市民の平和大使の贈物がどのように時空を越えたか (日本語に全訳:拡散共有希望)

「論説対面記事」に特別寄稿
Life Arts 

市民の平和大使の贈物がどのように時空を越えたか

By    Follow Me on Twitter     Message Meryl Ann Butler  

Related Topic(s): 市民活動家; 市民外交; 平和; 平和推進

; 学校; 女性Add Tags  Addto My Group(s)

Touching 2   Inspiring 2   Well Said 1
View Ratings | Rate It

opednews.com Headlined to H4 12/24/17
Become a Fan
(82 fans)

1924年の移民法が通過した時には米国は戦後の不況にあり米国人は移民が自分達の仕事を盗むのではないかと恐れていました。それは欧州人特にイタリア人、スラブ人、東欧ユダヤ人とアフリカ人の移住を制限し、アラブ人と日本人の移住を完全に禁じました。これは殆どの人が知らない2百60万人のアメリカ人がある歴史的プロジェクト(企画)にどのように参加したかの奮起させる話です。

 

米国国務省によれば1924年の移民法の目的は「米国人の同質性の理想を保存する」ことであり、感じられていた「ビジネスマンや農民達にのしかかる経済的脅威」から来る失業を制限することであった(しかし、スペイン語系の諸国には制限がなかった)。

日本に25年過ごした教育者で著述家であり会衆派牧師のシドニー・ギューリック博士はこれらの新しい政策を深く憂慮していました。彼は国家間あるいは政府間に如何なる意見不一致があっても「市民達が努力してそれに打ち克ち友となる」と信じており、世界の未来は子供達の心と手にあると信じていました。

 

シドニー・ギューリック師が関谷隆吉、日本領事タマラ・タジロー、地元ガールスカートのエリザベス・ゲッチと共にシカゴで1927年12月15日に名古屋嬢と会い、その着物(袖)を調べている。
ギューリックは日米の子供たちへの橋渡しとして「友情の人形使節」を組織し、200万の米人が参加しました。

「友情の使節人形」プロジェクトは米国の歴史において有意義な出来事でした。ほぼ2百60万のアメリカ人が1927年の友情人形プロジェクトに参加しましたが、その大きな部分は婦人達と少女達でした。これは1920年の国勢調査による米国全人口1億6百40万人のほぼ2.5%に当たります。

 これは90年後の「ワシントンの婦人の行進」に参加を得たよりパーセンテージでは二倍以上でした。2017年の「婦人の行進」は3百万の参加者でしたが、それは今日の人口約3億人の約1%に当たります。

 

 

From commons.wikimedia.org: Womens March on Washington {MID-208934}
ワシントンの婦人の行進

1927年1月にほぼ1万3千の人形が手造りの旅行衣装、鞄、友情の手紙と共に日本で三月に行われるひな祭りに間に合うように船便で送られました。日本人はその人形の到着をパレードと諸行事で祝いました。

 


日本の石川県白山市の剣図書館にある
「青い目の人形ローラ・マーガレット」

年の暮れまでに日本はそれに答える贈物として58の芸術的に造られた人形をアメリカへ送りました。各人形は1メートルほどの丈のものでした。

 

1927年の友情人形さよならパーテイー
人形はどれも「合衆国の全ての若いお友達へ」と宛先のあるパスポートと衣装入れと家具を携えていましたが、中には「あなた方はどうぞ、あなた方の日本の若い友達が暖い尊敬と友情の感情をもって送る使者として、この可愛いい善意のパスポートの所持者を受け取ってください。どうぞこの子に親切にしてあげて下さい、そうすれば彼女は、常に好感のある同伴者と本当の友として、一生あなた達と共にあります。署名:桜の花の地の全ての人々」と書いてありました
人形は各県(地区)の名前が付けられ「答礼人形」大使人形と呼ばれました。
1927年にはこれらの職人品質の人形とそのアクセサリーは各々2百ドルの価値がありました。 比較にあげると、新しい1927年型Tフォードは2百95ドル(あるいはそれ以下!)で買えましたしシアーズの3つの寝室のある自作家屋キットは月賦40ドルで入手できました。
From commons.wikimedia.org: H.Ford et sa Ford T {MID-215158}
H.フォードとそのフォードT
Honor_bilt_modern_homes._(1921)_(14577339289).jpg
米国に送られた58の人形のうち46がどこにあるかわかっていますが、ほかの人形の探索は続けられています。第二次世界大戦中はこれらの人形のほとんどは「敵からの贈物」ととして展示から外されて、すぐ貯蔵されたか行方不明になりました。

日本に送られた人形は当時人気のあった1921年の歌にちなんで「青い目の人形」と呼ばれましたが、元の1万3千のうち現今306の人形が所在が判っています。戦時中にはそれを持っていることが禁じられていましたから、大変な危険を冒して注意深く隠されていました:所有している場合の罰は投獄だったのです。

以下のことはボトムアップの市民外交の波及効果と、市民たちが自分たちの政府の役人のスタンス(姿勢)に反対して行動し地球上の自分たちの姉妹兄弟たちに呼びかける時に起きる利益の、希望を与えてくれる本当の物語です:

 

それは神秘的な手掛かりが一杯詰まった箱で始まります。

その凹みのある貯蔵箱は四十年近く見つかっていなかったのですが、1965年に古い家族用家屋を掃除している時に見つかりました。

彼女の兄弟が、「この箱を捨てちゃおうか?」と聞きました。

彼女は「そうね、だけど先ず何かその中に大切なものがあるか見てみましょうよ」と言いました。彼女は中にめずらしい宝物を見つけました。彼女の名前メアリー・ルイーズ・ウィリアムスンの姓名が人形の写真の裏に鉛筆で書いてありました。その箱の中には子供たちの絵と手書きの日本語の手紙もありました。

彼らは「その」箱を捨てないことにしました。

メアリー・ルイーズは6歳の時、1927年に自分の教会が国際友情プロジェクトに参加していたことを微かに憶えていました。思い出せるたった一つのことは彼女が日本に人形を送ってその先導的行動に参加しようと主張したことでした。

再発見されたその箱はメアリー・ルイーズの屋根裏部屋に仕舞われることになりました。彼女の教会がその百年祭を計画した時に教会員は子供たちのために物語を提供するよう求められたので、彼女はあの箱の中身の秘密が解明されたら良い話になるかと思いました。

彼女は近くのオハイオ州立大学で翻訳者を見つけました。あの絵に書いてあった日本の書き物が若い画家の名前と年齢を明かしました。手紙はメアリー・ルイーズとその教会に対して彼女の人形に対する学生たちの感謝の手紙でした。包装用紙に使われた日本の新聞さえ手掛かりを与えましたー1927年7月はその箱がメアリー・ルイーズの若い母親が亡くなった余波の最中に配達されたので、彼女はその到着を良く憶えていなかったのだろうと。

その箱は又数年忘れられていましたがメアリー・ルイーズは夫が月曜日に理髪師四重奏の練習中に参加できるグループが人形クラブだとわかりました。彼女はほかの人のように「見せて話す」人形の蒐集がないので自分の宝物箱を持ってきて友情人形プログラムについて少いながら話しました。

その人形クラブの会長が、JADE(日本アジア人形愛好会)の1997年の交換プロジェクト70周年記念の大会のことを聞いた時、メアリーの宝との関係を想像しました。 メアリー・ルイーズはその連絡係に電話して1927年に友情人形を日本に送ったことを説明して、その大会に関係があるだろうかと言いました。

 

「沈黙・・・」
「もしもし、聞こえますか?」
「ハイ、ハイ」と相手の女性、ペッグ、が叫びました、「信じられません!私達の誰もまだ実際に日本へ人形を送った人に会ったことがありません。信じ難いことです!私達の大会は答礼人形、返礼人形、に焦点をあてています。それは日本からアメリカへのお返し友情人形なのです。」メアリー・ルイーズはその事を知りませんでした。


(細部)徳島嬢
ワシントン州スポケーンの北西芸術文化博物館

ペッグは続けました、「米国の日本人移民停止に対応して1920年代に前日本宣教師シドニー・ギューリック博士が自ら「静かな教育キャンペーン」と呼んだものを開発しました。彼は先導的行動を組織しましたが、それで1万2千7百39の、あなたが作ったような「青い目の人形」が手縫いの旅行着や「パスポート」や手書きの自己紹介状をトランクに入れて日本へ蒸気船で旅をしたのです。それは驚くべき草の根の友情の仕草でした。多くの教会が参加し、殆ど全ての日本の学校が人形を受け取りました。」

「これに 答えて2百万人以上の日本の学生達が日本の主要地域から一つずつ58の「回帰人形」を造るための資金として半ペニー(当時10円、現在1000円?Tフォードが300ドル位と上にあります)を寄付しました。これらのすばらしい人形は32インチ(約1m)丈で人間の髪と最上の絹で出来た着物を身に着けていました。工芸人達は巧みな技量で作り上げています。日本では人形造りは1千年以上にわたり敬われてきました。彼らはこれらの人形は単なる玩具ではなく開眼の時に魂を入れられるので、これらは本当の大使達です。

奈良嬢
アイダホ州ボイズのアイダホ州歴史協会

「人形が到着して博物館に置かれる前に450以上の都市でのレセプションでアメリカ人達と対面をしました。元の58体のうち39体が今までのところありかがわかっていますが、私達の人形グループは今も残りを探しています。これらの「回帰人形」は私達の大会の主要議題ですがそれらは、あなたが送ったようにアメリカの贈物に対しての反応でアメリカに与えられたものです。」

ペッグがその大会の別の組織委員にその電話のことを話したら、その人達はメアリー・ルイーズに大会に発表者として出席してほしいとたのみました。

メアリー・ルイーズはその大会で興奮する聴衆に自分の経験したことを分ち合いました。そこで、このプロジェクトのテレビ・ドキュメンタリーを製作していたカノ・ユーはそのショーでインタビューできるようにメアリー・ルイーズと夫を日本に招待しました。彼はメアリー・ルイーズの人形が70年前に送られた学校のありかも苦労してつきとめました。

「なんとわくわくする旅だったことでしょう」とメアリー・ルイーズは言っています、「私がその学校を訪ねた時、人形が着いた時にそこにいた5人の卒業生達に会いました。私が自分の宝物箱の中身を見せたところ82歳の老紳士が目に涙を浮かべてじっとその絵を見ていました。彼が8年生の時にそれを描いたのでした。その人達はほかの絵と手紙についても誰のものか判り自分達の子供時代の友達の昔話をして懐かしみました。そして老婦人が手紙の一つを随分昔自分が書いたものであることに気付いて興奮していました。

 


マダム・ヘンドロン製作「青い目の人形」1926年頃
アラン・スコット・ペート蒐集品

メアリー・ルイーズがその学校に送った人形は無くなっていました、殆どの「青い目の人形」が第二次大戦中に壊されたようのと同様に。しかし少しだけ破壊を逃れましたー近くの学校で倉庫を再整理をしていた時に友情人形を再発見しました。それより50年前にそれは丁寧に包まれて隠されていたのでした。

メアリー・ルイーズは次のような記録を残しています、「その学校は私が送った人形の写真をまだ持っていました。私はじっとその小さなボンネット(帽子)とジャケット(上着)を見つめました。私の母が確かに縫ったものです、そして学校がこの古い写真を大事にしてくれたことがなにか私が彼女に対する特別な身近さを感じさせてくれたのでした。」

メアリー・ルイーズは物思いみふけっていました「何十年も忘れていた私の宝物箱が奇跡的に現れてこれほど多くの人の人生を結びつけるとはなんと素敵な偶然の僥倖でしょう!それは世界を変える人々と人々との態度表現です、そしてこの奇想天外な交流に参加できた私の僥倖にとても感謝していますーそれは私の人生をとても多くの奇想天外なやり方で豊かにしてくれました」と。

その人形達は目を通して輝く魂をもって今でも大使の役目を果たし続けています。日本での2011年の破滅的な地震と津波の後ミルウォーキー公共博物館は所有していた友情人形茨城ちゃんを、2008年以降はじめて展示しました。茨城県は最も破壊された地域の一つでしたが、茨城ちゃんは蒐集品ステーション(展示場)脇に展示されていて、訪問者達が救援活動に寄付できるようにしてあったのでした。

 

 


茨城嬢

 

日本と「青い目の」友情人形は本物の平和の大使達です。それらは政治を超越し戦争を超えて永続していました。そのいくらかは失われましたがそれらが鼓舞した友情の心と心(以心伝心)の行動は無くすることも壊すこともできませんーこれらの記憶は常に私達の一部であり仲間意識と繋がりの情感は続いて来る世代に順次流れ込んで行くのです。

アラン・スコット・ペートは古典日本人形について日本以外での主導的権威です。彼は560ページの「大使としての芸術:1927年の日本友情人形」の著者です。400枚近い写真を含む米国と日本の間の1927年の人形交換の歴史と芸術についての決定的出版物です。この記事の殆どの写真は彼の本からのものです。

Alan Scott Pate is the leading authority outside of Japan on antique Japanese dolls. He is author of the 560-page, Art as Ambassador: The Japanese Friendship Dolls of 1927. With nearly 400 photos, it is the definitive publication on the history and art of the 1927 exchange of dolls between the US and Japan. Most of the photos in this article are from his book.

左から右へ:アラン・スコット・ペート、宮崎嬢、友情人形が日本へ帰った時に保存に大きく関わったアオキ・マサル

メアリー・アン・バトラー:アンさん、私達の所を訪問して下さって、そしてあなたの本の驚嘆すべき写真を分かち合って下さって有難うございました。どんな風にしてこのプロジェクトに興味をもたれたのですか?

 

アラン・スコット・ペートの著書「大使となった芸術:1927年の日本友情人形」

アラン・スコット・ペート:私は1993年依頼の骨董日本人形に集中していました。私の興味は始め18世紀から19世紀に賭けての早い頃の人形でした。友情人形のことは確かに聞いてはいましたが、関心をもつには現代的過ぎると思っていました。

しかしながら、私は2002年に私的な収集家から福島ちゃんを入手する機会を与えられました。私はそれをにほんへ保存の為に持ち帰って福島県の人々のためにこの人形の里帰りをしてやりました。

最初は私は単なる商売仕事と思っていました。全く思いも及ばなかったことは私が福島ちゃんを帰郷させてくれたことに対する山のような手紙を受け取ったことでした。その中には1927年10月に福島嬢の元の送別パーテイーを憶えていた婦人からの写真と手紙がありました。

それらの手紙を読み大変年取った婦人が福島嬢を見て泣いているいる写真やを生涯取っておいた1927年の出来事の古い新聞の切り抜きを掲げている写真などを見て鳥肌が立ちました。それでハッとしたのですーこれは唯の人形の話ではない、勿論単なる商売仕事の話でもない、と。

この人形交換の話は、もう80年近くも前のことでしたが、今も生き生きと生きている話でした。福島嬢は過ぎ去った日の遺物ではなくて、とてつもなく今に関わることでした。そこで私は自分が興味をもったら何時もやることをしました。調査をします。私は友情人形交換について出版されたたった一冊の本、それはその話が進行中の1929年に出版されたものです。

私は国の端から端まで、すべての知られている人形を訪ね、写真を撮り、その旅路を記録し、博物館や図書館あるいは歴史協会で記録探索をする課題を自分に課しました。このプロジェクトに二年を割り当てがのでしたが、結局十年かかりました。

その途上もう三体の人形が明るみに出てきました:群馬嬢、長野・愛知嬢、そして宮崎嬢です。

私はそれらの日本帰還、保存、帰郷式、そして日本の諸共同体とここ合衆国の諸個人との繋がりに再び火をともせるようにお手伝いをしました。そういう訳で本が出来上がった今でも私の友情人形の仕事はたった今始まったのだと思い知るのです。

 

メアリー・アン・バトラー:では、あなたは全く「端緒」についただけなんですね、アラン、来てくれてありがとう、どうか進展を私達にも聞かせてください。

 

アラン・スコット・ペート著「大使となった芸術:1927年の日本友情人形」
Indent本記事の筆者は接触先と情報を提供して援助してくれたローズイー・スカイルズに感謝します。JADE(日本アジア人形愛好家協会)の旧協会長スカイルズのたゆまぬ作業が幾つかの答礼人形の発見と多くの人形の間違った品定めの謎解きをすることになりました。
 メアリー・アン・バトラー

Meryl Ann Butler

Become a Fan

Follow Me on Twitter
(Member since Jun 5, 2006), 82 fans, 426 articles, 1440 quicklinks, 4923 comments, 7 diaries

 

Share on Google PlusSubmit to TwitterAdd this Page to Facebook!Share on LinkedInPin It!Add this Page to Fark!Submit to RedditSubmit to Stumble Upon

Reply to Chuck Nafziger:   New Content

Thanks Chuck, so glad you liked the story- I should have been at that swap party!

Merry Christmas!

Submitted on Monday, Dec 25, 2017 at 5:22:38 AM

Author 0
Add New Comment
Share Comment
Reply To This Recommend  (0+) Help

b. sadie bailey

Become a Fan

Author 56818


(Member since Dec 5, 2010), 7 fans, 5 articles, 12 quicklinks, 688 comments, 3 diaries

 

Share on Google PlusSubmit to TwitterAdd this Page to Facebook!Share on LinkedInPin It!Add this Page to Fark!Submit to RedditSubmit to Stumble Upon

New Content

What an important and profoundly moving story – I hope it goes viral and that the book author, Alan Scott Pate, sells lots of his books to libraries all over the U.S.

More people need to know this story, and to see these exquisite dolls and witness the art, soul, and goodwill that went into making the ambassador dolls. We should revitalize this project – but where would we start? There are so many countries! Mexico and some of the Arabic countries such as Iraq and Iran, Libya – seem logical first places! Vietnam too… so many, so many…

Thanks, @Meryl Ann Butler! I reprinted this bit about the author below:

Alan Scott Pate is the leading authority outside of Japan on antique Japanese dolls. He is author of the 560-page, Art as Ambassador: The Japanese Friendship Dolls of 1927.

Submitted on Monday, Dec 25, 2017 at 4:14:33 AM

Author 0
Add New Comment
Share Comment
Reply To This Recommend  (1+) Help
Indent

Meryl Ann Butler

Become a Fan

Follow Me on Twitter
(Member since Jun 5, 2006), 82 fans, 426 articles, 1440 quicklinks, 4923 comments, 7 diaries

 

Share on Google PlusSubmit to TwitterAdd this Page to Facebook!Share on LinkedInPin It!Add this Page to Fark!Submit to RedditSubmit to Stumble Upon

Reply to b. sadie bailey:   New Content

Thank you b.sadie, I’m happy that you are excited about this story! Merry Christmas!Submitted on Monday, Dec 25, 2017 at 5:23:54 AM

Author 0
Add New Comment
Share Comment
Reply To This Recommend  (0+) Help

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close