東京12区、北海道10区も大苦戦 「全勝神話」公明党に異変

今月2日、大田前代表の応援に入った山口代表(C)日刊ゲンダイ
今月2日、大田前代表の応援に入った山口代表(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 選挙区は全員当選――「全勝神話」を誇る公明党に異変が起きている。選挙区に出馬している9人のうち、なんと3人が落選危機に直面している。もし、9人中3人が落選したら公明党に激震が走る。

「10日の第一声で山口那津男代表が『小選挙区で最も激戦なのはここ』と訴えた北海道10区と、太田昭宏前代表が出馬している東京12区、さらに大阪6区は接戦となっています。“まさか”が起きる可能性があります」(政治評論家の伊藤達美氏)

中でもヤバイとされるのが東京12区。選挙区内の自民党組織とギクシャクしているのが原因だ。都議選の時、18年間連立を組んできた自民と手を切り、都民ファーストと連携した結果、12区がある北区から出馬した都議会自民党幹事長だった高木啓氏が落選してしまった。自公の間にシコリが残り、いまだに隙間風が吹いている。野党共闘候補である共産党の池内沙織氏が猛追している。

「池内氏は前回も太田氏と戦い、比例復活しています。12区は共産党の重点選挙区です」(都政関係者)

北海道10区も野党一本化で立憲民主の候補が追い上げている。大阪6区も同様の構図だ。

しかも、創価学会員の一部が公明党にソッポを向いているという。ある学会員が語る。

「流れが大きく変わったのは2年前の安保関連法の成立直前です。『創価大学有志の会』の反対署名は1300人以上に膨れ上がりました。その後、サイト発起人に対する嫌がらせなどで“沈静化”したかに見えますが、反対運動はゲリラ化し、全国に拡散。ネットなどで反対運動が激しくなっています」

実際、選挙戦が始まってから、若手学会員らしきツイッターの間で〈公明党はむしろ立憲民主党に近い立ち位置なのにどうして批判の刃を向けるのか〉といった疑問を投げかける書き込みが急増している。水面下で公明への批判票が立憲民主に流れる可能性もありそうだ。

安倍自民党に従属してきたツケが回っている。


コメント:自民暴走チェックの為と称して与党の一部として(「下駄の雪」と軽蔑されながら、自民背丈を延ばして)戦争法・秘密法・共謀法・非常事態条項・軍拡・増税・原発・基地・もりかけ・私物化など強行・推進して悪法・邪法を可能にし、一切衆生救済・覚道・正道・聖道を目指すとする創価学会・創価大学など信者・学者などを騙して選挙マシーンとして利用してきた政治屋達の公明党(公でも明でもない乞う名・高迷で高名)に批判・訣別者が出てくるのは当然である。正法を掲げて邪法を売る羊頭狗肉、正道を掲げて餓鬼・修羅・地獄道を歩む者には自業自得の当然の報いである。「自公与党を応援してくれ」と「下駄の雪」として権力の甘い汁を吸いたくて(更に自公希維心の大連合ー「下駄の雪」は払い落とされるのも自業自得)憲法改悪にも手をかすのであろうか?目を覚まして正法・正道に戻るなら、「悪を転じて善となる」好機である。

Categories 公明党

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close