マツシロから見えるもの(上) 本土決戦の中枢として

マツシロから見えるもの(上) 本土決戦の中枢として
犠牲を生んだ「国体護持」 信濃毎日新聞 2017年12月4日

長野市の松代大本営地下壕(ごう)跡には、
国内外から年間約8万人の見学者が訪れる。
太平洋戦争末期に造られた巨大なトンネル網は、
陸軍が本土決戦の拠点として計画したとされ、
工事には朝鮮半島からも多くの労働者が動員された。
第一級の戦争遺跡と言え、明治以降の日本の近現代を考える上でも、
重要な意味を持っている。
8日の「開戦の日」を前に、
「マツシロ」から見えてくる歴史と現在を改めてたどってみたい。

「堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ、、、」。
ラジオから昭和天皇本人の声で「終戦の詔勅」が流れた。
1945(昭和20)年8月15日正午。
国民が敗戦を知らされたこの日の早朝、陸軍大臣阿南惟幾
(あなみこれちか)は官邸で割腹自殺を遂げた。

阿南の最期に立ち会った一人に、井田正孝中佐がいる。
敗戦を伝える「玉音放送」を阻止しようと青年将校が決起した
「宮城事件」に関わった人物だ。
松代大本営の発案者は、この井田であり、
工事期間中、阿南も2度、現地を視察している。

戦後、井田が残した証言が興味深い。
「松代大本営は本土決戦のための中枢として準備されたものです。
本土決戦は、結局国体護持という大目的を達成するために
敵に最後の一撃を与えるということです」
(日本放送協会編「歴史への招待」32巻)

大本営とは、戦争指揮の最高機関のことで、
天皇は頂点に立つ大元帥だった。
東京にある大本営を内陸部の信州に移すー。
これが陸軍主導で進められた松代大本営計画である。

関係者の証言を収めた「昭和史の天皇2」(読売新聞社編)
によると、陸軍省軍事課予算班に所属していた井田が
陸軍次官の富永恭次中将に移転を進言したのは、
44(昭和19)年の初めころ。
戦況の悪化に伴い空襲を避ける狙いがあったと語っている。

候補地は八王子だったが、後日、富永から「信州あたり」
で探すように命じられ、専門家2人と共に県内を調査し、
松代に落ち着いた。
地質、地理的条件に加え、天皇を迎え入れる品格や風格、
信州は”神州”に通じるーといったことも考慮されたようだ。

設計段階になると、計画は松代の象山・舞鶴山・皆神山に
地下壕を掘り、天皇皇后の御座所や大本営だけでなく、
政府省庁なども入れる大規模なものとなった。
東条英機首相の指示とされる。
掘削工事は11月から敗戦まで続けられ、9カ月間で8割が
完成したというから、すさまじい突貫工事だった。

陸軍はなぜ、この計画に踏み切ったのか。

松代大本営研究の基礎を築いた青木孝寿(たかじゅ)・
県短大教授(故人)は、当初は空襲を回避する目的だったが、
本土決戦にかじを切るにつれ「本土決戦の作戦指揮の中枢」、
さらには「国体護持のための拠点」へと変わっていったー
との見方を示している(「松代大本営 歴史の証言」)。

明治以降、日本の近代が抱えた「国体」概念は単純ではない。
ここでは「万世一系の天皇が統治する国家体制」と押さえておきたい。

本土決戦の方針は、沖縄戦が配色濃厚となった45年6月8日の
御前会議でも確認されている。

軍事史に詳しい山田朗(あきら)・明治大学教授(61)は
「本土決戦に持ち込めば米軍に大きな出血を強いることができる。
米軍は勝利を確信していても出血は避けたいから、
国体護持の条件を引き出せるー。
陸軍はそう考えたのです」と解説する。
これが冒頭の井田証言の意味だ。

連合国が無条件降伏を突きつけたポツダム宣言は7月26日。
受諾か否かを巡って日本の首脳部が最も腐心したのは、
国体護持の保証だった。
鈴木貫太郎首相、阿南陸相らの間で激しい議論が交わされ、
正式に受諾したのは8月14日になってからだった。
この間、米軍は広島・長崎に原爆を投下、ソ連軍は満州(現中国東北部)
や樺太(現サハリン)南部に侵攻し、多くの国民が犠牲を強いられた。

「国体護持」とは何だったのか。
松本市の高校教師・染野雄太郎さん(25)は大学時代、
国体護持と本土決戦の視点から松代大本営の歴史を考える卒論に取り組んだ。
戦争末期に叫ばれた「国体護持」が、陸軍や皇族、政治家の間で
どう受け取られていたかに迫った意欲作だ。

「国体とは、戦争で死にゆく者の精神を安定させるものだったのではないか。
日本人全体が洗脳されていたとも言える。
だからこそ、初めから結論ありきではなく、事実を学び、
自分の頭で考える人を育てる教育が求められているのだと思います」

染野さんは今年から長野市で始まった「『松代大本営』研究会」
(原昭己・事務局代表)に参加し、新たな探求に取り組んでいる。
(編集委員・増田正昭)

天皇の真意、見えぬまま

宮内省の担当者が松代を視察したのは、
1945(昭和20)年6月になってからだ。
報告を受けた天皇側近の政治家木戸幸一は、
「松代のことはちょいちょい聞いていたが、そこまで行っては
もうおしまいで、結局洞窟の中で自殺する以外になくなってしまう」
「御動座についての話には、ほとんど関心を持たなかった」
と述べている(「昭和史の天皇2」)

7月31日の木戸の日記には、昭和天皇が三種の神器を
「度々御移するのも如何かと思ふ故、
信州の方へ御移することの心組で考へてはどうかと思ふ」
「万一の場合には自分が御守りして運命を共にする外ないと思ふ」
と語ったとある(「木戸幸一日記」)

だが、「昭和天皇実録」には松代大本営の記述がなく、
天皇の真意は不明だ。

日本政治思想史や天皇制に詳しい原武史・放送大教授は
「天皇が松代大本営に行くつもりがあったかは疑問だ」
と指摘する。
理由として皇居内に造られた鉄筋コンクリート製の
「御文庫(おぶんこ)」を挙げる。
頑強な防空施設を備えた天皇の住まいのことで、
45年にはさらに強力な御文庫地下壕(付属室)を造った。
「あくまで東京にとどまると考えたからではないか」

山田朗・明治大教授は
「天皇は大元帥だった。
総司令部が信州に立てこもったのでは士気低下は免れがたい。
天皇は最後の最後まで東京に踏みとどまりたかったと思う」
と推察する。

戦後の47年10月の天皇巡行の際、
長野市内の展望台で林虎雄知事に
「この辺に戦争中無駄な穴を掘ったところがあるというがどの辺か」
と尋ね、林知事が
「正面に見える松代町の山陰に大本営を掘った跡があります」
と答えている(10月14日付信濃毎日新聞)。

===

MLホームページ: https://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close