Global Ethics


文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ(2017/6/2) 金子勝 三権分立が安倍政権で崩壊、レイプもみ消しの日本の民主主義が崩壊の危機にある! by limitlesslife
June 3, 2017, 12:08 am
Filed under: Uncategorized

共謀罪は野党の審議拒否では止められず、金子さん、山口氏のレイプもみ消し事件が、これは共謀罪につながり、週刊新潮の暴露で、逮捕状取り消しが北村氏、特高警礼賛、ASSに近く、組織対策の部長の中村氏、山口氏はメールを北村氏に送ろうとして新潮に送ってしまい、共謀罪はないことをでっちあげるもので、前川氏の出会い系バーの告発もひどいものであり、室井さん新聞記事にするのはおかしいと言われて、金子さん、レイプもみ消しを一般紙が報じないのはおかしい、逮捕状をもみ消しするのは法治国家ではなく、被害女性が実名で出るのは異例で、日本の社会は前川氏も被害女性も組織に楯突くと人格攻撃されるのはムチャクチャ。 永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日のレギュラーは慶応義塾大学の金子勝さんでした。パートナーは作家の室井佑月さんでした。

大竹紳士交遊録、今週の金子さんのお話、モリとカケ、そばみたい&山口レイプもみ消しで、みんなに徒労感があり、共謀罪も採決されて、普通の人は、自分は鏡を見ないとわからず、アメリカと比較しよう、議会とメディア、裁判所、政治のトップの4つが腐っており、トランプ大統領はパリ協定離脱、トランプ大統領は自国中心、世界と一緒にやるのは止めて、地球温暖化は気にしなくていい、石炭産業のためであり、自国のみ、地球のことは考えない、そしてロシアゲート、日本はメチャクチャ、室井さん、アメリカはCIAが頑張っていると言われて、金子さん、司法はアメリカだと入国禁止令を止めて、ところが日本は甘利氏のスラップ訴訟、森友学園問題の財務省の資料保全を裁判所が却下して、司法が政権を伺い、これはアメリカと異なり、最高裁人事もアメリカは終身に近いが、裁判所はアメリカだと矜持を持っていて、民主主義が成立し、FBIコミー氏が仕事して、NSA、CIAの局長も動き、大統領の弾劾につながる可能性があり、クシュナー氏やコミー氏のことも聞くのに、日本は昭恵氏も前川氏も証人喚問を拒否、議会が機能しておらず、竹下氏は理由がないから証人喚問をしないというものであり、司法も、議会も、行政機関の三権分立はASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権で壊れており、ASSは立法府の長と言い、そしてトランプ大統領をメディアがアメリカで追及して、G7でトランプ大統領は記者会見ができず、追及されるから、しかしASSはNHKの番記者が北朝鮮のことを聞くだけ、産経新聞はASSの提灯持ち、NHKはASS将軍様の言うことを垂れ流すのみ、捜査当局の恣意的なもので共謀罪も一般人に適用されて、ASSは批判に印象操作と言い、NHKは北朝鮮や中国と同じ。

森友学園問題、加計学園問題、レイプもみ消しは糾弾しないと民主主義ではないと、自民党支持者も知るべきで、共謀罪は危険なのに、議論以前の問題で、これでは社会そのものが成り立たず、民主主義の基本が崩壊して、アメリカではトランプ氏に反対のデモもあり、大統領に声を上げる、言いづらくならない、しかし日本だとメディアが忖度してASSを批判しないと言われました。以上、今週の金子さんのお話でした。

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: