TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2018/5/9) 近藤勝重 セクハラ罪を巡る麻生財務相のデタラメに激怒、朝鮮半島の非核化でここまで努力したものに日本は余計なちょっかいをだすな、時事川柳「記憶力 調整特区 永田町」

永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 水曜日のレギュラーは毎日新聞客員編集委員でジャーナリストの近藤勝重さんでした。近藤さん、昨夜のトラの快勝について語られて(笑)、強啓さん、秋山の活躍に言及されて、秋山は近藤さんの高校の後輩、飛びぬけて目立ち、1年目は良かったが、藤浪のコケているところ、昨日は二刀流(笑)ああ仕事をする選手が試合を作ったことを評価されて、強啓さん、ベイスターズはこれから説かれて、大相撲は今度の日曜日から、近藤さん、稀勢の里と遠藤、新三役に注目と説かれました。

 

ニュースランキング3位は新潟女児殺害事件、2位は朝鮮民主主義人民共和国、DPRK完全非核化、1位はセクハラ罪はないというのに、財務省がセクハラについて研修であり、近藤さん、大きなニュースの中で、麻生氏の暴言がトップは、それだけ意味があり、町での反応は高いと問われて、その1位の麻生氏のセクハラ罪はないというのに財務省でセクハラ防止研修開催、幹部職員80人に、弁護士を介して、菅谷弁護士、世の中の常識と財務省の常識が外れていると語り、一定以上の幹部にセクハラ防止研修は初、矢野官房長は出席せず、リスナーより、セクハラ防止研修を真っ先に受けるべきは麻生氏、そうでないと糠に釘との意見があり、近藤さん、セクハラ罪はないという麻生氏の発言、刑法にないからいいはおかしく、社会的な通年に照らし焦るべきで、話をおかしくしているのは、親告罪と麻生氏はいうものの、告訴がないと罰せられないというのは乱暴、麻生氏はそれをどこまでわかっているのか、被害者の側に立って考えるべきことを、加害者の屁理屈、論理で言っており、罪と罰、ドストエフスキーの作品があるが、刑法だけでなく、道徳的、社会通念のことなどあり、それらを麻生氏はどこまで分かっているのかと、財務省を弁護して、麻生氏はさらに罪を重ねている、安倍氏もこれを麻生氏に託すのはどうか、であり、福田氏はセクハラを否定して、被害女性に名乗り出ろというのはおかしいと強調されました。

2位の、日中韓3か国首脳会談、2年半ぶりに東京の迎賓館で行われて、共同記者会見があり、テーマはDPRKであり、日中韓3か国首脳会談は2008年に当時の麻生総理の際に開始、しかし2012年の尖閣問題でおかしくなり、2015年はTHAADミサイル問題でこじれて、近藤さん、3か国で意見を述べ合うのは意味があり、3者の見解、DPRKとの、板門店宣言で完全な非核化を語り、具体的なものをどうするのか、期限を決めてやるのか、DPRKは見返りを欲しい、日本は圧力と言ったら対話にならず、韓国は対話しながらやってほしい、しかしアメリカはイランの合意を吹き飛ばして、日本は圧力一辺倒、韓国と中国は対話だが、人間知恵を出し合いここまで対話に来た、これをお釈迦にしてほしくないと説かれました。

アメリカ、トランプ大統領のイラン核合意のちゃぶ台返しについて、朝日新聞の元テヘラン支局長の神田大介さんのお話があり、トランプ大統領のイラン核合意脱退に神田さんガッカリ、2013年から協議を重ねて、アメリカの国務長官、日本の外務大臣に当たるものが努力したものが水泡に帰したもので、これで中東は不安定化する可能性が高く、イラン次第、イランは保守とリベラルが勢力を争い、今のロウハニ大統領はリベラルでオバマ氏と親密、しかし、これでロウハニ氏が責任を問われて、保守が勢いづくと中東は不安定になり、しかし、アメリカの経済制裁などあり、イランとアメリカの貿易はほとんどなく、国交なし、しかしイランはヨーロッパ、日本と貿易、日本もたくさん石油を買い、アメリカはイランと取引した国を制裁対象、ヨーロッパ、日本もあり得て、日本でも三菱東京UFJ銀行が制裁金、イランと取引に支障だと、イランはしんどく。ポンペオ氏のDPRK行きは、トランプ大統領は、オバマ氏のような甘っちょろい合意ではアカンと、イランに対するように厳しくDPRKに行くとの行為、しかし、アメリカは前の大統領の決めたことをそんなに簡単にひっくり返すのかと、国際社会でヒンシュクを買う危惧があり、しかしトランプ大統領はそれを気にせず、緻密に理論を組み立てる人ではなく、日本もイラン核合意に関与して、耐震技術、イランも地震国で、日本はイランとパイプがあり、それを使ってイランにアメリカと下手に対立しないようにと締めくくられました。近藤さん、トランプ大統領のイラン核合意ひっくり返し、エルサレムを首都にすることで予想できて、中間選挙を見てこれをやるものの、アメリカ、トランプ大統領の失うものが大きい、アメリカは約束を守らない、イギリスもフランスも合意したもので、トランプ大統領がちゃぶ台返しをやり、トランプ大統領にはついていけないと説かれて、強啓さん、イランがどう出るかと危惧を述べられて、中東情勢は危険だと問われました。

柳瀬氏の参考人招致を明日行うことで与野党が合意(ランキング5位)、参院予算委で行い、今日の毎日で、柳瀬氏が2015/4に面会したのは岡山理科大学の関係者だと報じて、柳瀬氏は加計学園関係者とあった事を認めても、今治市や愛媛県の関係者と会っていないという点で、近藤さん、首相案件とは県の文書に出て、加計学園は安倍氏の関与なしにあり得ず、これを野党がどこまで追求できるか、首相案件という言葉について、裏が取れているか、デイ・キャッチ!に出た江田氏は、官邸に今治市職員の会うことは安部氏の関与なしにあり得ず、黒であり、安部氏は2015/4に加計学園と官邸の会ったことを知らないでは済まされないと説かれました。

この、柳瀬氏の加計学園の件について、報道するラジオの案内であった平野幸夫さんがブログで説かれています。

https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12374550812.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-hirano-yukio_12374550812

 

時事川柳、「あの人の 中身は未だ おお暗省(大蔵省)、40点、「記憶力 調整特区 永田町」、45点、「麻生はん 失言罪も おまへんなぁ」、44点、「セクハラも ルビ振りましょか 麻生さん」(笑)、ひらがなでルビ降るべきとのことで44点、2つ目がチャンピオンでした、以上、近藤さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close