Global Ethics


数万人出国、タイ混乱 不法就労の罰則強化延期 by limitlesslife
July 14, 2017, 12:46 pm
Filed under: Uncategorized

数万人出国、タイ混乱 不法就労の罰則強化延期
朝日新聞 2017年7月12日

タイで軍事政権が不法就労者への罰則を強化し、摘発を恐れたミャンマー人やカンボジ
ア人ら数万人が一斉に帰国する混乱が起きている。タイでは不法就労を含む低賃金の外
国人労働者に頼る業種や企業が少なくない。批判を受けて軍政は急きょ、適用を来年1
月からに先延ばしした。

6月23日から適用になった新たな罰則は、不法就労が発覚した場合、雇用者に労働者
1人につき最高で80万バーツ(約270万円)の罰金を科すなどの内容。これを受け
、6月下旬の約1週間で、ミャンマー人やカンボジア人ら数万人が出国する騒ぎになっ
た。

軍政側は、罰則強化の理由を「人身売買問題への対応」と説明する。不法就労の放置が
強制労働や人身売買の温床になっているとの批判があり、米国が6月27日に発表した
世界の人身売買をめぐる報告書でも、タイは人身売買撲滅に向けた最低基準を満たして
いないと評価された。

だが、低賃金の外国人労働者らに依存してきた漁業や建設業、零細企業などからは一斉
に不満の声が上がった。タイには少なくとも300万人以上の外国人労働者がいて、そ
のうち不法就労者は100万人を超えるとみられているが、実数は分かっていない。

漁業組合関係者は「罰則強化には、とてつもない副作用がある」と反発した。労働許可
の手続きが煩雑で費用が高いことも不法就労を招く一因だとし、就労システムも改善し
なければ「根本的解決にはつながらない」との声も上がる。

すでに4万人以上が帰国し、「性急すぎる」などと政策に批判的だったミャンマーには
急きょ、タイの労働相が訪問し、対応を協議した。

軍政は批判も考慮し、今月4日に罰則強化の先送りを決定。今後、内容をさらに検討す
るとしている。
(バンコク=染田屋竜太、貝瀬秋彦)

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: