総選挙結果うけて更に市民と野党の共闘の前進を!

知人友人の皆さんへ
      杉浦公昭
› 平和こそ我が命
総選挙結果うけて更に市民と野党の共闘の前進を!
             杉浦公昭

 今回の選挙で共産党は議席を減らしましたが、選挙直前に旗揚げした立憲民主党は、共産党の支援も得て前進しました。

 市民と野党の共闘路線は、前進したことを喜んでいます。

 国の行く末を決する憲法をめぐる闘いは、これからです。

 市民と野党の共闘は、大義のためにいっそう団結を強め、立憲主義を取り戻し、平和で豊かな民主主義国家に向かって前進しましょう!

 以下、本日のしんぶん赤旗に掲載された3人の識者の『市民と野党の共闘』についてのコメントです。 参考にしていただければ幸いです。

2017年10月25日(水)しんぶん赤旗より
 22日投開票された総選挙結果をどうみるか、日本共産党の躍進に期待を表明してもらった識者の方々にあらためて感想・意見を寄せてもらいました。

写真

力強く誠実 市民評価

東京大学名誉教授

広渡 清吾さん

今回の総選挙は、改憲勢力としての希望の党の出現、これまで一緒にたたかってきた民進党の分裂という難しい事態のなかで、共産党が「ぶれず、ゆるがず、たじろがず」市民との共同の路線を堅持し、新たに結党した立憲民主党をはげまし、社民党とともに、今後の市民と立憲野党の安倍政権に対するたたかいの条件を確保した、そういう選挙だったと思います。

共産党自身が議席数を減らしたことはとても残念でしたが、「共同」を支えた力強い誠実な活動は多くの市民が評価しています。

「安倍一強」は、安倍首相続投を支持するが34%、支持しないが51%という世論調査が示すようにじつはきわめて不安定なものです。自民党に投票したのは、全有権者の17%強にすぎません。憲法9条改悪は、さいごは国民一人ひとりの決定にかかります。国会の議席数に目をうばわれず、市民と立憲野党の共同でこれを阻止する国民的な運動をこれからさらに大きく広げましょう。

写真

善意は権力を脅かす

作家

笙野 頼子(しょうのよりこ)さん

共産党の議席は減り自民は勝った。だけど安倍首相は笑ってはいない。当選者の名前に花を付けていても、妙におとなしい。

選挙直前の演説で触れるほどに、権力は野党共闘をこそ恐れている。怖いのは立憲民主党の数ではなく、共産党の献身。普通あり得ないその戦略である。他党のため覚悟して身を削って、それで議席を減らしても相手を祝福し、感謝している。金で買う五輪に感動するより、降りた候補と支えた運動員のために泣けと言いたい。

「けなげ」「かわいそう」というツイートも目立つ、ひたすらの善意は権力を脅かす。

今の共産党は全ての野党にとり、どの組織よりも怖く頼もしい支持母体だ。数字を見て惨敗とだけ報道して、経過と真実をひた隠す大メディアよ、ひたむきさを冷笑し共感を踏みにじる、そんな国でいいのか? 「積極的棄権」の中、このまま戦争になり地獄になるのか? でも私ももうしばらく抵抗しよう。共産党にのぞみをつないでいこう。(寄稿)

写真

民主主義守る大英断

元外務省国際情報局長

孫崎 享(うける)さん

立憲民主党の躍進の裏には、共産党が自ら、立憲民主党が立候補している区の立候補を取り下げたことがある。これがなければ、立憲民主党の当選は激減しただろう。国会で民主主義を守るたたかいが、ある程度の効力を持ってできる体制が維持できたのも、共産党の大英断のおかげだ。

狭義の利益からは共産党はマイナスを被った。もし選挙区から候補者を撤退させなければ、共産党はこれらの区で自己の主張を行い、当選者は増えていた。

 だが日本は今危機的な状況にある。自衛隊を米国の利益のために海外に派遣する態勢が着々と進んでいる。基本的に消費税を増加する分の法人税引き下げが行われ、貧困者の切り捨て政策が促進されている。もし共産党の自己犠牲を行っても民主主義を守る側につくという行動がなければ、民主主義を守る勢力は一気に瓦解する危険すらある。民主主義のためにあえて犠牲も致し方ないとした共産党全体に、一国民として、心からお礼を申し上げたい。

ーーーーー

コメント:「自己犠牲してでも真理倫理の側につく行動がなければ真理倫理が瓦解する危険がある」と孫崎さんの指摘を一般論に広げましたが、今回のそのような行動をとった人士・政党は志位・小池さん達の人間性・党運営が随一でした。それは業機械となった非人間以外の誰でも認める所でしょう。宿業機械となった安倍・その金力に屈する自公は餓鬼・修羅・地獄道を行く者です。金・物・力で命・心・和をねじ伏せようとする安倍独裁は決して許すことができません。憲法遵守義務のある公僕の長から憲法無視する諸法強行・諸悪跋扈から更に憲法其のものを破壊しようとするのは我利我利亡者の畜生道と言えるでしょう。憲法の根本三原則(平和主義・主権在民・人権尊重)は憲法の心臓・脳髄・諸器官であり、心臓停止は他一切停止であり、脳髄停止は生ける屍、諸器官停止は生命機能停止であり真善美聖(全体健全)の停止で生きる意味の否定です。憲法の心臓・核心に止めを刺す憲法第九条に第三項として自衛隊を追加する安倍の案は大和国の命を絶ち人類・生類の宿願を抹殺しようとする迷妄・愚行の極悪業であり、国家反逆罪・人類抹殺罪・生類破滅罪です。一切衆生がその全生命・全勢力を尽くして打尽・滅尽すべきものです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close