ラジオ関西 ばんばひろふみラジオDEしょー(2017/6/28) 西谷文和 安倍政権世紀末ゴタゴタスキャンダル、北朝鮮にかけての火事場泥棒事態を語る


ASS政権の支持率、日経ボートで見たら森友学園の問題で落ちて、ところが北朝鮮がミサイルを撃ったら上がり、ところが加計学園問題で落ちて、官邸は焦っている、支持率は森友学園で落ちても世論は許しても、2回目の加計学園問題はダメ、ASS政権の支持率は過去に内閣改造などでV字回復しても、今回は回復しない。
 永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみラジオDEしょー、第4週にフリージャーナリストの西谷文和さんが出られました。

世の中の様々な楽しいこと苦しいこと、うれしいこと悲しいことを取り上げるばんばん侍、今週の西谷さんのお話、豊田真由子議員のハゲ暴言(笑)、車でのものはパワハラを超えて暴行、刑事事件になり、秘書も告訴で、国会議員云々の前に人間としてムチャクチャであり、さらに稲田氏は自衛隊をお願い、中立であるべき自衛隊の政治利用はダメ、公務員は中立が必須、自衛隊法にも違反、稲田氏は自衛隊で南スーダンの戦闘を衝突と言う、森友学園の裁判に出ているのに嘘、弁護士で自衛隊法などを知っているはずなのに、政治家の失言は聴衆に受けるため、渡辺ミッチー氏も失言、稲田氏のことは失言で済まず、野党は稲田氏の辞任を求めているが、辞めさせたら他にも辞めさせないといけない、豊田氏、山本氏、今村氏のみ辞任で、議員は辞任→保険選挙で野党が勝つのでASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)は選挙をやりたくなく、ASS政権の支持率も下がり、加計学園問題は森友学園と異なり腹心で、30億ただで提供、萩生田氏が広域的と指示して、京産大はできなくなり、最初から加計学園ありきでやったものであり、内閣が人事権を握り、萩生田氏は落選時に加計学園から10万/月もらい、モロ利害関係者、人事権を萩生田氏が握り官僚は逆らえず、ばんばさん、なぜ内閣府が人事権を握ったのかと言われて、西谷さん、民主党政権で官僚→政治主導として、そしてASS政権でやり、内閣府は各省庁から官邸の気に入った人がお友だちで来て、内部告発した前川氏、文科省は小さい役所、内閣府と文科省は蛇とカエル、睨まれたらアウト、萩生田氏の文書で文科省は怖気づいて、さらに加計学園開校は2018年と限り、これも京産大は間に合わず、広域的と一緒で京産大はダメになり、しかし加計学園は2018年の開学を知り、認可前からボーリング調査しており、加計学園、お友達に決まっていた、意向というもので、ASSは獣医学部をもっと作ると、神戸の正論の講演会で言い、ASSは公平にやったと言うものの、それでできるなら加計学園はASSの意向であり、政治学者の五十嵐さん、ASSはとうとうおかしくなった、加計学園も憲法改悪も国会で言うべきなのに、正論や日本会議のお友達のところで言って、国会で言わないのはおかしく、国会で言わないなら国会は要らない。

ばんばさん、ASSに替わりがいないと言われて、西谷さん、韓国も朴槿恵氏が選挙に強く、しかし替わりを作って、アカンものはアカン、棄権していた人が選挙に行くべきと言われて、ばんばさん、森友学園の際に西谷さんがもっと大きいものがあると言われて、加計学園問題でその通りになったと言われて、西谷さん、春にネット、週刊誌で加計学園問題は取り上げられて、社民党福島氏が加計学園問題を追及したらASSはヒステリックに言った=痛いところをつかれて逆ギレ、印象操作、レッテル貼りとかヒステリックになり、さらに、加計学園問題、共謀罪、稲田暴言に加えて、北朝鮮がロケット発射したら、避難しろとテレビでCMして、ロケットが来たら伏せろというマンガチックなもの、このCMに総額4億円=税金で、ASS政権は北朝鮮がミサイルを撃ってくれたらラッキーであり、政府広報はテレビ局にもおいしく、首相動静を見たら、テレビ局のトップがASSと会食、北朝鮮のミサイル対策と言うのは、ASS政権には一石二鳥、北朝鮮で批判をそらせる&メディアが忖度してくれる、自主規制であり、ばんばさん、あれだけ尖閣諸島のことを言っていたのに、言わなくなったと言われて、尖閣と中国のことも変わっていないと言われて、西谷さん、原発を日本海側に作って戦争もない、アメリカのトランプ氏も支離滅裂、北朝鮮を攻撃したら、韓国のアメリカ人が危険になるから、北朝鮮は攻撃しない、シリア、アフガニスタンにはアメリカ人はおらずアメリカ人は被害なし、しかし北朝鮮をトランプ氏が攻撃したら、2800人在韓米軍、4000人の在韓アメリカ人がいて、しかし戦争にならないと知っているし、中国も北朝鮮に潰れられたら困る、アメリカも北朝鮮があるから日本、韓国に米軍が置ける、日本も、北朝鮮が動いてくれたら森友学園、加計学園問題を隠せるムチャクチャな状態だと締めくくられました、以上、西谷さんのお話でした。

なお、ASS政権の破れ傘末期症状について、報道するラジオの案内であった平野幸夫さんがブログで指摘されています。

http://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12287686289.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-hirano-yukio_12287686289

 

また、各地で、稲田氏は弁護士なのに法律を知らないのかと不思議に思う声が出ますが、私もASSのいた神戸製鋼にいて、部署のトップが専門知識を持たず、極論したら、泳げないのに浮き輪をつけて自分は水泳選手だと詐称していた人間を多数見ました。能力ではなくゴマスリで出世の決まる日本だとこんなデタラメがまかり通るもので、この加計学園問題と同じく、私も実績のあるところにさせずに、縁故で実績のないところにやらせて事業の破綻したのを見ました。おそらく、太平洋戦争に突入したのも同じと思います。この国の企業は多かれ少なかれ神戸製鋼並みにマフィア企業のところがあり、日本には企業で封建的体質が残っているのです、恐ろしいことですが、日本だと能力のあるものがトップに立たず、ゴマスリで能力のないものがトップになるのです…以上、西谷さんのお話に私の補足でした。

 

 

Categories アベノミス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close