朝日放送おはようコール(2018/5/10) 二木啓考が日中韓首脳会談と米朝会談の行方を語る

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナリストの二木啓考さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斉藤真美アナウンサーでした。

 

日中韓首脳会談、そして米朝会談を前に、ポンペオ氏が朝鮮民主主義人民共和国、DPRKを訪問して拘束されていたアメリカ人3人を解放した件、そしてトランプ大統領は米朝会談の開催場所を板門店でしないと語り、シンガポールなどの第3国でやり、場所と日時は3日以内に発表、日中韓首脳会談は3人とも青いネクタイ、南北朝鮮の統一を意図したもので、安倍総理は毎度おなじみ空虚なDPRKの非核化、圧力一辺倒であり、文大統領は南北関係の改善がアジアの平和に寄与すること、中国は3か国の経済協力を語り、共同宣言は深夜にずれ込み、対DPRKの姿勢は日本と韓国、中国で異なり、アメリカ人のDPRKからの解放、そして米朝会談を実現するにはハードルも高く、これについて二木さん、日中韓首脳会談は微妙な温度差があり、DPRKの核廃棄は中国と韓国は段階的にするのに対して、安倍氏とトランプ大統領は圧力で一気にで温度差、トランプ大統領はイランの核放棄を段階的ではなく、一気にしないと制裁解除しない、対話によるものに対して、DPRKに対してトランプ大統領と安倍総理は圧力でやる、DPRKに核廃棄、核の技術者をなくすなどであり、安倍氏はとトランプ大統領と仲良し、アメリカ人解放は米朝会談をやるとのことで(2002年の小泉氏の訪朝の前に日本活動家の解放がありこれが拉致問題のことにつながった)、米朝会談を板門店ではなく、おそらくシンガポールでやり、トランプ大統領が板門店に行くと文大統領と会わざるを得ず、その意味では、DPRK包囲網の場所が変わり、トランプ大統領と金委員長の会談、ポンペオ氏が帰国しても、米朝会談とどうなるか、折り合わない(米朝会談決裂)だと、金委員長のバックには中国がいて、これはアメリカに対する牽制があり、国際情勢はめまぐるしく毎日変わっていると説かれました。

 

新潟女児殺害事件、女子児童は当日、サングラスをかけた不審な男性に追いかけられたと友達に話しており、線路に置かれた際には死後硬直が始まり出血はほとんどなく、踏み切り近くに不審な男、車を見かけたなどの情報もあり、二木さん、首を絞めて殺し線路に遺棄、あまり有力な情報はないが、不審者情報が決め手になるか、Nシステムで絞り込むこともやっているか、早く犯人を検挙してほしいと説かれました。

 

本日の気になる新聞記事、日刊スポーツ18面、東京メトロ社員が女性を暴行したとして逮捕、酒を飲ませて暴行、二木さん、ナンパと暴行、ナンパのセミナーがあり、それに殺到するのは問題、日経14面、AIスピーカーに映像つきのものが出て、グーグルのもの、美容院の予約が出来て、スタジオでも、AIで人間の立場はどうなるかとの声があり、二木さん、グーグルのスピーカーで受けたのは、「えっと」という人間的な言い方が受けたと言われました、以上、二木さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close