Global Ethics


朝日放送ラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です(2017/5/23) 大谷昭宏 豊洲問題、加計学園問題、権力者の問題を語る by limitlesslife

文科省のメモ、菅氏は怪文書と言い、地元の村上議員は本物と言い、大谷さんはコピーを入手して、役人の目も、文体などが役人のものであり、菅氏が怪文書と言ったとたんに朝日新聞が実名を出して怪文書でないとして、情報源はとことん出す興味深いもので、これからも興味津々、文科省は天下りで処分されて、それの意趣返しかと道上さん言われて、大谷さん、今回の情報の出方は文科省の官僚が、天下り問題を起こして、自分たちの天下り先の大学を切られて、法科大学院を作りまくって失敗、文科省の天下りを止められてひどい目、昨日の読売新聞に前事務次官の淫行のことが載り、これは内部の情報で、こんな時に、新設の学部が通り、天下り先を潰されて、の意図、高慢な理想ではなく、下世話なものから出るものであり、下世話だが分かりやすい。 永岡です、朝日放送ラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェストに、ジャーナリストの大谷昭宏さんが出られて、豊洲移転問題、加計学園問題、権力者の意向を忖度するのは当たり前か、について語られました。

このところ様々な問題でASSの好き放題、森友学園、加計学園問題、今治市の特区で新設の認められない獣医学部の設置、理事長はASSの友人、ゴルフもしている仲で、加計学園に土地の無償提供、違法性はなくても、問題は、2005年ごろの小泉内閣の経済、地方の活性化、地方からこんなことをやらせてほしい、酒税を安くしてもらうなどのことがあり、ボトムアップで下からアイデアをもらうものが、ガラリと変わり、ASS内閣の特区は権力者が地方にこれをやれのトップダウン、今治はASS内閣で話→今治市が乗って、獣医学部は過去14回認められなかったものであるのに、15回目でトップダウンで認可されて、37億の土地が提供されて、今時37億の土地を民間会社に出すのか?村上議員はこれで今治市の財政破綻を懸念して、摩訶不思議。

財務省、籠池氏のものは資料が黒塗りで、認可について、資料を廃棄したとして財務省は通ってしまい、籠池氏にも問題はあっても、国会の証人喚問は籠池氏のみはおかしいと道上さん言われて、大谷さん、のり弁、白いところなし、情報公開で出てきたのが黒塗り資料、何の役にも立たず、しかし大事なことは、加計学園もそうで、文科省の認可、ASSの友人&昭恵氏が名誉校長の学校、そして森友学園問題で財務省が忖度して8億値引き、昭恵氏が名誉校長、日本全国、権力者の名前でこんないい思いをするなら、みんなそこにお賽銭を持っていき、これはおかしい、こういうことはあつてはならないと強調されて、健全な社会ではない、おかしいことが通ったらだめであり、加計学園と森友学園の違いは、文科省がブチ切れてまだ資料は出るが、財務省は官邸を守るために動いており、麻生氏が、自分の一声でASSはどうでもなると、権力闘争が中にあり、財務省は麻生氏にゴマすりで出世が決まり、そのために官僚たちは突っ張っている。

道上さん、エリート官僚の問題を問われて、大谷さん、加計学園問題は文科省から資料が出るが、財務省のブロックしている森友学園こじ開けるのは司法の役目であり、アメリカではトランプ大統領がFBI長官を切って、トランプ氏は三権分立を理解していないが、むしろ日本のASSの方が深刻、アメリカは移民の入魂禁止を司法が質したのに、手も足も出せない司法の日本は問題、アメリカを日本人は批判できるのか?大阪地検特捜部は何をしているのか?

さらに、東京都の豊洲市場、有害物質が出て、化学的に根拠があるものより、盛り土の政治的な問題になり、有害物質のことで右往左往して、築地も有害物質が出て、小池都知事の問題、大谷さん、東京のラジオ(くにまるジャパン)を終えて、現地の仲卸の方と会いたく、大谷さんのホテルまで来られて、築地のブランドを残したく、しかし振り回されて、多くの仲卸は築地を守りたいのに、大きな業者の声しか取り上げられず、小池氏は築地を都議選の政争の具にして、これはおかしいと言われて、大谷さんも力になりたいと言われて、豊洲と、築地も米軍基地の後で有害として、歴代東京都知事のツケ、慎太郎氏、猪瀬氏、都庁に少ししか出ず、猪瀬氏は金銭スキャンダル、舛添氏も同じ、大阪もそうで、1000万800万住民の知事の投票は人気投票になり政策なしのツケが、東京も大阪も回っており、道上さん、日本国民はおとなしすぎる、どうしたら止められられるかと言われて、大谷さん、根源は大工事なのに、競争入札で99.9%の入札、100円ものが99円の入札ではなく、何十億のものがこんなことは数学的にあり得ず、最初から暗黒の豊洲移転、事件、都民が大損して、森友学園も、加計学園も私たちが地道にファクトを追っておかしいと指摘すべき、メディアが地をはうような努力をすべきで、そして地検特捜部がなぜ強制捜査しない?権力に託したものをちゃんとさせるべきで、それをしないとアメリカの方がマシと言うしかなく、ここから阪神・巨人戦で阪神が頑張らないといけないのと同じ(笑)と締めくくられました。以上、大谷さんのお話でした。

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: