Global Ethics


朝日放送キャスト(2017/6/1) 西谷文和 南スーダン報告 550万人が餓死の危機にあり、日本政府はウソをついている! by limitlesslife

永岡です、朝日放送のニュース「キャスト」に、ジャーナリストの西谷文和さんがビデオで出られて、南スーダン報告をされました。現地がどうなっているか、西谷さんの最新の取材で、今年3月、南スーダンPKO撤退をASSが決定、南スーダンは安全と政府が言うのは本当か?現地では子供たちが栄養失調であり、5/27に南スーダンのPKOの陸自最後の舞台が撤退、2015年から派遣されて、道路などのインフラ整備をしても、現地では戦争、7月に政府軍と反政府軍の戦闘と、自衛隊の日誌にも書かれていたのに、ASSは戦闘ではない、衝突と言い、戦争準備法案での部隊を新たに派兵した始末であり、そして、唐突な政府の撤退決定、疑問を抱いた西谷さんは現地に行き、5000人の村、戦闘から逃げてきた人たちが身を寄せて、いつ戦争になってもおかしくないと難民はおびえています。

村から車で15分、PKO部隊の活動していたところ、ジャパニーズロードが、未完成であり、撤退するので道路は完成せず、現地のNGO団体は日本のPKOを見て、道半ばでの撤収、ASSのいう区切りはウソであり、ジュバの難民キャンプに7000人以上いて、医者もいない、病院もない!食糧もない!飢えに苦しみ、7月は食糧がなくなり、550万人が食うに困る!日本政府の伝えなかった南スーダン、危険なのを安全と言い張った政府に、西谷さん疑問と言われて、平和はなく、飢えに苦しみ、その現状、司会の浦川泰幸さん、南スーダンPKOは民主党政権時に派遣、3912人派遣されて、しかし工事は未完成で自衛隊はトンズラ、しかしこの夏に550万人が危機&戦争の危機であり、もっとひどい状況で、しかし去年10月に稲田大臣はわずか7時間で南スーダンは落ち着いていると嘘を言い、現地で命懸けの自衛隊と、防衛大臣の言うことに違い、さらにPKO部隊の日報はないと言ったら、その後出てきて、戦闘があったと書いてあったためで、戦闘を認めたくないから破棄したと稲田大臣は嘯き、さらに9条の問題になるので戦闘と言わなかったこと、ココリコ遠藤さんは、嘘を止めて本当のことを言えと語られて、浦川さん、自衛隊は戦闘の中で大変であったと言われて、大谷昭宏さん、同じ地域の中国も撤退、日報を見たら危険で今日作業できない、どこが安全かと、戦争準備法案の実績つくり、日本政府は南スーダンを実験として、アメリカ軍の補給を今しており、派兵された人たちは実験に使われて、太平洋戦争で敗走を転身と言ったのと同じ、遠藤さんは、国民も気づくべきと言われました。以上、キャストの内容でした。

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: