Global Ethics


野党に審議ストップなどの戦略を提示されています: 伊藤惇夫がロンドンのテロと加計学園問題での安倍政権のデタラメを語る by limitlesslife
June 5, 2017, 10:24 am
Filed under: アベノミス, 前川喜平(前次官), 加計学園, 国会

 

情報記載石垣

英国の著述家、サミュエル・スマ
イルズ
「世の中に悪が栄えるのは、我々
がノーという勇気を持たないため
である」

石垣敏夫

以下一部転載

伊藤惇夫がロンドンのテロと加計学園問題での安倍政権のデタラメを語る

 

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!

野党に審議ストップなどの戦略を提示されています

 

森友学園問題で活動を控えていた安倍昭恵氏が活動再開、

滋賀での映画でのトークショーであり、会場に市民が集まり、

昭恵氏に抗議、昭恵氏は国会に行けと抗議、

森友学園問題で国会に行かず、昨日のイベントは事件発覚前から決まっていたもので、

昭恵氏は取材を受けず、国会では今日以降加計学園問題が審議されて、

森友学園問題が終わっていないのに活動再開、森友学園問題は終わっておらず、

伊藤さん根本的な疑問、8億の値引きと開校寸前も解明されておらず、

昭恵氏はFBで反論して、伊藤さんも呆れて、

歴代の総理夫人で総理夫人の立場を自覚していない人は初めて、

「総理夫人で民間の学校の名誉校長を引き受けた例はなく」、

一切説明なしで活動再開はおかしいと言われて、そして加計学園問題、

前川氏の告発&文科省のメールが公開されて、菅氏は例により怪文書と言うものの、

前川氏の参考人招致を与党は拒否して、森友学園問題の籠池氏と異なり、

前次官の告発の意味は大きく、菅氏は冷静なのに前川氏のことで

罵詈雑言を言うのは珍しく、これは政権の危機感、前川氏が一人で告発しているのではなく、

文科省の中に安倍政権に批判的な勢力が前川氏をバックアップして、

前川氏も昭恵氏も国会に呼ばず、これは政権のダメージになる、

支持率が下がらないと思っているとしたら問題と言われました。

(加計学園問題、山口氏のレイプもみ消し問題について、

報道するラジオの案内であった平野幸夫さんが、

ブログで、

野党に審議ストップなどの戦略を提示されていますhttp://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12280662684.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-hirano-yukio_12280662684 )

 

本日の気になる新聞記事、加計学園問題で毎日の記事、

農水省は獣医の需要が減る可能性を指摘していたことが分かり、

犬、猫の数が減り、去年9月にも慎重な姿勢で、伊藤さん、

岩盤規制を打破と安倍総理は言うものの、規制をなぜ破るのか?

加計学園の獣医学部の定員は多すぎて問題と言われて、

毎日の2面で、渡辺喜美氏(元みんなの党、今は維新)が

小池氏と連携すべきと言ったこと、伊藤さん、噂で、

小池氏は都議選の後で国政政党を立ち上げて、

それに渡辺氏が参加する可能性がある、怪しいと言われました

。以上、伊藤さんのお話でした。

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: