【報道】戦闘機のエンジン部品を米国輸出

東京の杉原浩司(NAJAT)です。年末のドサクサに紛れて、IHIがライセンス
生産している戦闘機エンジン部品の米国輸出が認可されました。まずは
第一報ということで。

※記事のテキストは不特定多数が読まれる形での転送はお控えください。

———————————

エンジン部品を米国輸出 政府、F15・F16戦闘機向け NSCで決定
(12月19日、日経)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24772880Y7A211C1PP8000/

政府は18日の国家安全保障会議(NSC)で、F15、F16戦闘機に使う
「F100エンジン」の部品を米国に輸出すると決めた。米国からの要請に
基づくもので、日米の安全保障協力や日本の防衛産業の経営基盤の強化に
つながると判断した。

輸出の前提となる防衛装備移転三原則に基づいて決めた。同原則は日本
製の装備品・技術が紛争国などに持ち込まれないよう輸出先国に厳格な管
理を義務づける。今回は輸出先が同盟国の米国なため「適正管理の確実性
は高い」と結論づけた。

輸出するのはF100エンジンの性能を左右する4つの基幹部品。IHI
が生産し、米プラット&ホイットニー(P&W)に売却する。政府関係者
によると、米国ではメーカーが同部品の製造から撤退し、調達が困難にな
っているという。

F15は日米やイスラエルなど6カ国、F16は米国やトルコ、エジプトな
ど約20カ国が運用する。これらの国々は消耗したエンジンを随時、新品に
切り替えている。日本製部品を搭載したエンジンが米国を通じて第三国へ
輸出される可能性もあり、防衛装備庁幹部は「日本の防衛産業の販路拡大
につながる」と話す。

もっとも、F16の運用国にはパキスタンなど治安が不安定な国も含まれ
る。日本製部品を搭載した戦闘機が紛争に使われる可能性も否定できない。
政府は米側が第三国に移転する際、日本の同意を得るよう求める構えだ。

◆防衛装備の海外移転案件について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2017/12/18d.html

◆F100エンジン部品の米国への移転について(防衛省他)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2017/12/18d.pdf

MLホームページ: https://www.freeml.com/abolition-japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close