報道するラジオ(2018/1/1) 新春スペシャル どないなるねん!この世界!(1) エルサレムの今、高橋宗男さん、イギリスとヨーロッパ、木村正人さんのお話&デイ・キャッチ! 青木理 モリカケ問題だけでない安倍政権のムチャクチャを語る

…その前に、TBSラジオの、デイ・キャッチ!が何と元旦から放送、デイキャッチャーズボイス、ジャーナリストの青木理さんがコメントされました。2018年の政局、国会について、論点はモリカケ問題だけではないと言われるのです。 永岡です、報道するラジオ新春スペシャル(第279回)、毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会、大阪市立大学の朴一(パク・イル)さんの案内で放送されました。世界中のジャーナリストの皆さんから、2018年の元旦の模様と、今年の予想です。水野さん、2017年は世界が物騒になり、荒っぽい言葉が飛び交うと言われて、朴さん、政治家ではなくチンピラみたいな言葉が飛び交ったと言われて、水野さん、それで世界が動く危惧を問われました。

 

青木さん、最初のデイキャッチャーズボイス、モリカケ問題、こんなことをいつまでも騒ぐなという声もあるものの、世論は納得せず、1/22の通常国会で野党とメディアも追及、会計検査院もアカンと言っているものの、青木さん、モリカケ問題と構図が似て、第3、第4のモリカケ問題があり、一つはスパコン補助金不正受給、ペジー社の斉藤容疑者他が起訴されて、斉藤容疑者の会社が国から100億以上の金を得て、斉藤容疑者と親しい山口敬之氏、斉藤容疑者の資金で事務所を借りて、伊藤詩織さんへのレイプ疑惑があり、山口敬之氏は斉藤容疑者と親しく、日刊ゲンダイなどで出て、朝日新聞の12/10にジャーナリストの家賃負担と報じ、斉藤容疑者に山口敬之氏の家賃負担、斉藤容疑者と山口敬之氏について、ペジー社の公的資金詐欺容疑に山口氏の関与の可能性があり、山口氏は安倍政権と近い上に麻生氏とも近く、山口氏がペジー社と安倍政権をつないでいたとしたら、安倍氏の腹心の友や支援者がモリカケ問題だが、ペジー社は第3のモリカケ問題、鹿島さん、日刊ゲンダイでアベ友と書いており、森友学園と同じと報じて、一般紙も報じ、モリカケスパとも言われて、東京地検特捜部は不祥事で強い操作ができないと言われていたのが、斉藤容疑者を逮捕起訴、政局になり、さらにリニア新幹線談合、JR東海の計画に、ゼネコン4社が談合、公共事業なら談合だが、これにもリニア新幹線はJR東海がやりたかったのに自腹で出来ず、安倍政権になり、融資で3兆円入り、完成前倒し、JR東海の葛西氏は安倍政権と近く、これもアベ友の配慮か?週刊朝日はこれをモリカケ問題と並んで報じ、これが東京地検特捜部に、安倍政権に打撃を与えられるか、これは安倍総理の3選にも関わると青木さん締めくくられました。

1/13に大阪弁護士会で、9条に自衛隊を入れることの意味のシンポジウムがあります。

http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0113_2.php

同じ日に、映画「さとに来たらええやん」の上映会もあります。

 

毎日新聞エルサレム支局の高橋宗男さん、ロンドン在住のジャーナリストの木村正人さん(カタルーニャもある)、毎日新聞モスクワ支局の杉尾直哉さん(プーチン大統領のこと)、ニューヨーク在住のジャーナリスト津山恵子さん(トランプ大統領のこと)が出演されます。共和国のことを朴さん解説されます。

 

報道するラジオ、国連事務総長、2017年は平和を願い逆、非常事態の警告と語り、朴さん、具体的な地域名はないものの、トランプ大統領のエルサレムをイスラエル首都に指定した件、国連事務総長が核の脅威、朝鮮民主主義人民共和国の核、東アジアの紛争を想定、核戦争の脅威と、人権、ナショナリズム、外国人排斥、トランプ大統領の移民排斥、イギリスのEU離脱、世界的に外国人排除、自国民ファースト、ヨーロッパで右派と言うより極右政権が支持されているのが問題、今日は世界各地のことを聞くものであるのです。

 

まず、エルサレム、世界が固唾をのんで見ており、高橋さん、今午前11時、エルサレムの元旦はユダヤ教もイスラム教も新年ではなく、ビジネスデーで官公庁も開いて、学校は前半が終わり冬休み、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の聖地で、それぞれの記念日があり、キリスト教も宗派により異なり、アルメニアでもクリスマスを祝い、しかし宗派によっては1月に祝うもの、各宗教が全部祝うのはなく、トランプ大統領のエルサレムの件でも、今日は穏やか、イスラム教徒が主に反発、集団礼拝後の抗議行動、金曜日が怒りの日で抗議行動が呼びかけられている。

エルサレムは、日本と比べたら緯度は鹿児島くらい、標高800m、夏はカラッとして、冬は7度、地中海気候で冬に雨、雨が少なく水不足、ユダヤ教は雨乞いを嘆きの壁でやり、嘆きの壁、ユダヤ教徒がやるもので、嘆きの壁はエルサレム旧市街、何千年前からのイスラエル王国、神殿をローマ帝国に破壊されて、西側が残りそれであり、エルサレムは数千年、日本人には分かりにくいと朴さん言われて、水野さん、イスラム教徒の大切な場所と言われて、高橋さん、イスラム教のムハンマドが亡くなる際の岩があり、黄色の屋根のもの、これは嘆きの壁のそば、さらにモスクがあり、イスラム教の礼拝所、大切なところ。

イエス・キリストもここで亡くなり墓があり、この一帯は3つの宗教の聖地、1km以内に聖地があり、一体化して、各宗教の教徒は住む場所は違っても、歩くのは同じ、各宗教のところに別の宗教の人が住むことはあり得ず、旧市街は移動に問題なし、治安に問題だとイスラエルが制限するものの、基本的にはなく、ガザ地区は壁、高さ5mのコンクリートのもので、検問所は一カ所、高いところから監視、SF映画みたい、イスラエル兵が武器をもっており、イスラム教徒は自由には出入りできず、特別な許可がないとパレスチナの人は入れず、教会の入り口に、ここからパレスチナ自治区、ユダヤ教徒には危険と書いてある。

トランプ大統領のエルサレムでのイスラエル首都、第1次中東戦争でエルサレムが東西に分割、67年の第3次中東戦争でイスラエルが東側を得て、イスラエルは首都と主張しても国際社会は認めず、そしてパレスチナは抵抗して、観光客のこと、クリスマスの際に、イエス・キリストの生まれたベツレヘム、エルサレムから10km、例年世界のキリスト教徒が来るのに、観光客はトランプ大統領のために減った。

リスナーより、エルサレムの指定をイスラエル国民は歓迎しているか、テロか増えるのではないかと質問、高橋さん、イスラエルはエルサレムを首都にして、歓迎、分離壁を立てて、自爆テロが激減して滅多になくなり、テロはナイフや車で小規模になり、テロの危険はあるが、テロは戦争になりかねず、イスラエルもパレスチナも抑制的。

水野さん、嘆きの壁の近くに駅が出来て、ドナルド・トランプ駅とすると言う件を問われて、高橋さん、いつなるか明確にならず、しかし本当なら反発、実現性は疑問、トランプ氏への感謝。

国連総会でトランプ氏に撤回を求めて、高橋さん、これによる変化はなく、パレスチナは国連決議を歓迎、中東和平は関心が薄れて、シリアやイエメンが注目されて、しかしこれで中東和平に国際社会の関心が出るのは有意義。

河野大臣の訪問は現地では大きな話題にならず、イスラエルの右派だと国連総会でイスラエルの批判をしたと報じ、パレスチナは河野氏を歓迎、これについて、日本の出来ることは、河野外相は、日本はイスラエル、パレスチナともに関係は良好、うまく仲立ちしたいというのは、派手ではないが、日本にはこれが大事で、高橋さん共感されて、2018年のパレスチナ問題、トランプ氏の提案前から、アメリカの中東和平案が出て、しかしトランプ氏にパレスチナは反発、アメリカの案に双方が乗るか、今年、注目の件です、以上、高橋さんのお話でした。

 

朴さん、高橋さんのお話を聞いて、トランプ氏によるエルサレムのイスラエル首都、衝突を予想されたが、両者は戦争を危惧して抑制的で少し安心しても、アメリカが大使館をエルサレムに建てて、アラブ、パレスチナはどうするか、大使館がテルアビブから移す際に、トランプ氏はこれを撤回せず、首都の移転、アメリカに追随してエルサレム首都に賛成したら、日本も立場を問われて、日本はバランス外交、日本はアメリカ寄りと見られて、世界でテロなら、日本も無縁ではなく、日本は等距離外交としても、アメリカの同盟国、新しい中東和平案、アメリカが介入するほどややこしいことになり、アメリカは世界の警察を止めて、しかしトランプ氏はパンドラの箱を開けてしまい、トランプ氏はこれらを想定して、ピースメイキングの外交をアメリカは意図していたが、逆に戦争を起こしてアメリカの復興を目指すなら、そのための想定、トランプ氏の狙い通り、軍産複合体の復活=武器を売りたいためで、イスラエルはアメリカの武器を買うので、厄介な人が大統領になり、同盟国はどうするか?河野外相の動きだけでなく、トランプ氏を説得する、やりすぎと言うべきと指摘されました。

 

続いて、ロンドン、ジャーナリストの木村正人さんのお話がありました。ヨーロッパの事情、ロンドンは午前10時過ぎ、木村さんは大阪出身、ロンドンの今は曇り、最高気温9度で寒い。

ロンドンの元旦のイベントは、テムズ川で花火を打ち上げて、観客10万人集まり、10万人、ロンドンは半分移民であり、移民政策もヨーロッパで問題になり、ロンドンはEUからの移民が多く、EU離脱時の身分を移民の方も心配している。

リスナーより、イギリスのEU離脱を止めようという空気はないかと質問があり、木村さん、図星、EU離脱で権利なし、後悔している人が増えて、EU離脱にはたくさんお金が要り、EUとの関係について、離婚?の制裁金5~6兆円!離脱派はお金が来ると思ったが、イギリスの人は商売人、6兆も損だとエライことだと後悔して、権利のマイナスは、EUでは製薬と金融でやって、ヨーロッパの薬や金融のところをパリやアムステルダムに取られてエライこと、しかし、これはアカンと離脱反対派も言っていたのに、イギリス人は先を考えず、能天気、日本企業の方がイギリスにたくさんいて、日本人は怒り心頭!水野さん、イギリス紳士はジェントルマンと思っていたのに、そこまで深く考えず、イギリスは判例中心の国、大陸は厳格なルールでやっており、交渉したらイギリスは何とかなると思っていたが、EUはちゃんとしろと、2年前に刹那的なことをしてしまい、信号をロンドンでは赤でもわたる人が多く、島国のため、しかしヨーロッパの大陸は違い、ドイツでは赤信号で渡ったら罰金、EU離脱はアカンと一番痛感しているのはメイ首相!イギリスは将来がはっきりせず投資できない、離脱前はイギリスに投資、それがトンズラ、投資は少し回復しても、大きな投資は避けられている。

スペインのカタルーニャのこと、木村さん4回現地を取材、ヨーロッパでアイデンティティの違いがあれば離婚、離婚理由を性格の不一致、グローバリゼーションで新自由主義、頑張ったものに報いると言うものの、動ける人は丸儲けでも、動けない人にはアイデンティティがグローバリゼーションで奪われると思い、カタルーニャ独立は、スペイン自体様々な民族の集まり、中央政府と、気質の違い、言語の違いも出て、それがカタルーニャで対立が修復不可能になった。

水野さん、スペインはあこがれの観光地と言われて、木村さん、サッカーのファンで、現地で、自分たちならもっとうまく行くと、カタルーニャの人の気質、金融危機でスペイン政府のカタルーニャからの信用がなくなり、カタルーニャも二つに分かれて、カタルーニャをアイデンティティと見る人が200万人、スペインの方がいいが190万、出稼ぎでカタルーニャに来た人は、上から目線、独立反対として、女性の弁護士の方がリーダーになり、アンダルシア出身の方、ヤング・プロフェッショナル、底辺の方の代弁、190万支持を得て、議会の第一党になり拮抗している。

さらに、リスナーより、ナチスのヒットラーが再評価されて、ヨーロッパの右傾化への質問があり、木村さん、反難民のネオナチがドイツで議席を取り、木村さん取材して、党首は女性、選挙で10数席取れる、難民にピストルと言っていた人が、90議席!取る恐ろしい状態になり、EUはアイデンティティを否定ではないが弱めて、持たざる人が反発、メルケル首相が12年の長期政権、中国は10年でやめてそれで辞めるべきなのに、メルケル首相以外に人はなく、有権者は飽きて、2015年の難民問題、100万の難民が来て、ドイツには養える国力がある、ドイツは製造業が強く雇用もあるが、安い賃金で難民が働き、そういうところが難民排斥、格差の固定化への不満+100万の難民に金を出すなら自分たちに出せ、極右は悪いのではなく、メルケル首相は連立交渉で大変、メルケル首相がこれを解決できるかと締めくくられました。以上、木村さんのお話でした。

朴さん、ヨーロッパについて、イギリスのEU離脱は移民のコストと反イスラム、移民が増えて、社会保障もかかるが、イギリスは一つの国ではなく、アイルランドなどの4つの小国からなり、EU離脱はイングランドのみ賛成、イギリスのEU離脱は、イギリスの分裂になり、大変なことになり、スペインのことも大変だが、ヨーロッパは、国というものの成り立ちと、ヨーロッパは様々なものがあり、戦争を回避していたのに、グローバリズムが、少数民族のナショナリズムを煽り地域に紛争、これは止まらず、ヨーロッパは世界の金融危機の原泉になる、ユーロ破綻は世界経済の破綻、これを取りまとめるために、極右にリーダーシップを求める、先の見えないパニックの連続になり、カタルーニャみたいなことがヨーロッパ各地、内紛、テロ、右に行っても左に行っても困難、メルケル首相が12年で動脈硬化、EUが幻想になりつつあると指摘されました。

 

次のコーナーに行きます。

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close