のミャンマー支援も加計氏が支援、神戸の幼稚園の名誉園長、森友学園の籠池氏も神戸に昭恵氏の関係で行っているものであり、文科省の天下り問題があり、これからどんな資料が出てくるか注目と荻上さん締めくくられました。以上、SESSION-22の内容でした。

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: