Global Ethics


埼玉県川越市で沖縄連帯行動が開催! by limitlesslife
June 18, 2017, 3:15 am
Filed under: 基地, 沖縄
知人友人の皆さんへ
       杉浦公昭
平和こそ我が命

埼玉県川越市で沖縄連帯行動が開催!

杉浦公昭

 6月17日、第11次「九条守れ!!! 米軍基地撤去!!!沖縄県民連帯・川越行動」を行い、市民ら50人が参加しました。
 この行動は、鳩山首相の「米軍基地は、最低でも県外移設」を応援するために開始したのですが、その後は、毎年6月の沖縄慰霊の日前後に実施してきました。
 今年も、埼玉県の川越駅東口デッキで街宣をした後、近くの緑地公園に移動して同集会を開きました。
 始めに、この会の呼びかけ人を代表して私が挨拶しました。81才の自称青年も体の衰えは免れられず、杖をつきながら参加しました。

1907年から毎年、春秋各1週間ずつ辺野古や高江の米軍基地建設反対の座り込みに参加し、そこで得た情報をもとに、こうした集会の挨拶に生かしてきました。

最近の話題として、翁長沖縄県知事が記者会見で、国が県の岩礁破砕許可を得ずに工事を進めていることに対して、県議会の了承を得た上で、国を相手に工事の差し止め訴訟を起こす方針を発表したことに触れました。

まとめとして、私たちは、「諦めないで勝つまで闘う」という沖縄県民と連帯して、米軍新基地建設反対と撤去、基地のない平和で豊かな沖縄、そして日本を目指して、共に闘おうではありませんかと呼びかけて終わりました。
 続いて賛同団体の代表挨拶が続き、共産党、社民党、新社会党から連帯挨拶があり、民進党の小宮山泰子衆議院議員のメッセージが代読されました。
 集会決議のあと、エイサーチームの三線と踊り、そして武井坂戸市議の歌唱指導で「芭蕉布」と「沖縄を返せ」を歌いました。
 デモでは、おなじみのクレアモール(丸広百貨店通り)商店街を「人殺しのための基地はいらない」「沖縄県民の民意を守れ!」など訴えました。                                                   マイクを握り挨拶しているのが私です。

 
      丸広百貨店通りの商店街を「基地は造るな!」と叫びながら行進しました。
Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: