ican:核兵器出資銀行排除の署名運動

BNP-Paribasに質問があります

 

変化する世界なのに銀行が核兵器に投資しているのはなぜですか?
お使いのブラウザでこのメールを見ます

親愛なる みなさん

昨年3月、私たちは核兵器の脅威から誰が利益を得ようとしているのかを世界に正確に伝え、2018年の爆弾に関する銀行報告書を発表しました[1]。今は次のステップへの時です。 9月26日に私達は核兵器産業から抜け出すためにBNPパリバをプッシュされます。あなたは私達の運動に参加しますか?

BNPパリバはフランスの銀行で、70カ国以上で事業を展開しています。また、  BNPパリバは、核兵器の生産を支援する融資やその他の金融サービスにおいて、80億ドル以上を提供しています  [2]。

Twitterの投資について@BNPParibasに尋ねる
こんにちは@BNPParibas!質問:あなたは変化する世界なのに銀行として、#PositiveBankingを本当に信じているなら、どうして核兵器に投資しているのですか? 

BNPパリバは、核兵器が問題であると認識し、「金融商品やサービスの提供に関与したり、製造、貿易、保管に関わる企業への投資に関与したくない」という政策を持っているのに、核兵器が都市を破壊するように設計されていると知りながら全く問題にしないのですか?

しかし、BNPパリバはまだ80億ドルを核兵器に注いでいます。NATO加盟国の核兵器プログラムだけに貢献する企業には適用されないなどの政策で便利な抜け道に満ちザルになってているからです。しかし、核兵器がどの国にあるかは問題ではなくすべての核兵器は致命的な害をもたらすように設計されているのです。

9月26日核兵器の廃絶のための国際的な日、私たちは核兵器のビジネスから抜け出すためにBNPパリバを伝えることになります。  

世界中のICANとパートナーは、BNPパリバに、核兵器禁止条約の下での銀行業務だけが不道徳なことではないことを思い出させるための行動をとる予定です。そしてあなたの助けを使うことができます!私たちは、世界中の私たちの活動と私たちのパートナー組織の活動について、より最近の情報を発信していきます  ので 、日付を保存しておいてください。

あなたの友人や家族も準備できるようにこのメールを転送してください!
BNP-Paribasの日陰投資の詳細
一緒に行動を起こすのを楽しみにして、Beatrice FihnとSusi Snyder、
ICAN&Bomb on Bank
[1、2] Bomb-on Bomb Report on 2018. BNP-ParibasのBNP-divest.orgへの投資の詳細を  読む  か、ここで完全な報告書をダウンロードして  ください
フェイスブック
フェイスブック
Twitter
Twitter
インスタグラム
インスタグラム
なぜ私はこれを受け取りますか?
この電子メールは、イベントに出席したり、ニュースレターにサインしたりするなど、核兵器のない世界に向けて働く人々のネットワークに参加したことで(ある時点では、おそらく長い間)報われました。私たちがあなたに連絡する際には、世界中の活動についての感動的な話と同様に、キャンペーンの更新と行動の呼びかけを共有することです。もちろん、私たちからの連絡方法を変更したい場合や、私たちの意見を聞きたくない場合は、  ここをクリックして設定を更新する  か、ここをクリックして登録を 解除してください
著作権©2018核兵器廃絶のための国際キャンペーン、全ての権利は留保されています。
このメールは、当ウェブサイトのニュースレターや核兵器禁止条約の申請書にサインアップしているため、このメールをお送りしています。私たちの郵送先住所は:

核兵器廃絶キャンペーン

150 Route de Ferney

ジュネーブ 1211

スイス

アドレス帳に登録お願いします

We’ve got a question for BNP-Paribas

 

Why is the bank for a changing world still investing in nuclear weapons?
View this email in your browser

Dear Osamu,

Last March, we launched the 2018 Don’t Bank on the Bomb report, telling the world exactly who is willing to profit from threats of nuclear war [1]. Now, it’s time for the next step. On September 26th we will be pushing BNP Paribas to get out of the nuclear weapons industry. Will you join us?

BNP Paribas is a French bank, with operations in more than 70 countries. And BNP-Paribas provides over $8 billion USD in loans and other financial services that support the production of nuclear weapons [2].

Ask @BNPParibas about their investments on twitter
Hey @BNPParibas! Question: if you’re the bank for a changing world and really believe in #PositiveBanking, how come you’re still investing in nuclear weapons? 

BNP Paribas recognizes that nuclear weapons are a problem, and even has a policy saying that the bank “does not wish to be involved in the provision of financial products and services or investments in companies involved in the manufacture, trade or storage of “controversial weapons”, or any other activity involving controversial weapons.” What’s more controversial that nuclear weapons, designed to destroy cities?

Yet BNP Paribas still pumps 8 billion dollars into nuclear weapons. That’s because their policy is leaky and full of convenient loopholes, such as the fact that the policy does not apply to companies that contribute only to nuclear weapon programs in NATO Member States. But it doesn’t matter which country has them, every nuclear weapon is designed to cause catastrophic harm.

That is why on September 26th, the international day for the total elimination of nuclear weapons, we’ll be telling BNP Paribas to get out of the nuclear weapons business.  

All around the world, ICAN and our partners will be taking action to remind BNP-Paribas that banking on the bomb is not just immoral, under the Nuclear Ban Treaty is also illegal. And we could use your help! We’ll be sending out more information closer to the date about all our activities – and those of our partner organisations around the world – so save the date and stay tuned.

Forward this email so your friends and family can get ready too!
Find out more about BNP-Paribas’ shady investments
Looking forward to taking action together,

Beatrice Fihn and Susi Snyder,
ICAN & Don’t Bank on the Bomb

[1, 2] Don’t Bank on the Bomb report, 2018. Read more about BNP-Paribas’ investments on BNP-divest.org or download the full report here
Facebook
Facebook
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
Why am I receiving this?
You are receiving this email because (at some point, possibly long ago) you joined this network of inspiring people that work towards a world free of nuclear weapons e.g. by attending an event or signing up for our newsletter. When we contact you, it is to share campaign updates and calls to action, as well as inspiring stories about our activities worldwide. But of course, if you want to change the way you hear from us, or don’t want to hear from us at all, you can always do so easily by clicking here to update your settings or clicking here to unsubscribe.
Copyright © 2018 International Campaign to Abolish Nuclear Weapons, All rights reserved.
You are receiving this email because you have signed up for our newsletter on our website or through our petition for a treaty banning nuclear weapons.Our mailing address is:

International Campaign to Abolish Nuclear Weapons

150 Route de Ferney

Geneva 1211

Switzerland

Add us to your address book

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close