2018年7月28日 17時28分

 広島、長崎への原爆投下から73年となるのを前に、共同通信が全国の被爆者に核兵器禁止条約について尋ねたアンケートで、「日本政府は条約に参加すべきだ」との回答が8割に上ったことが28日、分かった。国連での条約採択に反対の立場を取った日本政府に、被爆者の大半が強い不満を抱いている実情が明らかになった。

 安倍晋三首相が掲げる自衛隊の存在を明記する憲法9条改正案には5割以上が「反対」と回答。「戦争放棄」「戦力不保持」を定めた平和憲法が侵される恐れや軍備拡張への懸念が示された。

(共同)

 被爆者アンケートの回答の一部

 被爆者アンケートの回答の一部

Like this:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close