市民のための自由なラジオLight UP!(2018/3/30) 最終回 福島・守るのは誰のため?鈴木規雅さん、伊藤俊彦さんのお話&今中先生 福島の汚染を語る、甲状腺がんは全国で調査すべき

 永岡です、市民のための自由なラジオLightUP! 第105回、最終回はジャーナリストの西谷文和さんの司会で、福島からの放送です。雪を眺めながら、福島県須賀川市で収録、西谷文和のニュースな歩き方です。最終回はすでにHPにアップされています。YouTubeは


https://www.youtube.com/watch?v=ihyvkSh586Q

3・11から7年、前身のラジオフォーラムから5年3か月の放送で、そもそもこの番組はたね蒔きジャーナル打ち切り後、福島第一原発事故のことを伝えるために始まり、そのリスナーの声に支えられて、最後は福島で、展望を見せて最終回にしたい、全く違う立場のお二人のお話を聞くのです。

 ゲストのお一人は郡山市のコミュニティFMココラジ(http://www.kocofm.jp/ )の代表の鈴木規雅さん、自らも自主避難者であり、この7年で変わった事、変わらなかったことを問います。

 もうお一人は、農業生産者の立場から、株式会社ジェイラップ(http://www.j-rap.co.jp/  )代表の伊東俊彦さん、風評被害について問われます。

 前半のテーマは福島の7年、変わった事変わらないこと、鈴木さん伊藤さんのお話で、避難区域が変遷して、これについて鈴木さん、中通りは避難区域ではなく、鈍感なように見えるが、双葉郡、浜通りは大変で、事故の際にたった3kmに避難しろ→20km、30kmに避難しろと、当事者抜きでやられて、風に乗って放射能は拡散するので、SPEEDIで調べるべきをせず、福島県で放射能が止まるのではなく、同心円でやられて、コミュニティはズタズタにされて、そして今は帰還しろ、突然というか、計画通り、しかしみんなが帰っても元通りにならず、そもそも帰れず、西谷さん、避難区域解除で、自主避難者が悪いとするためと言われて、鈴木さん同意、避難者が悪いとされて、避難区域にならなかった中通りも避難者がいて、鈴木さんも自主避難者で風当たりは強く、3・11で原発が爆発して、3月12日に1号機、14日に3号機爆発、物資が福島に来ず、放射能はどこまでも飛び、ガソリン不足が、避難させないためにガソリンを供給させなかったとすら言われて、当時は雪で、食糧もなく、郡山市でも建物のが壊れて、学校に避難、浜通りも郡山市に避難であり、郡山からと、双葉町からの避難所は異なり、前者は小中学校、後者は高校、福島への差別も感じて、浜通りの人たちを中通りで受け入れて、浜通りの方は肩身が狭く、放射能を浴びたと思われると、後で感じたもので。そして震災7年、公園の移染の案内板が外されて、子供たちの遊ぶ公園は移染した、郡山は安全としたものが、移染後下げた実績の表示が今年1月からなくなり、役所に聞いたらもういい、であり、しかし、まだ廃炉は未定で、本末転倒、不安を解消するために移染なのに、言うから不安と問われて、モニタリングポストが福島県に3000カ所あったものの、2600カ所が撤去されて、撤去するお知らせはなく、設置時にも広報はなく、オバQみたいなものを設置されて、数値の意味も分からず、見る人が勝手に判断しろであり、0.26マイクロシーベルト/時間以下のところは大丈夫として撤去された=国、東電、福島県も早く忘れてくれ、そして3月で、年度末で終わるというものだが、原発事故は年度末は関係ないのに、移染も年度末で終わり、帰還困難区域は移染が困難で、他は移染しない、しかし、放射能は森にあり、雨でまた来るのに移染せず、移染にはゼネコンを儲けさせているとの批判もあるものの、鈴木さんは、移染はアリバイ工作、安全だとして、お金の無駄遣いである。

 伊藤さん、福島県民として、福島には第1、第2原発があり、新潟に柏崎刈羽があり、事故でまた汚染の可能性があり、福島は偏西風で太平洋に行ったもの、モニタリングポストは残すべきで、移染したからではなく、近未来、隣の国には原発も、原潜もあり、事故の際にわかるとすべきと問われて、鈴木さんも近未来のために残すべき。

 民主的な看板を掲げてモニタリングポストの撤去はすべきであると、西谷さん指摘されました。

 

 Light UP!ジャーナル最終回は、福島の汚染の現状について、元京都大学原子炉実験所の今中哲二さんのお話がありました。福島と大阪をつないでの放送です。

 鈴木さん、伊藤さん、今中先生に自己紹介、3人でトーク、福島の現在の汚染状況と風評被害テーマ、福島の現状は、今中先生現地調査して汚染は減り落ち着いても、福島全体に放射能汚染、どころか東京も仙台もセシウム汚染があり、郡山でまだ数倍のところがあり、これまで移染などして、物理的に減る、今残っているのはセシウム137、半減期30年で、これから長期戦になり、伊藤さんは農産物を作られて、今中先生に、放射能を土から取り除けなくても、農産物に移行させない方法をおしえてもらい、野菜も米も2012年からは一桁、5ベクレル以下になり、今中先生、福島の農産物は測って汚染は当初の心配したほどではなく、今は内部被曝より外部被曝(土に残る)が問題、二本松から今中先生は有機野菜と米をもらい、測定してここ数年0.5ベクレル/kgであり、この数字なら今中先生の孫が食べても大丈夫、伊藤さん、それを言ってもらいうれしいと言われて、東京の方が、自分の子供に食べさせないと2011年に言われて、印象的そして今ほっとして、今中先生、汚染はあり、国と東電の不始末汚染は問題でも、今の福島の農産物を食べることには問題はない。

 鈴木さん、セシウムボールについて問われて、ダストサンプラーで測れないか、ダストサンプラーでは測れず、空気中のセシウム濃度は、事故の翌年に、今中先生の知り合いが空気を漉しとり、空気中のセシウムの濃度を測り、しかし水に溶けないセシウムがあり、事故の1年後に知り、溶けない成分が3・11にはあり、それを調べたら丸いボール、直径数ミクロン、目には見えないもので、地面に落ちて、これを調べて、成分のことがわかり、50~100ミクロンのものもあり、原発事故を説明する証拠にセシウムボールがあり、PM2.5とは異なり、遠くには飛ばず、セシウムボールが飛んだのは事故時、今は大部分地面にあり、空気中には漂わず、風が強くないと空気中には来ず、今中先生、チェルノブイリも調査されて、チェルノブイリと福島は、放射能汚染を50年100年面倒を見ないといけないのは同じ、チェルノブイリはセシウムだけでなくストロンチウムがあり厄介で、福島は汚染の大部分はセシウムのみで対策はたてられて、しかし福島は地下水の汚染の対策で大変で、3つのメルトダウンで始末は大変と言われて、鈴木さん、福島で小さい子供も持つ親御さんは甲状腺がんについて、モニタリングで通常ではないかと問われて、今中先生、チェルノブイリのデータを見て、何が原因かなかなか分からず、やるべきはきちんと検査を継続すべきこと、チェルノブイリも顕在化したのは10年後で、福島だけでなくもっと広く長期間子供たちの健康状態を調べるべきで、原発事故由来の病気なら国がシステムで対処すべき、しかし国の対処は不十分であり、甲状腺がんの検査は、やり方を間違えて、最初から国が福島県に丸投げしてしまったのが問題で、今からでも、これは福島県だけでなく、東北どころか全日本のことを調査しデータベースにすべき。

 西谷さん、自由なラジオへの2年間の今中先生の協力に感謝されました、以上、今中先生のお話でした。

 

 今回のテーマには直接関係はないものの、森友学園文書改竄問題、佐川氏の証人喚問について、報道するラジオの案内役であった平野幸夫さんがブログで指摘されています。

https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12364380608.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-hirano-yukio_12364380608

 平野さんのご指摘通り、今日のワイドショーは森友問題は少なく、相撲界のゴタゴタと朝鮮民主主義人民共和国のことばかりですが、森友学園問題を放置してはいけません!

 

 後半は風評被害について、伊藤さんのお話、風評被害とはいつ頃か、事故時に原子力災害は日本発で、核事故がマスコミで国民全体に広がり、それまで安全神話があり、核事故に対する対処法なし、事故は起こらないから対策不要と、原子力マフィアが喧伝して、危機管理ができていたらもっと対処できたのに、また、日本で核事故のためのロボットも、事故が起きる危惧ありと見られるのでやらず、しかし核事故であり、伊藤さん、自分の作った農産物を自分たちで食べていいか、風評被害の前に実害、放射能はにおいも味もなく、核災害を、国民はマスコミの情報のみ、しかしマスコミは御用学者が出て、混乱させないために情報操作、水俣病と同じで、データ改竄も森友学園であり、しかし、当時は実害が事故直後に危惧されて、福島県のものはダメと、4月には喧伝されて、3/20、事故の1週間後に、自分たちで食べられるか、野菜や玄米(2010年秋に収穫)をまず測り、日本食品分析センターに行き、主食の玄米ときゅうりを測定したら検出されず、ビニールハウスが締め切られていたためで、放射性ヨウ素は気化して、セシウムは茨城の開いていたところに行き、梨は福島よの茨城が高く、花も外部被曝、つぼみが育たず、福島は咲いておらず、茨城は咲いて、根っこではなく、食べる葉の面積に比例して汚染で、データを取引先に送ると、伊藤さん、ここまでしなくていい、原発から100km離れて大丈夫と言われて、しかしマスコミの情報が混乱して、福島は大丈夫か、福島県産と書かれていたら売れなくなり、伊藤さんの立場だと商売にならず、しかし、生産者として、自分たちのせいではなく不可抗力、風評被害を出さない=実害を出さない、食べるものは測って、正しく知ることが必要で、自分たちの食べるものをリアルタイムで知るようにして、義援金より測定器が欲しく、初動は、自分たちが不安だから食べられないものを出荷するのはダメで、自分たちの食べられるものを出荷する。

 西谷さん、正確な情報が伝わらず、フェイクニュースがSNSで拡散されてしまうと言われて、伊藤さん、学べばわかるのに、精査、裏どりしないフェイクニュースが拡散されてしまい、テレビで専門家が言っていたとなると、拡散してしまうと問われて、鈴木さん、福島でラジオをされて、憶測でものをいう危険性があり、ラジオでしゃべるさいに注意が必要で、臨場的にやったらフェイクニュースが広がってしまい、その積み重ねで風評被害、最初は危ないと思うものが、みんなに広がり、朝鮮民主主義人民共和国のロケットも同じ、核シェルターも売れるほど、今は米朝会談なのに。

 伊藤さん、正しく怖がる意味を問われて、3・11から7年、小さい孫がいて、農家にとって弱者、自分で対処できない子供たちのために大人が努力すべき、農家は2世帯3世帯同居で、嫁姑問題があり、その際に嫁姑をセットで連れてきて学習して、孫に役に立ついいじいさんばあさんになろうと、一緒に学び、一歩間違うと実害であり、より深刻な風評被害の危惧もあり、自分たちで実害を出さないことが大切。

 科学的に正しく知るべきで、旦那さんは大丈夫、奥さんは危ないとして離婚した例もあり、宅配で農産物を買う所帯もあり、3世帯の場合、孫に食べさせたくないとなると、大人一人でも反対したら許可されず、ハードルは高く、その際に放射能はいくらか、1ベクレルでも入っているのは問題とされて、自分だけはゼロのものを食べたいとして、伊藤さん、農産物を出荷する場合にかなり値引きされて、そして安くすると売れて、経済優先の怖さではあり、10ベクレルでも、一つでも入ると価格は1/10にされてしまい、危険分散ではなく、エゲツナイこと。

 西谷さん、東電の結果で汚染で、農家への補償を問われて、伊藤さん、2010年との差額が出たものの、被災地を取材の足元を見てであり、風評被害と、流通のものと異なり、悪用されたこともあり、大事なのは、実害を出さないひと、家族、仲間を守ることで、そして信頼を取り戻す原動力になり、しかしテクニカルにやると、また歪みも出るものなのです。

 

 最後に、将来の展望、自立、お二人とも循環型社会が必要と言われて、伊藤さん、糞尿を肥料にする、太陽光発電も取り入れて、家畜のことと、メタン発酵でエンジンを回して発電、農業と組み合わせて、コジェネレーション、暖房費が安くなることもあり、農業と組み合わせて、再生可能エネルギーと農業は相性が良く、今まで捨てていたものを利用して、システム化したら、補助金の要らない、核と対局の世界(原発は補助金がいる)、これで、農業への新規参入が起こり、新たなインテリジェンスになると言われて、鈴木さん、循環型社会は共存共栄、相手を思いやり、自分だけいいではなく、将来も見るもので、今の安倍政権の対極でないと未来は見えず、伊藤さん、CO2をビニールハウスで使用して、CO2発生装置を入れて、光合成でうまくやると、CO2を消費してうまく行き、メタンガスは放出すると温室効果ガスになるが、循環させるとクリーンエネルギーになり、牛舎の糞尿をたい肥ではなく、発電などにしたらうまく行き、堆肥も土壌改良になるもので、鈴木さん、TPPをされたら日本の農業は大変という件について、伊藤さんのアイデアで、太陽光パネルによる発想を評価されて、そして、福島再生になるのです。

 

 西谷さんより、2年間自由なラジオの支援に感謝されて、小出先生、今中先生のお話を評価するリスナーの声もあり、また新たにこのような独立系番組をスタートさせると締めくくられました。以上、自由なラジオの最終回でした。

 

 

 

 

 

 

Attachments area

Preview YouTube video 第105回 福島・守るのは誰のため?

第105回 福島・守るのは誰のため?

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close