Global Ethics


毎日放送ちちんぷいぷい&TBSラジオ デイ・キャッチ!(2017/6/16) 加計学園問題、武田一顯さんのお話 by limitlesslife

 

永岡です、毎日放送のちちんぷいぷいで、毎日特集されている加計学園問題、河田直也さんの司会で、武田一顯さんが出られました。今日が事実上の会期末、武田さんの一句、「出てきたよ!最後の最後に あら不思議」、国会の予算委員会の最後になぜ出てくるのか、であり、武田さんもないとは言えなくなったという文章、ウヤムヤにしたかったと言われて、石田英司さん、文科省に徹夜させたら出てきたと皮肉されて、国民は出来レースと見ると言われて、加計学園文書は、内閣府→文科省に意向の文書はあったのか、松野氏はこれも認めて、役人が言ったとして、山本大臣は発言していない、ASSはスピード感で、というもので、石田さん、二人の発言を聞いたら、文科省の課長クラスが書いたと指摘されて、武田さん、言った言わないの水掛け論、捏造メモを書くなら課長クラスにはなれないと言われて、石田さん、事務次官レベルが意向という場合はあるが、課長クラスではないと言われて、松野氏と山本氏の食い違いは、武田さん、内閣府の言ったことを文科省が勝手に解釈したと山本氏は言い、松野氏は文書があり、課長補佐が言った→言った言わないでぐちゃぐちゃにして終わらせようというものと指摘されて、石田さん、官僚主導→政治主導というものは、官僚に押し付けるものと指摘されて、武田さん、偉い組織では下に責任を取らせて、今回は文科省の課長補佐が半年~1年後にどう左遷されるかと言われて、森友学園でも谷氏が勝手にやったとされて、今回も同じと桂吉弥さん言われて、武田さん、国会でASSも加わりやっているが、内閣府は肝心なところだとないと言い、民進党福山氏は森友学園と同じ、肝心な文書が出てこないと言い、萩生田氏行動、福山氏の追及に、関係ない会合は詳しく言うのに、肝心なことは言わず、福山氏は都合のいいところだけ記憶がなくなると指摘しているのです。

さらに、京都産業大学も獣医学部を作りたく、ない地域に新設を認めると、手書きで加えられたメモが出てきて、広域的=近畿だとすでにあり、四国だとないので加計学園に認めるというものであり、これについて武田さん、意図的に加えられた、山本氏の指示で入れたものであり、加計学園への配慮はあり、萩生田氏vs山本氏のやり合いで、山本氏は会見でも予算委員会でも、藤原審議官の記憶がここだけなく、山本氏が言ったというのが政権の主張で、民進党はそれを嘘まやかしと見て、国民も同じで、しかし国会は今日で終わってしまい、河田さんも受け答えに誠意なし、第3者の調査はできないのかと言われて、武田さん、役所は他人を入れたくなく、企業もであり、しかし役所は今日の答弁で終わりと、国会も終わりにしたかった。

加計学園問題、総理の意向というもの、文科省と内閣府の審議があり、福山氏はASSに前川氏の参考人招致を求めても、ASSは国会で決めると逃げて、石田さん、文書の中身、圧力、忖度が問題で、菅氏も怪文書と言えなくなり、武田さん、今後の加計学園問題について、国会は不思議なものでやっていると白熱しても、国会が閉じられたら落ち着いてしまい、加計学園問題はこれで打ち方止め、自民党には不信感を持たれても、お盆を超えたら日本人は忘れてしまうと締めくくられました。

 

武田さんは、デイ・キャッチ!にも出られて、国会、加計学園問題を語られて、ASSも出た国会の流れ、参院予算委員会ASS出席、最終日に総理出席は珍しく、加計学園問題一色で、ASSが珍しく反省して文書を出すのに時間がかかったと言うものの、しかし時間がかかったことではなく、共産党小池氏が、怪文書、印象操作と言ったことを謝罪しろと突っ込むと、ASSは毎度おなじみ日本語で言わず、小池氏は謝罪しろと憤懣やるかたなく、また文科省→朝日新聞、民進党に出て、菅氏が怪文書呼ばわりしたことを民進党福山氏が追及して、菅氏は怪文書について撤回せず、今の認識でないと逃げて、菅氏は自分も大臣も分からなかったと言い訳、福山氏は前川氏に誹謗中傷したことを追及して、前川氏の言った通り文書はあったと追及しても、時間がかかったことだけ謝罪で、質疑はこれで終わり、衆院は本会議終わり、参院は刑法改正案を本会議でやっておしまいであり、閉会中審査は、衆院で民進党→自民に要請、これが加計学園問題か、他で開かれるのか、都議選が迫り、それにマイナスになる閉会中審査に与党は応じず、強啓さん、内閣府→文科省が見えたかと言われて、武田さん、内閣府と文科省は対立、総理の意向、最高レベルの発言はあっても、メモはあっても発言者の真意は分からず、しかし内閣府は発言を否定して、内閣府と文科省の言った言わないの水掛け論になり、これで与党は幕引きを図っていると指摘されて、武田さん、今国会はASSにとって受難、悪夢の国会、今までは民進党に民主党政権でんでんと言っていたらよかったのが、第2次ASS政権最大の逆風、森友学園、加計学園問題、山口敬之氏のレイプもみ消し問題があり、各大臣は稲田氏の日報隠し、今村氏の失言、共謀罪は金田氏のデタラメで、第2次ASS政権最悪で、ASSが閉じたかった国会で、7月は都議選→次は秋の臨時国会、次は解散総選挙がいつかであり、都議選は自民には厳しく、自民の受け皿になるべきと民進党は苦戦、小池氏も決められず豊洲と築地を決められなかったと言われました。以上、武田さんのお話でした。

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: