Global Ethics


朝日放送おはようコール(2017/8/3) 二木啓考が「中途半端」内閣改造とトランプ大統領の北朝鮮対応を語る&TBSラジオ 荻上チキSession-22 加計学園問題公文書問題、裁量労働制問題 by limitlesslife
August 3, 2017, 7:25 am
Filed under: アベノミス, 加計学園

 

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナリストの二木啓考さんでした。

 

本日の新聞一面紹介、各紙内閣改造、昨夜顔ぶれが決まり、河野外相、野田聖子総務会長が目玉人事で各紙一致しています。

 

ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)は今日記者会見、総務大臣に政権と距離を置いてきた野田聖子氏を起用、野田氏はASSと当選8回で同期、野田氏とともにASSと距離を置いている石破氏も評価、稲田氏の後任は元防衛大臣の小野寺氏、文科相は林氏、岸田氏は政調会長で外相続投ではなく、などであり、正式には今日発表であるものの昨夜顔ぶれは決まり、これについて二木さん、岸田氏は外相続投のものが、岸田氏は党を固めたく、そしてポスト安倍、全国行脚できるものをASSが認めて、岸田氏はポスト安倍に近づき、岸田派は2人→4人、岸田氏は寝首をかかないため、しかし「中途半端」内閣、骨格は変わらず、目新しさはなく、人心一新というものの、大半が想定内であり、小野寺氏は稲田氏の後始末係、どうやって日報隠蔽問題を後始末するか、文科相の林氏は官僚の反乱を鎮圧する係でも、林氏はASSと仲が悪く、山口の選挙区で、対立関係にあり、林氏にできるならやってみろとあえた大変なポストに当てて、野田氏はドアホノミクス否定で、石破氏や小池都知事と近くASSと距離があり、脱原発、野田氏も麻生派で、意見の違うものをいれたというポーズで、世論調査の結果がどうなるか、支持率は少しは上がるが、ASSは支持率を上げたく、40%台に上げるためのものだが、加計学園問題も解決せず、支持率より岸田氏に寝首をかかれないためのものと言われました。

 

トランプ大統領が、北朝鮮と戦争になるとテレビ番組で共和党の重鎮が話して、グラム上院議員が、北朝鮮がICBMを開発するなら戦争になり、数千人が朝鮮半島で死ぬことになるとトランプ大統領が語ったとテレビで語り、トランプ政権は北朝鮮と対立に行き、しかしティラーソン氏はいずれかで対話を望むということで話が食い違い、先月の2つのロケット発射、中国に何とかしろと言い、これについて二木さん、「口は出せるが手は出せない」、トランプ氏はレッドラインを超えたら戦争と吹聴して、戦争なら朝鮮半島で起きる、中国が甘やかすからと責任転嫁から、朝鮮半島で戦争というものの、その際にアメリカは在韓米軍5万人が打撃、ソウルにアメリカ人10数万人いて、彼らをどうするのか、我々は戦うと口ではいうものの、イラク戦争の際にもバクダッドに撤収命令を出しており、ティラーソン氏は金正恩氏と何とか対話したく、ティラーソン氏はこれで辞めさせられる可能性があり、トランプ政権は辞任ラッシュで大変と言われました。

 

本日の気になる新聞記事、北朝鮮関係、ICBMが北海道に落下する直前に、エールフランス機と接近していたこと、二木さん、今までは船舶の近くに落ちたが、今回のような危険なことがあると言われて、朝日1面の記事で、76歳の方がヨットで単独世界一周、1年であり、二木さん、過去に過酷なことを乗り越えており、座礁したキャスターもいたのに、と言われました。以上、二木さんのお話でした。

 

なお、昨夜の荻上チキSession-22にて、加計学園問題、今治市の職員の官邸訪問に、愛媛県の職員も同行していたことが取り上げられています。

https://radiocloud.jp/archive/ss954/

デイリーニュースセッションセレクション、加計学園獣医学部の件で、愛媛県の職員3人も官邸訪問、今治市から依頼を受けて、面会の内容や詳細は不明であり、市の担当者は業務に支障で非開示であり、野党が閉会中審査に柳瀬氏が会っていると追及して、これについてチキさん、愛媛県の職員の同行、誰が行ったか非開示はおかしく、官邸は入館記録なしと逃げているが、誰が会ったか分からず、官邸は分からない、今治市は相手に聞いてくれと責任転嫁、今治市、愛媛県は国に気を使っているのではなく、愛媛県、今治市の事情で公開せず、黒塗りの資料が公開されて、もともと開示していたものを非開示に、業務に支障を来すとは理解できず、公文書公開で業務に支障なら公文書公開はできず、公文書は公開すべき、業務に支障とは何か?官邸との会談で業務に支障とは、水面下での動きと、表面化したら困るものがあり、何に支障か?いつ加計学園に決まったか?工事に着工する時期も内定をもらった可能性があり、官邸は内定を否定しても、京都のこともあり、山本大臣は京都もあると認めているが、今治市にあるというのは、矛盾して、地域行事の件、加計学園に問題ないというなら公文書を公開すべき、業務に支障があるというのは、疑惑追及で困るというならもちろん問題、公文書は求めに応じて公開すべきであり、これでは公文書公開の意味がなく、官邸に文書がないというのは、今治市、愛媛県のみの問題だけでなく、李下に冠を正さずなら、公開すべきとチキさん締めくくられました。

 

また、トヨタが裁量労働対象拡大について、Session-22で法政大学の上西充子さんがお話をされました。

トヨタが裁量労働、自由な働き方を認める方向で労組と交渉と各メディアが報じて、係長7800人にも適用、残業時間45時間を超えたら手当、休みを取ることになり、労働問題に詳しい上西さん、各社の報道について、裁量労働が問題、法的には裁量労働は対象者を厳格に定めるべきで、各社の報じ方が、裁量労働は勝手にホワイトカラーはやられていいというものは問題であり、裁量労働は労基法で定められて、対象が決まり、損保ジャパンでも問題になり、トヨタは固定残業代とフレックスタイム制で法的な裁量労働ではなく、自由に働いてよいというものの、45時間を超えても残業代は増えず、他の企業もトヨタに倣う危惧もあり、裁量労働は勝手に広げたら違法であり、裁量労働と各メディアが報じているが、トヨタは自宅勤務なども認めて、一定の給与を払うから好きに、ではなく、メディアのずれは、各社が戦略的に報じたら問題、残業代ゼロ法案は裁量労働を拡大させるものであり、ホワイトカラーは裁量労働で仕方ないと世間に印象付けられるもの、残業代ゼロ法案の通る地ならしと上西さん言われて、トヨタから正式発表はなく、自由な働き方になると時間管理に問題、45時間を超えて残業してもそれを言いにくいものがあり、チキさん、一定の残業を認めているのかと言われて、上西さん、実際の残業をあいまいにするものを、トヨタが出来るのか、他の企業がやるのも問題、裁量労働制は、1日9時間労働を長くされる危険性があり、過労を進めるものであり、自由な働き方というものの、自由の裏で労働者の抑圧と上西さん締めくくられました。以上、Session-22の内容でした。

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: