Global Ethics


『進歩と貧困』は百版を重ね三百万部を売り上げるベストセラーとなった   by limitlesslife
July 1, 2017, 12:25 pm
Filed under: Uncategorized
(忘れられた)ジョージズム(ジオイズム)、地価税などについて:

==

政治に関わる中で政治腐敗や労働者の惨状に対して強く批判するようになるが、1871年
、サンフランシスコ湾に偶然立ち寄った際、運命的な光景を目の当たりにする、、、

その後訪れたニューヨークで、現地の貧困層が当時発展途上にあったカリフォルニアの
貧困層よりも暮らし向きが遥かに劣悪であるという、明白な矛盾に衝撃を受ける。1879
年には、これまでの経験を基に『進歩と貧困』を上梓。同書は百版を重ね三百万部を売
り上げるベストセラーとなったが、その中で自由市場経済において築かれた富は地主や
独占資本家が掌握し、この不労所得の集中こそ貧困の主たる原因との考えを示した。ま
た、生産活動が重税に悩まされる一方で、私的利益が天然資源という限られた手段から
得られるのは不正義の極みとして、かかる制度は奴隷制に等しいと主張した。

ジョージがこうした貧困を齎すメカニズムを見出せたのも、彼自身が貧困層であったこ
と、海外渡航歴から様々な社会を知り得たこと、当時急成長の最中にあったカリフォル
ニアに住んでいたことが挙げられるが、とりわけカリフォルニアにおける鉄道建設によ
り、地価や地代が賃金の伸び以上に上昇した事実に目を付けていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘンリー・ジョージ

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: