Global Ethics


朝日放送おはようコール(2017/5/29) 伊藤惇夫が安倍総理の加計学園問題とG7サミット、トランプ大統領のゴタゴタ、規制緩和の問題を語る by limitlesslife

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!news、月曜日のコメンテイターは政治アナリストの伊藤惇夫さんでした。

 

今朝の新聞一面紹介、朝日はISの拠点、菓子工場が武器製造の場になっている、読売は移動革命、毎日は町村総会、議員定数10未満の4割が議会廃止のこと、産経は日本版GPS、日経は配当が5年連続最高です。

 

ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)がG7サミットを終えて帰国、国会で加計学園問題の追及になり、参院で共謀罪の審議に、与野党の対決になり、G7サミットで記者から共謀罪、加計学園問題を追及されてASSは共謀罪で参院でも分かりやすく説明すると言い、加計学園問題には直接言及せず、前川元次官の爆弾発言(総理の意向で捻じ曲げられたとして、文書は確実に存在したという)もあり、総理の外遊中に新たな展開の加計学園問題、蓮舫氏は権力が行政を歪めると批判、今日と明日、ASSも国会に出て、都議選も迫り、野党は加計学園問題集中審議を求めて、与党は共謀罪を通したく、野党は金田法相を追及したく、これについて伊藤さん、都議選の告示まで5日、国会の大幅延長、都議選を超えてというものは、加計学園問題が出て、国会をやったら野党から追及されるので国会延長は小幅に与党はしたく、野党は前川氏の証人喚問を求めて、与党は理由を説明できずに拒否、世論の動向で、前川氏の国会証人喚問を求めたら変わり、ASSと仲の良いものがなぜ優遇されるのか、いつも冷静な菅氏が前川氏の人格攻撃は異常であり、それだけ政権は加計学園問題に焦っており、前川氏という元事務方トップの発言を政府は重く受け止めるべきと言われました。

 

いつもは存在感の薄い日本の安倍総理が、G7サミットで橋渡し役、サミットはトランプ大統領(初の外遊&G7)の登場で混乱、トランプ大統領はイタリアで米軍相手に満足げに演説、主要議題の貿易で関税などアメリカ第一主義、サミット6回目のASSは存在感を見せて、4か国の首脳が初参加、北朝鮮への圧力と言い、北朝鮮問題で資料を用意して新たな脅威と得意げに語り、トランプ大統領が折れて保護主義と闘うとなり、しかしトランプ大統領はG7後の記者会見なし、帰国後はトランプ氏にロシアゲートの追及が待っており、メラニア夫人の関係も?であり、G7でトランプ氏らしさを見せて、ASSとは二人三脚、ASSは北朝鮮が脅威と印象付けるのに成功して、ASSとトランプ氏はファーストネームで呼び合い、自由貿易も温暖化もアメリカファースト、不公正な貿易に報復=関税引き上げ、パリ協定の批准を保留、大統領選時には離脱であり、難民の受け入れはNO、議長国イタリアの提案を一蹴、これについて伊藤さん、呆れられて、G7はアメリカが主導してきたのに突然問題児になり、国内で問題を抱えると外交で成果を上げようとするものであり、トランプ氏もそれ、トランプ氏はロシアゲートで追い詰められる可能性が高く、トランプ氏は経済で成果を上げようとして、ASSはトランプ氏と馬が合うのではなく、経済でアメリカは日本に譲歩を求めて、ASSの外交力は問われる、外交は仲良しでは済まない、トランプ氏とASSは世界から孤立して、ASSのストレス解消は外遊とゴルフ、それも昭恵氏と一緒だとウハウハ、しかし今回のG7は世界を牽引してきたこれらの国はしんどく、中国も参加するG20もあり、ASSはこの中でベテランで、存在感を見せられるかと言われました。

 

来月からのビールの値上げになり、なぜ激安販売がいけないのか、安売りしてもメーカーからスーパーにリベート(販売奨励金)で、中小の酒屋さんが不利になり、酒屋さんは減り、安い店を探すためであり、95年に96000軒あった酒屋さんは20年で半減、自民党が中小の酒屋さんを守るためともいうものの、消費者が安く酒を買うことに支障であり、規制緩和で酒をドラッグストアなどでも売れるようにして、これについて伊藤さん、なぜ酒屋さんのみ救うのか、大型商業施設のために小さい店が潰れて、酒屋さんのみ救うのはおかしく、規制緩和したらこうなるのは分かっており、マッチポンプ、規制は緩和してはいけないものがあると言われました。

 

本日の気になる新聞記事、朝日3面の記事、ASSは戦後3位の在任期間、1982日、小泉氏を抜いて、崩れぬ支持率とあり、しかし支持は少し下がっても不支持は増えず、伊藤さん、安定した政治を国民が求めて、6年で総理が6回変わり経済も停滞して、来年の総裁選でASSが再選されると戦後トップ、しかし政界は一寸先は闇、支持率トップは他にないからであり、野党は頑張るべきと言われて、長期化すると飽きが出ても、これだけ高い支持率を続ける政権はなく、不支持ではなくわからないに流れており、蓮舫氏はいろいろやっても民進党は受け皿にならず、一強は腐敗しても対抗勢力はない、産経3面の記事、SNSでの写真撮影を投稿して裁判にもなり、スタジオでも上げにくいと言われて、伊藤さん、勝手に出してほしくないものだと言われました。以上、伊藤さんのお話でした。

 

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: