Global Ethics


TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! 崎山敏也 核施設で被爆事故、それでも高速炉はあきらめないのか? 近藤勝重 加計学園問題、共謀罪、在京某球団の惨状を語る by limitlesslife

 

永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ!昨日茨城の大洗町の核施設での被爆事故について、TBSの核の専門家、崎山敏也さんの報告がありました。 TBSクラウドで公開されています。

https://radiocloud.jp/archive/dc/

被爆事故、5人に放射性物質付着、ウランやプルトニウムの入った袋が破裂!一人は22000ベクレル肺からの検出、原子力機構は部外への影響はないと言うものの、これについて崎山さんのスタジオでの報告で、一人22000ベクレル、これは内部被曝、外部からの放射線ではなく、22000ベクレルの放射性物質が何かが重要で、何ベクレルだけではなく、プルトニウム239!アルファ線を出して内部被曝、アメニシウムもアルファ線で、放置したら1.2シーベルト/年、生死にかかわるもの水準であり、何とかしないとならず、薬剤で体からプルトニウム、アメニシウムを排出させて、取り出せない段階で体を調べるもので、22000ベクレルは内部被曝では前例がなく、強啓さん、マスクはしていなかったかと言われて、崎山さん、半面のマスク、先約も福島でつけられたものの、鼻から入り、防護服は来ていたものの、問題で、物質の化学的性質からある程度輩出できても、微量でも何十年後に影響、今すぐ問題はなくても、数十年後にがんの危惧はある。

日本には核施設は各地にあり、大洗町は特殊な核燃料=高速増殖炉もんじゅ、その手前の常陽(今停止中)、ウラン+プルトニウムの燃料を作り、研究してももんじゅ破綻で、今は燃料保管の倉庫になり、そこでちゃんと保管されているかチェックしている時に、3段階の蓋を開ける際に、中が破裂→核物質破裂、過去にない事故であり、今原因究明中、予期しない事故かは不明なものの、日本原子力研究機構、もんじゅを運営しており、しかしここではもんじゅは管理できないとして、昨年廃炉が決まり、しかし高速増殖炉はまだあきらめておらず、常陽(発電しない)は原子炉の実験に使えなくはない、もんじゅは廃炉でも、国は高速炉、高速中性子を使い、寿命の長い放射性物質を短くする実験をするにしても、天文学的お金が要り、フランスと共同研究でも、目玉の出る請求書がフランスから来るかも知れないのです!以上、崎山さんのお話でした。

(しかし、核物質は危険物で、取扱いには専門の免許のようなものが必要なはずで、私の専門の化学でこんな事故を起こしたら、事業所のトップの責任問題になります(全面マスクなどをしていたら軽微で済んだわけであり、そういう対策をしない時に事故は起こるもので、これは事業所のイロハ、そんなものを知らない連中が核を扱うのは、恐ろしいことです)、しかし今回は原子力開発機構の責任は問われておらず、核は無法地帯です!)

水曜日のレギュラー、毎日新聞の近藤勝重さんで、核事故はニュースランキング2位、1位は加計学園問題、近藤さん、加計学園問題は第3コーナーに入った、最後の勝負と言われて、民進党は国家戦略特区制度廃止の法案を提出、これについて近藤さん、政権サイドは怪文書呼ばわりしている=デタラメ、しかしデタラメの証拠を政権は一つも上げておらず、これは攻めている方が正しい、前川氏の方が正しく、政権がちゃんとしないと、国会が最高の機関でなくなる=与党の党首のためのものになり、国会の私物化の危惧があり、党首の知恵、人格が問われるのに、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)は答えておらず、調べても確認できないというのは、欠陥があることを認めており、しかし民主主義では欠陥を認めて糺すべきなのに、ASS政権は開き直り、異常な状態、これで逃げ切られたら厄介になる、それをASS政権は狙っていると言われました。これから国会の終わる10日間が勝負なのです。

そして、核事故がニュースランキング2位、核物質の貯蔵容器を開けたら破裂、であり、機構は職員の被爆に前例なし、将来の健康問題ありと言い、22000ベクレルの作業員は一番近くにいて、これについて近藤さん、半マスクで吸い込んだこと、規制委員会の田中委員長は慣れで起きたというが、その意味は大きく、慣れとは、イコール安全神話、しかし今回の事件で田中氏が慣れで起きたというものは、人間はマニュアル化しており慣れるので、今後何が起きるかわからず「なぜ再稼働か」、慣れてこんなこと&前例なし→再稼働はムチャクチャな決断で、誰が責任か、福島の犯人は津波ではなく、慣れという田中氏に問い詰めたいと言われました。

共謀罪がニュースランキング3位、法務委員長の解任決議は与党+維新に否決されて、これについて近藤さん、与党は明日から審議再開、ASSがニッポン放送で、不安を広げるために野党はやっていると誹謗中傷しているが、不安を広げるというなら、共謀罪は東京オリンピックのためで、それこそ不安を広げて、招致の際に東京は安全、アンダーコントロールと言ったことの責任をASSは負うべきで、野党は不安を広げるのではなく人権問題として議論しており、このような不安を広げるという言い方が通じるなら、盗聴法により自分の喋ったことが丸裸にされて、人権問題になり、不安を広げるためにこんな法律はやってはならず、ASSの印象操作、東京オリンピック招致こそ印象操作だと言われて、共謀罪なしでオリンピックは開けないと大風呂敷であり、最近ASSは条約でんでんと言わなくなったと指摘されました。

8位が在京某球団の11連敗のことで、球団ワースト記録、75年に長島氏の1年目にこれであり、近藤さんのチェックが入り、専門家の石田さんはいまだに勘違いしている、巨人軍は勝つことが義務付けられていると勘違いして、もっと負けて選手を育てないと弱いチームになると指摘があり、75年の11連敗と大きな違い、75年は9月、最下位になって、青年長島氏は覚悟があり、打たれた新浦投手を使い続けて、翌年につながる光があり、長島氏には育てる覚悟があったが、今の巨人はそんなことなし、我慢が足らず、勝たないといけないではなく、育てることを考えないと選手は育たず、悲惨だと言われて、近藤さん、タイガースは育っていると指摘されて、石田さん、糸井選手や高山選手が育っていると指摘されて、巨人が連敗を止める手立てを強啓さん問われて、石田さん連敗はいつか止まっても、巨人は危機的で、出すものを出さないと、と言われて、近藤さん、トラは暗黒時代を経ていて、星野タイガースに、巨人を宿敵と呼んでいた頃がなつかしい(笑)と言われて、石田さん、キャッチャーの小林を使い続けて、数年後の巨人を支える選手を目先で動かしてはダメ、育てるためにいくら負けても、としないとダメと言われて、強啓さんは野村と比較すると指摘されました。以上、デイ・キャッチ!の内容でした。

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: