Global Ethics


東京電力株主代表訴訟第34回口頭弁論 by limitlesslife
July 13, 2017, 7:02 am
Filed under: Uncategorized

野村修身です。

このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。
転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

実施期日が1週間ほど後となりましたので、訂正/捕追して再送します。

福島原子力発電所の事故により、東京電力の株主に多大な損害をもたらしたとして、会社法に基づき、当時の経営責任者に損害賠償を裁判所に訴えました。これは株主の責任としての行動です。提訴から足かけ6年が経過して、いよいよ佳境に入ってきました。裁判の傍聴に出席して、応援してくださるようにお願いします。

なお、勝訴の場合には、得られた賠償金のすべてを福島原発事故の被害者救済に使うことにしています。

先の口頭弁論のあとで、裁判官の交替がありました。裁判長は変わらず、2人の陪席裁判官が交替という異例な移動となりました。裁判長は自分で判決を行う決意で、留任されたのではないでしょうか。原告としてしっかりと裁判をやりぬく決心をあらためて誓いました。。

この歴史的な裁判を成功させて、原発の廃絶につなげたいと思います。

裁判の迅速化をはかるために、被告を当時の中心者である、勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長、小森明生元原子力・立地副本部長、清水正孝元社長に絞り、他22人に対する訴え取り下げました。この状況における初めての口頭弁論です。ご期待ください。

福島原発事故に対しては、被災地の人々が中心になって、彼らを含む東電の責任者たちを犯罪者として刑事告訴し、6月30日に最初の公判が開かれました。この刑事裁判とタイアップして、こちらの裁判も進めたいと思います。

裁判の傍聴および裁判後の集会は、どなたでも予約なしで出席ください。皆様の応援をよろしくお願いします。
_________________________________________________
NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(案内ビラより抜粋)

<東京電力株主代表訴訟第34回口頭弁論>
日時:2017年7月20日(木)10時30分より
場所:東京地方裁判所103号法廷
交通:地下鉄東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞が関」駅A1出口徒歩1分、有楽町線「桜田門」駅5番出口徒歩3分

<裁判後に以下の会合を行います>
場所:衆議院第二議員会館 第1会議室
●裁判の報告 報告者:海渡雄一さん(原告代理人・弁護士)
●学習会 講師:中山洋子さん(東京新聞)
演題:新聞記者が観た原発現地と感じるメディアへの圧力

<連絡先>東電株主代表訴訟 電話:090-6183-3061(木村)
e-mail: nonukes03@yahoo.co.jp
blog:http:tepcodaihyoso.blog.fo2.com/

MLホームページ: http://www.freeml.com/jump-people

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: