戦争をさせないことが、自他共に生きる道

知人友人のみなさんへ
      杉浦公昭
平和こそ我が命
  戦争をさせないことが、自他共に生きる道
杉浦公昭

今年の敗戦記念日、シールズだった奥田 愛基さんが、敗戦前日の「8.14,2330 ー最後の空襲、熊谷ー」のビデオを見てほしいとFaceBookに掲示しました。

https://vimeo.com/146109262

日本が敗戦することが分かって居ながら、米国はなぜ熊谷攻撃を止めなかったのか?

「もう殺さなくてもいいのに」と個人が思っても、個人では止められないのが戦争です。しかし、米国としては止められた筈です。

戦後になって、もう1日早く負けていたらとか、もう1年早く負けていたらとか、残念がる人がいます。

その心情は同情しますが、それを言うなら、今日、安倍政権が戦争への道をまっしぐらに進めていることを止めるために立ち上がってもらいたいと思います。

国民の側に昔も今も責任があったし、あると自認すべきと考えます。

戦争をさせないことが、自他共に生きる道と考えます。

Categories アベノミス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close