日米は、なぜ北朝鮮に武力による脅ししか考えないのか?

知人友人の皆さんへ
       杉浦公昭
平和こそ我が命

  日米は、北朝鮮になぜ武力による脅ししか考えないのか?

杉浦公昭

昨日、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。

どうして日米は、国際紛争解決の手段として、武力による脅ししか考えないのでしょうか? (それは、人殺しの兵器生産で儲けようとしているからと考えます。)

その結果は、今直面しているように、脅された北朝鮮が、脅しから逃れるために核兵器を開発することになります。

もし、誤って核ミサイル発射ボタンを押せば、米朝ばかりか、日本や韓国も巻き添えを食い、滅亡することになるでしょう!

国際紛争の解決法は、根気よく外交による対話を追及する以外にありません。日本国憲法は、この道を指し示しています。

戦争と干ばつの続くアフガンで井戸を掘り水路を引いて人々の命を守るために奮闘している中村医師は、「武器によっては身の安全は保障されません。命を大切にするために自分は何ができるか考え見付け実行する中にこそ平和があリます。」と述べています。

私は、命を守るために人殺しの基地を造らせないと沖縄の辺野古の座り込みに行ったり、陸海空軍その他の戦力は保持しないと謳った憲法を改悪させない運動に参加する中で、平和に生きる権利を不断に守っています。

一年前、元自衛官で、防空ミサイル部隊所属の故泥憲和さんは、「ミサイル防衛は、『銃弾を銃弾で撃ち落とす』様なもので、全くと言っていいほど不可能です。」と述べていました。

  一年前に見た原子力空母レーガンは、数日前、北朝鮮を脅すために日本海に向けて出港していきました。

 日米とも愚かな政治を行っています。 政治を市民の手に取り戻しましょう!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close