朝日放送おはようコール(207/10/30) 伊藤惇夫、正木明が民進党と希望の党のゴタゴタと台風被害を語る

 

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナリストの伊藤惇夫さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

 

民進党と希望の党の内部で何が起きているのか、前原氏と小池氏への不満がそれぞれの党の中で出てきて、前原代表への不満から両院議員総会になり、前原氏はお詫びを繰り返しても党内から不満が続出、即時退任を求める声もあり3時間に及び、前原氏の進退は週明けに持ち越し、希望の党も、共同代表を決めるのでゴタゴタ、小池氏もリセット、来月選挙で決めて、特別国会は共同代表なし、首班指名は渡辺氏を書くものの、小池氏の存在感は薄く、これらの党がどうなるか、民進党はその名前で存続、希望の党に全員移籍はなく、民進党の政党交付金100億をどうするか、民進党に残り、これについて伊藤さん、立憲民主党と民進党があり、参院のみ存在、元民進党の無所属の会、これは政党ではなく、政党は国会の中では意味がなく、無所属の会と同等の意味を持ち、しかし彼らは民進党ではなく、説明には30分かかり、前原氏はややこしいもので、お金は山分けではなく、民進党が残り底のものになり、法的には政党交付金の使途は制限されず、そして希望の党の代表が決まらず、首班指名とどうするか、枝野氏の声もあり、当選回数の多い渡辺氏を首班指名、ASSが指名されても、当選回数の多いものを出すとは、希望の党はまだ国政政党として成り立たず、小池氏もやる気をなくして、希望の党とは何であったのかと指摘されました。

 

台風22号の被害、大阪の阪神高速で軽自動車が強風で横転、近畿各地は激しい雨、和歌山では58ミリ/時間の雨、避難指示の出た場所もあり、先週21号で土砂崩れの奈良ではブルーシートで対応しても大変であり、住民説明会、住民は原因の調査が必要と合意に至らず、近鉄と町の説明に納得せず、JRでは今も運転見合わせがあり、南海本線で運転見合わせがあり(単線運転で再開)、台風22号は温帯低気圧になったものの、気象予報士の正木明さん、今後雨雲のかかることは近畿ではないが、台風22号は早く動き、西高東低で台風以上に低気圧が発達して、木枯らし1号の今日出る可能性もあり、近畿では今日北風が強く、大陸からの風は冷たく風速15mほどで、兵庫県の標高の高い山では初冠雪の可能性もあり、伊藤さん、新幹線で大阪に来られて、東海地方は豪雨であり、何とか着いた、今回は多くのインフラの耐えられない台風で、日本には老朽化したインフラが多数あり、これらの改修は国家的な事業であると言われました。

 

本日の気になる新聞記事、日経1面トップ、中国の配車アプリが日本進出、都内→全国展開、配車アプリは海外で安くて便利とスタジオで声があり、スマホで使えるものとのことで、伊藤さん、日本には配車アプリはなく、ユーザーには便利だが、日本は遅れている、読売5面、国会の質問時間配分を変えるもの、伊藤さん、与党はヨイショ質問しかせず、野党に多く配分して、提案しているのは魔の3回生、活躍の場がなくこのような余計なことを言っていると指摘されました、以上、伊藤さん、正木さんのお話でした。

 

 

Categories 民進党

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close