Global Ethics


毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/6/1) 谷口真由美 加計学園問題を語る 政権は潔白なら証明する責務がある! by limitlesslife
June 1, 2017, 11:48 pm
Filed under: アベノミス, 加計学園

さらに、文科省は国家戦略特区のことに従えとして、前川氏に進めろと、木曽氏の立場で言っていいのか?であり、上泉さん、前川氏に言った言わないは物証が必要と言われて、谷口さん、裁判ではメモは有効であり、ストーカーに追いかけられて、裁判ならメモは有効、官僚のメモは何かあったときに自分を守るために、しらばっくられないために書くものであり、前川氏の実名公開、記者会見があり、野党はここで頑張るべき、野党は国会には調査権がありこれを使うべき、しかし野党の攻め方は本気か?日経のウェブアンケートで、加計学園の政府の説明に納得しないが8割であり、何が起こっているか、政府に説明義務があり、政府にしらばっくれて逃げさせてはならず、もし逃げられたら、日本の行政、官僚のシステムの全否定、前事務次官の個人のものとしてしまうと、行政は信用できないシステムになってしまい、そんな人を任命したのかと言われて、上泉さんも、官房長官は前川氏の人格攻撃として問題と言われて、谷口さん、菅氏の発言は問題で、どちらから情報を見るか、前川氏が地位にしがみついていたのか?前川氏は天下り問題で辞めて、加計学園問題で辞めたのではなく、仕事にプライドを持っていたなら、仕事が歪められて、プライドを持っていた人なら悔しい、出会い系バーのことは、文春に前川氏の発言の裏打ちがあり、潔白を証明すべきは政権、力のある側で、やりたくないからやらないのはおかしく、政権は情報を持ち、それで貶められたら大変と言われて、官僚のヒエラルキーのトップにいた前川氏の発言、あらゆる情報に精通して、前川氏の発言には信頼性はあり、国会に前川氏を呼ぶことに、政府は私人だからと呼ばないというが、なら籠池氏をなぜ呼んだか?教育の問題であり、相手は日本国政府であり、これは政界のスキャンダルではなく、主権者が意識をもって問題と見ないといけないと言われました。以上、今週の谷口さんのお話でした。 永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大学の谷口真由美さんでした。

しゃべりたいんやぁトピックス、今週の谷口さんのお話は、加計学園問題、見えない問題、疑惑がかけられている方が答えるべきなのに、怪文書とか言い、自分に都合の悪いものでも、ちゃんと説明すべき、潔白を証明すべきなのに、これで大丈夫か?先週以降、今週の加計学園、前川氏が記者会見を、先週の谷口さんのお話の頃に、長時間に渡ってやり、前川氏はザ・官僚=メモ魔=記録が残っていないことはない、官僚はメモを残し、誰とどこで会ったかメモするのは官僚の習性、官僚のトップがあそこまでやるのは異例で、菅氏が個人攻撃を感情的にやり、冷たくやる人が前川氏を罵詈雑言、家政婦が見た的には、何かあり、また新しい登場人物、内閣関与の木曽氏が出て、加計学園の学長と内閣の参与をすると、利益供与が疑われて、内閣参与で前川氏に会い、加計学園のことで早く進めろとして、木曽氏は前川氏の3年先輩、会えと言ったら前川氏と会えて、木曽氏はよろしくと言わない方が不自然。

 

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: