Global Ethics


毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/6/29) 谷口真由美 稲田防衛大臣の問題発言を語る、法律を知らない人間が大臣をする危険性を語る by limitlesslife
June 29, 2017, 7:22 pm
Filed under: アベノミス, 安倍内閣

 

永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大の谷口真由美さんでした。

しゃべりたいやぁトピックス、今週の谷口さんのお話は稲田防衛大臣のこと、新聞一面にも載った、都議選の応援演説で防衛省、自衛隊、防衛大臣としてお願いしたい、そして下村氏とのパイプもあると言ったこと、下村氏は週刊文春に加計学園からの闇献金を報じられて、しかしもらったことは認めて、200万を11人からという、政権にとってガタガタな感じであり、稲田発言の問題は3点法律、道義的を入れると4点、公選法違反がまず、公民権停止すらある重罪であり、特定の候補者名を挙げて、防衛省、自衛隊、防衛大臣と言ったら、公務員が地位を利用しての政治活動は禁止されて、公務員は全体の奉仕者であるべきで、公選法130条の2に抵触、地位を利用して政治活動できないことであり、稲田氏は国の公務員で、大臣として呼びかけたら公選法違反、総務省が所管して、あるメディアの取材に明言を避けており、選挙が終わったら公選法違反になる、自衛隊法62条、隊員は選挙権行使以外の政治活動は禁じられて、防衛大臣も自衛隊として候補を言ったらまんまこれに抵触して、自衛隊には様々な政治思想はあり、自民党支援のみではなく、日本の投票は秘密投票ではあるが、自衛隊としての応援は違法、自衛隊には入隊時に宣誓書を書かないとならず、日本国憲法と法令の遵守を求められるもので、この書面に署名・捺印が必要で、ところが自衛隊を統括する大臣が真っ先に違反、自衛隊(防衛大臣も含まれる)は、国会議員としては選挙応援はできるが、それに留めないとダメであり、人気の閣僚の応援も、大臣としての肩書でしゃべることは許されず、自民党として応援するというのは構わないが、大臣、省庁として応援したらアウト、とりわけ問題なのは、自衛隊という実力行使組織、文民統制の必要な組織で、稲田氏は自衛隊を私物化、選挙応援に自衛隊が駆り出されたらどうする?今問題なしとされたら、今後暴走が許されて大変であり、しかし稲田氏は法律を知っているはずなのに、デタラメであり、足元をすくわれかねず、稲田氏はこれをわかっていなかったのか?稲田氏は弁護士で法律の専門家なのに、森友学園の顧問弁護士なのに付き合いはなかったと嘘をついており、稲田氏はわかって言っていたのか、「こんな人に自衛隊、国防を預けていいのか?」歴代の防衛大臣、中谷氏もちゃんとしろと、北沢氏は文民統制を無視した常軌を逸した発言、ASSがかばうのは危ないと言い、自衛隊が気にするのは国民の声、大臣の失言で自衛隊は困り、上泉さん、災害時に自衛隊は救援活動して一生懸命やっている人がかわいそうと言われた、谷口さん、撤回して許されず、悪くないのに批判されたから、ではなく、公選法の意味を知らず政治家をやっていたらエライことであり、現役官僚として大問題であり、上泉さんも法律を理解して大変なことと分かったと言われました、以上、谷口さんのお話でした。

 

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: